HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

23年ぶりの任天堂「公式」ファミコンソフト登場 ただし◯◯だった!?

◆任天堂が認めた!!◆

 任天堂が公式に認めたファミコンソフトが誕生した模様……
 報告したのはMAGES.代表・志倉千代丸氏である。


 パッケージのオレンジはコナミを意識したか!?



◆元々は初回特典◆

 こちらは元々9月20日発売のSwitch版『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』の初回特典として制作されたファミコン風ゲーム(ダウロード版)だったようだ。

「STEINS;GATE ELITE」の初回特典が発表。Switch版がファミコン風ADV「シュタゲ」,PS4版とVita版がフルHD版「フェノグラム」に決定 - 4Gamer.net



 ただし自身も熱心なレトロゲームファンである志倉氏は「ファミコン風ゲーム」と言われるのが嫌だったようで、本気だと証明するために任天堂の公式許可を得て本物のファミコンカセットをつくってしまったのだとか……



◆過去の新作ソフト◆

 振り返れば13年ぶりの新作として注目された『ミスタースプラッシュ』(2008年)

suprasshu0.jpg
(Amazonリンク)

  21年ぶりの新作として騒がれた『8BIT MUSIC POWER』(2016年)

174002176.jpg
(駿河屋リンク)

 誰かが新作をつくる度に、なぜか、前に誰かがつくったソフトを無かったことにして「◯◯年ぶり」と謳うのが新作ファミコンソフトの慣例となっていたが、残念ながらいずれも任天堂の非公認であり「ファミコンソフト」と名乗ることすらできない存在であった。

 苦肉の策として「FCソフト」と表記しているものもあるが、販売店のポップレベルやメディア記事などでは堂々と「新作ファミコンソフト」と記載されていることが多く、メーカーがそれを積極的に取り締まっている様子はないので、むしろそれを見越していると見ていいだろう。いわゆるイニシャル商法というやつである。



◆公式という意義◆

 今回のファミコン版『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』は「売り物ではない」とのことで残念ながら非売品ではあるものの、任天堂から公式な許可を得てつくられたという意義は非常に大きい。

 ※型番は「HAC-SG」と記載されている


 なぜなら、1994年6月24日にリリースされた最後のファミコンソフトである『高橋名人の冒険島IV』以来の正真正銘の「23年ぶり」公式ファミコンソフトであることが間違いなく言えるからだ。






◆総数問題◆

 ただし、そうなると個人的に気になってくるのが総数問題である。おそらく今回のものへFFマークの付与はないと思われる。型番の「HAC-SG」もおそらくダミーであろう(通常の場合、市場へ流通しないもには型番がつかないことが多い)。したがってこれをどういうカタチで総数に含めるのかは解釈が難しいところだ。

sutaijge.jpg
 ※「任天堂」ロゴの記載はあったがFFマークは見られない(動画より)

 ファミコンには多くの非売品ソフトが存在したものの、そのほとんどが企業向け、あるいは懸賞品であり、今回のファミコン版『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』のように、ただ情熱でつくってみた、という前例が思いつかないのだ。

 おそらくだが、任天堂さん的には「販促用の非売品」という扱いになろうかとは思う。ということは位置づけとしてはサンプル品に近いのかな……


 また、ここまでクオリティが高いと「商品化」も気になるところであるが、そのあたりの事情について志倉氏は「ビジネス的にゴニョゴニョ」と述べており、それが任天堂的に販売NGという意味なのか、メーカー的に儲からないという意味なのかは判断できないものの、今のところ商品化の可能性はないと見られている。



◆ユーザー不在◆

 このファミコンソフトがどれだけの販促効果をもたらすのか今のところ不明であるが、一方で「ユーザーを無視してるのではないか」という声もあがっている。



 現在、多くのメーカーが公式な許可が得られないまま、レトロゲームの復刻事業を展開している中で、氏は今回の所業を「無駄な遊び」と言い放っておられた。つまりユーザーに向けたものでないことはご本人も認めているのである。
 また、ごらんのように、氏に勝るとも劣らない情熱をもってつくられているであろう他社やインディーズの非公式ファミコンソフト(氏いわくファミコンふう)たちを切り捨てるような言動をしているため、SNSでは不快感を示す反応が少なくなかった。

 そんなユーザー心情を反映してなのか、他に理由があるのかわからないが、現在、非常に多く出版されているファミコンカタログ本や「非売品ゲームソフトガイドブック」などの書籍にこちらのソフトは名を連ねていない。ファミコン愛好家やコレクターのあいだでもまったく話題になっておらず冷ややかに受け止められているのが現状だ。



orotima-ku1.png任天堂さんはなぜこのようなものすごい個人的なものにお墨付きを与えたのかな。つくっていい?いいよ。くらいのやりとりだったのかな。
関連記事

コメント

プロモーショングッズとして、作っていいよというのは、公式なのかどうか微妙なライン

初回特典として、ダウンンロードではなく、カセットプレゼントだと公式だと思うけど、
それができないってことは公式じゃないかも…やろうと思えば値段上げての超限定特典にすればいいんだし

カートリッジそのものを販促景品にしていいよなら、良かったんだけど
やっぱ不可能なんだろうなあ。名人の壁はかなり高いと思う

例えばこれが数本プレゼントかなんかで流通しても
それを喜ぶのは独占欲が異常に肥大化したごく一部のコレクターだけだろ
そんなのいらないし歪んでるわ


オクで有名な某偽物製作者がROM作って大儲けしそうなネタですねw

凄まじい完成度ですね
メタルスレイダーグローリーと同じ8メガROMかな?
そうだとしたら、その点でも貴重ですね

しかし偽物は気になりますねー
千代丸さんにその辺配慮してもらいたいですけどね
オクに出回るようなことがあったら、これは本物じゃないとコメントしてもらうとか

最終ソフトは高橋名人の冒険島4のままで良いよ
こういう糞みたいなソフトがラストになるとか絶対嫌だからね

確かにゲームの完成度は動画見る限りでは凄いですけど、本当にただの自己満足のようですので、こんな自己満足動画見せつけられても作者以外誰も得しません。いい気しませんね。他の方のコメントでもよい評価上がっていないことが良く分かりました。

俺にもその傾向はあるが、レトロゲームを遊ぶものじゃなく集める物としか見れなくなった哀れな連中と
圧倒的に好意的なリプライの数々の温度差が悲しいね

職業選択の自由が保証されている日本。
誰でもゲームクリエイターになれるわけだから特権でもなんでもないじゃん。
これが羨ましいならゲームクリエイターになって同じ事をすれば良いだけの話。
わたしは素直に「凄いなー!」って思ったし、任天堂が公式と認めた以上
非売品ソフトとしてカウントすべきだと思いました。

マニアの乞食根性ひどいな
6686の言う通りなんだろうな

レトロゲーマニアこわいなー
久しぶりの任天堂認可のファミコンソフトが非売品といえども出たんだから喜べよ

うーんでもレトロなのかと問われるとなんか違う気がするけど。
なのでレトロマニアが何か言うのも微妙には方向的に違う気もする。

コメントの投稿

非公開コメント

オロちゃんニュース!!
オロチ作詞作曲『夏が終わっちゃうサマー』MV公開中!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

誰も知らないゲーム機「XaviX PORT」物語
xavix9901.jpg
かつてファミコンをつくった男が生み出した異色ハードの挑戦物語。

幻の5本目『キン肉マンゴールドカートリッジ』購入者&地区優勝者ご本人インタビュー
xavix9901.jpg
ファミコン史上初。キン肉マンゴールドカートリッジ当選者の生の声。

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

NHKが掲載した謎のファミコンソフト『Mappy』の正体を暴け!!
xavix9901.jpg
NHKが掲載したどう見ても海賊版ファミコンカセットの正体を追う。

偉大なる嫉妬ゲー『サクラ大戦』編 【悶絶ゲーム評】
hurasshujiken1.jpg

ギャルゲー初心者オロチが全力でサクラ大戦をプレイした結果......

誰も知らないファミコン・PCエンジン両用「マルチ・コントローラー」の発掘と調査報告
hurasshujiken1.jpg

世にも珍しい両用コントローラの正体と意外な誕生エピソード。

地元ゲーム屋に『烈火』が入荷→即売れしていくまでの一部始終を見届けた話
hurasshujiken1.jpg

店員の女の子がかわいかったという話。

ドラクエ訴訟の原点「ハイスコア事件」をめぐる調査記録
hurasshujiken1.jpg

その昔、竜王を掲載して廃刊になった雑誌があったという都市伝説を追う長編。

Monthly

About

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ