HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

初代『ドラクエ』のパケ絵はネタバレではなく伏線論。からの「誰にも起こらなかった」説について

◆それはネタバレに非ず◆

 ファミコン版の初代『ドラゴンクエスト』のパッケージの絵を見たことない人間などこの世にいないだろう。

dorakue1pake.jpg

 少なくとも、今、あなたは見たはずである。竜王と対峙する勇者の姿。この臨場感あふれる構図は、今、まさに新しい伝説が生まれようとしている瞬間なのだ。しかしこのパッケージ絵はその構図ゆえしばしば「ネタバレだ」と揶揄され嘲笑されてきたのだった。考えてみてほしい。終盤にしか出て来ないラスボスであるはずの竜王の姿を、しかも最もサプライズ性が高いはずの変身後の姿を、まだゲームをやっていない人間が(場合によってはゲームをやるつもりのない人間ですら)見てしまうであろうパッケージの絵に、こんなにも堂々と描いてしまっているのだから、、、

 これがネタバレでなかったら何なのだ。なんて思ってしまうのは無理もない話。しかしながら、初代『ドラクエ』のパケ絵は厳密な意味でいうネタバレではないと言ったら、あなたは驚くだろうか。

 簡単な理屈である。まず、このパケ絵がネタバレだと思ってしまう条件として、この竜のキャラクターが変身後の竜王であることを知ってなければならないのだが、変身後の竜王であることを知っている時点で、もはやこのパケ絵を見たところでネタバレにはならないのだ。そういう意味でいえば、このパケ絵はどちらかといえば世の中で「伏線」と呼ばれている概念に近いのだろう。

ふく‐せん【伏線】 の解説
1 小説や戯曲などで、のちの展開に備えてそれに関連した事柄を前のほうでほのめかしておくこと。また、その事柄。

 このパケ絵に「ほのめかしている」という言葉が当てはまるかどうかはともかく、少なくともネタバレではないことは確かである。

 それどころか、もし、あなたがいまだに初代『ドラクエ』を未プレイだとして、これから冒険をすすめていったとしても、残念ながら、この先このパケ絵のような状況を迎えることは絶対にないと断言できる。以下に理由を挙げていこう。



◆勇者が持っている剣の謎◆

dorakue1pake.jpg

 まずは勇者が握っている剣である。あなたの冒険が順当にすすめば、初代ドラクエの勇者は最終的に「ロトのつるぎ」を装備しているだろう。いや正直に言って欲しい。あなたの勇者はロトのつるぎで竜王に挑んだはずだ。しかし鍔(つば)の部分に注目すると、それが伝承されているロトの剣のデザインとはかけ離れた形であることがわかるのだ。

 たまたま違う剣で戦ったのか、それとも戦闘中に折れて持ち替えたのかもしれないが、残念ながらこの勇者が持っている剣はデザイン的に、初代『ドラクエ』で2番目に攻撃力の高い「ほのおのつるぎ」でもなさそうなのである。せいぜい「はがねのつるぎ」といったところか。はたして、世界の命運がかかっているこの大一番に、縛りプレイをするふざけた勇者など居るのだろうか。(あるいは居たとしておめおめとパケ絵になるだろうか)

 勿論、この剣が「じつはロトの剣だったのです!」なんて展開もあるかもしれないが、、、


※一般的にロトの剣と呼ばれているデザイン例

 初代ドラクエより時系列的には前の出来事とされる『3』において、ロトの剣の定義は「勇者がラスボスを倒したときに持っていた剣」ということになってる。たとえば、それがたまたま「はがねのつるぎ」だっとしよう。しかしそれでも『1』の時代になる頃には、おそらく後世の腕のいい鍛冶職人が打ち直しており、どのような世界線をたどってもこの有名な意匠を凝らしたデザインになっているというのが通説なのである。つまりそもそも『1』の時点は、ロトのつるぎが『3』から伝承されたあとなのだ。

 したがって、このパケ絵の勇者が持っている剣が「ロトのつるぎ」である確率は限りなくゼロに近いため、極めて不自然な状況であると指摘せざるを得ないのである。



◆戦っている場所の謎◆

dorakue1pake.jpg

 次に、勇者と竜王が戦っている場所である。よく思い出してほしいのだが、あなたの勇者がやっとの思いで竜王を見つけ出し、対峙したとき、彼はどこに居ただろうか。それは竜王城という建物のなかではなかったか。

 あなたの勇者は玉座にすわる竜王から「味方になれば世界の半分をやろう」とそそのかされていたではないか。

ryiuuou.jpg

 ドラクエ世界の建物には屋根がないからもともと屋外みたいなもんじゃん、なんて小学生みたいなことは言わないでほしい。(あなたが小学生だったらその限りでない)

 しかしパケ絵ではどう見ても屋外で相まみえているのである。戦闘がエキサイトしてしまい城の壁をぶち破り、お互い外へ躍り出てしまった可能性もあるが、それはバトル漫画において多人数vs多人数だった戦いが、いつの間にかそれぞれ都合よくタイマンになって場所も変わってるという、そもそも多人数バトルを描く力量のない漫画家が成り行きで多人数バトルになってしまったときによくやる手法であって、竜王vs勇者は最初からタイマンなのだ。壁をぶち破る必要性など微塵もないのである。

 あるいは、ぶち破ったのではなく、お互い同意の上で普通にドアから屋外へ出たかもしれない。しかし世界の命運がかかっている戦いに「外でやりますか」「いいですな」「では勇者さんお先にどうぞ」なんて緊張感の無いやりとりがあったとは思えないのだ。だったらいっそのことドリフのように、戦いが始まった瞬間、周囲の壁がドーンと倒れてしまったほうが何倍かマシである。しかしいくらなんでも、長い間、竜王vs勇者だと思っていたこの構図が、よく見たら、いかりや長介vs志村けんだったなんてことはあるまい。

 勇者、うしろ!うしろ!言うてる場合か。



◆竜王の指の数の謎◆

dorakue1pake.jpg

 そして、もっとも不可解なのは竜王の指の数である。よく思い出してほしい。あなたの勇者が出会った竜王は何本指だったのかを。ラスボスの指の数などいちいち憶えてないかもしれないが、あの「ダ~ブルパチンコ!」のポーズを忘れたとは言わせない。そう、3本指だったではないか。

 しかし初代『ドラクエ』のパケ絵に描かれている竜王はなぜか4本指なのだ。まさか途中で生えてきたのか。デスピサロの出番はもっとあとのはずだが。しかも指だけ生えるってスケール小さくね?

ryuuou.jpg

 あ、わかったよ、きっとあれは、青いおにぎりを両手に持ってるんだよ!なんて天然系美少女みたいなことは言わないでほしい。(あなたが天然系美少女だったらその限りでない)

 まさかファミコン版『ドラえもん』のヒゲの数的なメタな理由でもあるまい。竜王のビジュアルについては他にも言いたいことが山ほどあるのだが、微妙な色の違いなど細かいことを言いだしたら逆転クオリアみたいなややこしい話になってしまうので、そろそろまとめに入ろう。つまり何が言いたいかというと、それは、あなたの身に起きた出来事を描いたものでもなければ、他の誰かの出来事でもない。要するに初代『ドラゴンクエスト』のパケ絵は誰にも起こらなかったということだ。

 したがって、たとえ何百回、何千回と初代『ドラクエ』をプレイしたところで、あなたの勇者が、このパケ絵のような状況を迎えることは絶対にないのである。



◆以下、蛇足◆

 最後にこの絵の正体について少しだけ。

dorakue1pake.jpg

 こう考えてみよう。おそらく初代『ドラクエ』のパケ絵は後世につたわった伝承図のようなものなのである。少なくとも私はドラクエ世界の『1』が終わった時代に勇者の伝承に触発された絵画職人が描いたものだと解釈している。あるいは王室命令でお抱え絵師が描いたのかもしれない。いずれにせよ後世の人間が描いたものなので、ディテールまでは再現できなかったのだ。




orotima-ku1.png鳥山明だよ




※初代『ドラクエ』パケ絵と構図がとても似ている「D&D」赤箱のパケ絵
関連記事

コメント

RPGどころか推理アドベンチャーゲームのパッケージ裏と説明書に犯人しかあり得ないネタバレが書かれたPS1のゲームがあるからねー…
タイトル名を教えたいがネタバレする人いるから教えられない(苦笑)

ポートピアもネタバレといえばネタバレですが、内容を知らないと気がつかないようになってますね。

色々と有名なSFC「摩訶摩訶」の箱にもラスボスがかかれてますが、あの相原コージさんの妙なキャラだらけのパケ絵を見て、当時「このキャラはここででるのかー」と次はどのキャラが出るか楽しみにしながら遊んでいました。
そしてラストが迫るにつれて、「コイツがまだ出てないが、まさか・・・」と思い始め、いざラストで出てきて「ほんとにコイツだったのかー!」と驚きました。
このDQ1と同じで、「コレがラスボスですよ」と書いていなければネタバレではないと思います。

ゲームではないですが、「幸福の黄色いハンカチ」のDVDパケ写真はとんでもないネタバレだと私は思っていますw

11034さん
気になりますねえ

りくるさん
ポートピアはなかなか気付かないですねえ。

玉ねぎさん
摩訶摩訶にはそんな楽しみもあるんですね。まだ未プレイなので楽しみが増えました。ありがとうございます。

オロチさん
ソニー(プレステ)の推理ゲームです。
オロチさんが配信することがあればタイトル教えます。(笑)

アドベンチャーゲームの類の配信は諸刃の剣ですよ。まあよっぽど怒られることはないと思いますが(笑

右側にドラキーがのっている、
竜王城では出現しないので、ラダトーム付近ではないのかと予想

うわ、すごい。それもあった!
ドラキーが飛んでるなあとは思ったのですが、そこまで気付きませんでした。ただ、ドラクエとかRPGのモンスター分布って、いろいろ解釈があって、本当はスライムとかドラキーとけ終盤のフィールドにも居るんだけど、勇者の前にわざわざ出てこない説ってのもあります。

HEAVY METALって80年代のファンタジー映画シリーズのポスターって、D&Dのシナリオ本のDeath's Rideにそっくりですよね?
どっちが先かは微妙ですけどw

背景の城がラダトームの城で、
竜王が光の玉とローラ姫を奪いにラダトームに攻めてきた時に、
たまたまラダトームにいた勇者(主人公とは別の)と
戦っているところだと思います。
つまりプロローグのワンシーンのイラストです。

取説の物語に、
竜王に戦いを挑んだ勇者たちは、誰ひとりとして生きて帰って来ませんでした
と書かれてるんですよ。
(げーむのせつめいしょ(仮)というサイトで確認できます)
つまり、勇者と見なされたツワモノは何人も居た訳です。
そんな主人公以外の勇者と竜王が戦っているシーンなんですよ。

追記
プロローグのワンシーンのイラストだと思う根拠もありまして、
DQ2の取説の6ページ目の物語の所に
ムーンブルクの兵士がローレシア王に
ムーンブルクが魔物の大群に襲撃された事を報告している場面の
ドット絵の一枚絵の写真が載っているんですが、

このドット絵は何なのかというと、
もともとはゲームを開始したら
一枚絵とメッセージでプロローグを見せるつもりだったけど、
容量が足りなくて
せっかく作ったドット絵を削ったのですが、
もったいないので取説の挿絵に使ったらしいのです。

そしてこの
プロローグ部分を一枚絵とメッセージで見せるというのは、
DQ1を作る時も
最初は計画していたけど諦めた要素らしいのです。

一枚絵を表示するつもりだったのなら
その原画を鳥山明氏に依頼したはずなので、
容量が足りなくて結局表示できないとなった時に
「もったいないから、この原画をパケ絵に使おう」
となったんだと思います。

なるほど。やぶれていった他の勇者説は思いつかなかった!

コメントの投稿

非公開コメント

オロちゃんニュース!!
オロチ作詞作曲『夏が終わっちゃうサマー』MV公開中!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

誰も知らないゲーム機「XaviX PORT」物語
xavix9901.jpg
かつてファミコンをつくった男が生み出した異色ハードの挑戦物語。

幻の5本目『キン肉マンゴールドカートリッジ』購入者&地区優勝者ご本人インタビュー
xavix9901.jpg
ファミコン史上初。キン肉マンゴールドカートリッジ当選者の生の声。

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

NHKが掲載した謎のファミコンソフト『Mappy』の正体を暴け!!
xavix9901.jpg
NHKが掲載したどう見ても海賊版ファミコンカセットの正体を追う。

偉大なる嫉妬ゲー『サクラ大戦』編 【悶絶ゲーム評】
hurasshujiken1.jpg

ギャルゲー初心者オロチが全力でサクラ大戦をプレイした結果......

誰も知らないファミコン・PCエンジン両用「マルチ・コントローラー」の発掘と調査報告
hurasshujiken1.jpg

世にも珍しい両用コントローラの正体と意外な誕生エピソード。

地元ゲーム屋に『烈火』が入荷→即売れしていくまでの一部始終を見届けた話
hurasshujiken1.jpg

店員の女の子がかわいかったという話。

ドラクエ訴訟の原点「ハイスコア事件」をめぐる調査記録
hurasshujiken1.jpg

その昔、竜王を掲載して廃刊になった雑誌があったという都市伝説を追う長編。

Monthly

About

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ