セガより強敵!? かつて海外任天堂が戦った「Genericide」とは?


nvso02.jpg

 1990年代――

 米国を舞台に、任天堂とセガが繰り広げていた激戦は映画化されるくらい有名な話であるが、一方で、もうひとつの戦いがあったことは誰も知るまい。

 Genericideとの戦いだ。

 genericide 【名】
 〈俗〉一般名称化による商標権の消滅[制限]
 【語源】genericize + -cide


  Genericide(ジェネリサイド)とは「一般名称化による商標権の消滅」という意味の専門用語である。とある商標があまりにも広まり過ぎて、そのカテゴリ全体を意味するようになると、商標としての機能を失い権利を行使できなくなってしまうことがあるらしいのだ。

 インデペンデント紙の記事によると今までエスカレーター、ヨーヨー、ジッパーなどが、そのような憂き目に遭ってきたという。したがって企業にとってGenericideの阻止は最重要ミッションであり、自社の商標がそのカテゴリ全体を示す言葉にならないよう、別の名称を広めようとするのが一般的な対策だった。同紙はその例として任天堂などのケースを挙げている。

たいていの企業は別の一般名を使うように勧めます。時々これはうまくいき、たとえば任天堂は「Games Console」という言葉を推しました。ゼロックスは「Copy」という言葉を好みました。ただしトランポリンを「rebound tumbler」と呼ぶ試みは見苦しく失敗しました。

 おお、トランポリン、、、

 ひとつの商標がカテゴリ全体を意味するといえば、日本では、それこそゲーム機のことを何でもファミコンと呼ぶ「お母ん」という存在が想起される。

mother_angry.png

 かつて多くのファミコン少年たちが、このお母んという存在に「あんた、ファミコンばっかやってないで、はよ宿題しいや!」などと怒鳴り散らされていた。しかしそれは対象のゲーム機がPCエンジンでもメガドライブでもお構いなく、スーファミになってもプレステやサターンの時代になっても関係なく、あまつさえゲームボーイやDSなどハンドヘルド機を楽しんでいるときでさえ、彼女たちは頑なに、それらのことをファミコンと呼び続けたという。

 だがそれは何も日本に限った話ではない。海外のお母んだって、日本のお母んと同じようにゲーム機のことを何でも「Nintendo」と呼んでいたではないか、、、

海外のオカンも「テレビゲーム=ファミコン」だったことが判明!?

 この世界的なミームは、今日に至るまで独特の文化を形成して来た。それでも任天堂はGenericideだけは阻止したということであろうか。事実、ファミコンやNINTENDO ENTERTAINMENT SYSTEMの商標が消滅した形跡は見つかっていない。



 ちなみに、この話題について海外掲示板「reddit.com」では、以下のような反応が見られた。

・マイクロソフトはXbox Oneを「the 360​​」のように
 「the one」と呼んでほしいと願っています。
・Xbox Oneは本当に気の利いた名前だったね。
 でもWii Uは駄目。Wiiの周辺機器だと思ってるひとが多かった。
・じゃあ「Xbox One X」は何て呼んでほしいの?


 何の話やねん!

 現在、英語圏では「Video game console」といえば、ほぼ家庭用ゲーム機を指す言葉として定着している。一方、日本では「ゲーム機」「テレビゲーム機」「家庭用ゲーム機」「コンシューマーゲーム機」「ゲームハード」などと呼ばれ、とくに決まった名称がないのが現状だ。そうなったのは全国のお母んたちの間で広まった「ゲーム機=ファミコン」という洗脳にも近い強烈なミームが、少なからず影響しているだろう。それどころか2010年代が過ぎたというのに行政ですらこのザマである、、、

 ・日本の行政はいまだに“ゲーム=ファミコン”だと思ってるらしい

 これで、よくぞファミコンがGenericideしなかったものだ。



orotima-ku1.png日本では何か対策してたのだろうか、、、


このエントリーをはてなブックマークに追加  

たまたまマツコさんの番組見てたらおばあちゃんがFC互換機で『ボンバーマン』やってた件 他


<ニュース>
自分の身体に彫った「コントローラー型タトゥー」でゲームをプレイする。AR技術を使って『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を遊ぶ近未来なユーザーが登場
 生パワーグローブ

タンクトップを脱ぎ捨てて「ポルシェ」に乗った日 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
 車とゲームの親和性はビンテージカーマニアとレトロゲームマニアの親和性を見ればわかるだろ!(なぜか切れてる)

『パックマン』『ディグダグ』『ギャラクシアン』『ギャラガ』の4種類!ゲームもできるちっちゃなアーケード筐体「TINY ARCADE」が国内で発売に! | そうさめも
 最近、こういうの多いね

<ボードゲーム>
ICカードとiPhoneを使って遊ぶ新感覚ボードゲーム「アナログデジタルボドゲ」誕生 - ねとらぼ
 なんだかすごい

<ゲーム業界>
二審も「名ばかり管理職」と判断 コナミに残業代支払い命令 - 共同通信 | This kiji is
 コナミスポーツクラブの話。

<togetter>
仮想世界で起こったパンデミック事件 Corrupted Blood incident(汚れた血事件) - Togetter
 ハッカルと言うレイドボスのあるデバフ?しょっぱなから専門用語の連発でひるんだけど、がんばって読み進めたら非常に興味深い内容だった。骨の山が生々しいね、、、

<イベント>
レトロゲーム「ぺったんピュー」を語り尽くすイベントが24日に開催 - AKIBA PC Hotline!
 正直、初めて聞いたタイトルだ

<テレビ>
・たまたまマツコさんの番組見てたらおばあちゃんがFC互換機で『ボンバーマン』やってた件
bonba-man2.jpg

 ツイッターでたまたま知ったんだけど11月20日に放送された『マツコの知らない世界』の折り紙の回で、一瞬、『ボンバーマン』をやってるおばあちゃんが写り込んでいるという情報を見て、たまたま録画していたので見てみたところ、本当でした(笑)

 画面を見ると完全にファミコン版『ボンバーマン』ですね。テレビ台の手前に初代ファミコンの白い部分が見えます。しかしおばあちゃんの手元を見ると赤い丸型十字―のコントローラを操作しており、そこからケーブルはテレビ台中央に配された白いハードへつながっていました。
 電源ボタンやLEDランプの位置から、これはFC互換機の「FC ONE」だとわかります。ほら、特徴的な丸い十字キーも同じだ、、、

FC ONE ファミコン互換機本体

 なんて話をいっしょに見ていた下の息子(園児)にしてたら「お父さんは本当ファミコンが好きなんだね」って笑われました。いや、好きで特定してるわけじゃないんだよ。ただこのコントローラは何だ、と気になってしまっただけなんだよ!(ほとんど病気)

ボンバーマンを26年間やり続けている99歳のおばあちゃんがいた!!

 このニュースを思い出しますね。こちらのおばあちゃんは「ファミコンはボケ防止になる」とおっしゃっていました。僕も99歳になるまでファミコンやりつづけたいです!



orotima-ku1.pngタイトルが微妙にウソついてる、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加  

プレステミニ予約開始!! ネット上ではさっそくボッタクリ価格、、、


 いつものやつ、、、

プレステクラシック転売

 いよいよ、プレイステーションクラシック、通称「プレステミニ」の予約が開始された。しかし通販サイト大手のAmazonではさっそく希望小売価格10,778円(税込)を大きく上回るボッタクリ価格が登場。

 楽天やYahoo!ショッピングなどでもボッタクリ価格が多いので、ビックカメラやヨドバシといった家電サイトで探すか、あるいはゲオなど実際のゲーム屋さんで予約されたほうが無難かと思われます。

・ビックカメラ(売り切れ)
・ノジマ(売り切れ)
・ツタヤ(売り切れ)
ヨドバシ.com

 と思って調べた結果、今のところネット通販で普通に定価で予約できるのはヨドバシぐらいですね。もし他にあれば教えてください。普通にゲーム屋さんで予約したほうがいいかもしれません。



orotima-ku1.pngもっと余裕で買えるかと思ったら
けっこう買えないもんだね、、、


このエントリーをはてなブックマークに追加  

『ワニワニパニック』開発者からグループ会長にまで上り詰めた男が語る、ナムコ激動の40年 他


<ニュース>
『ワニワニパニック』開発者からグループ会長にまで上り詰めた男が語る、ナムコ激動の40年。創業者・中村雅哉との思い出、バンダイ経営統合の舞台裏【バンダイナムコ前会長・石川祝男インタビュー:ゲームの企画書】
 前半が面白かった。ダンボールのプレゼン。素晴らしい。AIで難易度を調整していたとか、何気にヒットする理由があるんだよなあ。ワニワニパニック。こういうナムコの歴史をつづったような本がほしい。

メガドライブ、セガサターン、ドリームキャストをモチーフにしたmicroSDHCカードセットが発売決定 - ファミ通.com
 SEGAメガドライブ生誕30周年

自殺ゲーム「モモチャレンジ」の恐怖--高校生は自らDMも - CNET Japan
 ウェルテル効果が懸念される

<NES>
海外のファミコン「NES」は色々な意味ですごい。「謎の学園ゲーム Ghoul School」編 (第4回)
 悪魔城ドラキュラに近い内容だが、完成度はメジャーリーグと草野球くらいの差があるそうだ。しかし「その草野球感が魅力なんだ」と筆者は力説する。NES好きのひとってこういうひとが多いイメージ。

<エピソード>
どうしても見つからないゲームがある
 なんのゲームかはわからないけど、子どものときってこういうことあるよね。店員さんの冷たさがリアルだなあ。



orotima-ku1.pngスイッチのファミコンコントローラ
もちろん買います


このエントリーをはてなブックマークに追加  

「スーパーマリオ無限増殖技」ツイートの嘘松騒動に思うこと


◆無限増殖の発見者!?◆

 いろいろ理解に苦しむ騒動だった、、、

「今日はマリオの無限増殖を雑誌に投稿した親父の葬式」→オタク「その時はまだファミ通は創刊されてません!嘘松!親父と一緒に死ね!」 - Togetter

 その情報が私のもとへ飛び込んで来たのは昨日のことだった。なんでもツイート主さんの亡くなられた親父さんがあの『スーパーマリオブラザーズ』の無限増殖技の発見者だったというのである。しかもファミマガとファミ通にトップ掲載されたというのだ。興味をもった私はさっそく自前の資料をチェック。

sumariusomatu5.jpg
 ※オロチのファミコン雑誌創刊号コーナー

 そもそも『スーマリ』の発売日は1985年9月、ファミマガ創刊が1985年8月、ファミ通が1986年6月ということで、ファミ通に関しては創刊されてなかったのだが、まあ記憶違いということもある、、、



◆各誌のマリオ無限増殖技◆

 ということで調査を進めるとやはりファミ通にはそのような記事は見つからなかったのだが、スーパーマリオの無限増殖技については1986年1月、少年ジャンプのファミコン神拳が初出であることがわかったのだ。

sumariusomatu1.jpg
 ※秘録!!ファミコン神拳より。名前のところは黒塗りしてあります。


 投稿者は徳島県の方のようだ。
 そしてファミマガでは1986年3月号に以下のような記事を発見。

sumariusomatu0.jpg
 ※ファミマガ86年3月号より。名前のところは黒塗りしてあります。

 
 こちらは東京都の方が発見したことになっていた。ちなみにトップ掲載(横綱技)ではなかった模様。

 念のため、他のファミコン雑誌も調べてみたのだが、そもそもファミコン雑誌はファミマガが先駆けであり、他誌のほとんどは1986年に入ってからの創刊。そのころにはスーパーマリオの無限増殖技はすでに広く知られた裏技だったので、掲載されていても以下のような取り扱いである↓

sumariusomatu4.jpg
みんな、おぼえているかな? 
一世ふうびしてしまった、マリオの無限増殖だぜ。
(引用:ファミコン大賞創刊号より)

 まさかのみんな忘れてる前提!

 どうやらこのツイート主さん、かなり記憶違いをされているようだ。もしかしたら前述のファミマガに載った人物が親父さんなのかもしれないなあ、そんなこと思いながら私は人知れず調査を終えたのだった、、、



◆負のスパイラル◆

 しかしここから目も当てられない惨状が繰り広げられることになる。私と同じように調査をされた方々が現れ(その多くは純粋に真実を知りたいだけの人々だと思うが)、次々と証拠資料がアップされ、それに便乗したいだけの第三者たちも加わって、まるで凶悪犯を吊るし上げるがごとく「嘘松」を連呼。中には筆舌に尽くしがたいほどの罵詈雑言を浴びせるリプライもあり、私は唖然とせざるを得なかったのだ。

 なんだ、なんだ、この潔癖症どもは、、、!?

 ここ最近、とみに感じるのは物事の正義に対して極端に潔癖なひとたちの存在だ。「罪を犯したことのない者だけが石を投げなさい」というキリストの言葉が想起される。俺は罪なんて犯してない。だから石を投げてもいいんだ、と解釈するのは間違いだ。この言葉の真意は「ひとはひとを裁けない」ということである。それなのに彼らは他人がちょっとでも自分のルールに合わないことをすると、ここぞと言わんばかりに正義を振りかざす。しかもその内容は、議論とか建設的な批判とかそういった類のものじゃない。ただただ憎しみをぶつけるスタイルだ。
 
 たとえばこれがファミコンの歴史を捻じ曲げるような悪質なデマだったならまだしも、ただの一般人のツイートじゃないか。「ファミマガ1000冊作戦」のように有料の講演会で事実として話しちゃうようなレベルでもない。もし親父さんの葬儀が本当ならばそんな日に「知ってる方はRTを」みたいなツイートをするのはどうかと思うが、そこまで攻めてたるような内容でもなかろう。しかも、こうなってくると次の展開は予想がつく。冒頭リンクのような、純粋に真実を知りたかったひと、ただ批判したいだけのひと、全部ひっくるめてオタクというレッテルを貼った上で「オタクども必死だな」と冷笑したいだけのまとめ記事が量産されるのだ。

 この負のスパイラル。ああ、眩暈がする、、、



◆重要なのは真実◆

 私は「嘘」とか「本当」とか実はあまり重要じゃないと思っている。

 重要なのは「真実」であり、このツイート主が嘘松とか、本当松とか、そんなことは騒ぐことじゃないのだ。完璧な人間なんかどこにもいやしないのだから。誰だってたまにはトンチンカンなこと言ってしまうことはあるし、この親父さんが子どもだったツイート主さんを喜ばせるために口走ったデタラメ話だったのかもしれない。そんな在りし日の親父の姿を葬儀のとき、ふと思い出してついついツイートしちゃったのかもしれない。勿論、批判されても仕方ないときは批判もされよう。私は批判自体を否定するつもりはないのだ。

 しかしながら、万が一、このツイート主さんが日常的に嘘をついてるような人間だったとしても、だからといって度を越した集団私刑は見ていて気持ちのいいものじゃない。少なくとも私は真実を求めてひたすら穴を掘るだけだ。



orotima-ku1.pngオロチは真実松!

このエントリーをはてなブックマークに追加  
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに

このブログについて
twi8bit1.giftwi8bit1.gif


管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。