ファミコンショップポパイ編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次



◆ポパイとファミコンの因果な関係◆

 ほうれん草の味がしたかどうかは知らないが、任天堂はかつて「ポパイラーメン」なる食品をつくっていたと言ったら驚くだろうか。任天堂「失敗の歴史」によるとその昔、任天堂は三近食品(さんおうしょくひん)という会社をつくってインスタントライスやふりかけなど様々な食品を販売していたとのこと。ディズニートランプがバカ売れして版権ビジネスに手ごたえを感じていたものの、トランプ業界の限界を悟って様々な分野へチャレンジしていた時期だったのだ。
 書籍「任天堂コンプリートガイド -玩具編-」によるとこの商品が発売されたのは1965年のことで、抽選でポパイトランプが当たったらしい。

 結局、食品部門はうまく行かなかったがその後、エレクトロニクス分野へ進出。1981年にゲーム&ウオッチ版『ポパイ』、翌1982年にはアーケード版『ポパイ』を発売。いや待てよ。そうなってくるとポパイラーメンはラーメン版『ポパイ』と言ったほうがいいのかな(そんなわけない)。そして1983年、ファミコンが発売されると堂々のローンチタイトルとなったのがみんなが知ってるファミコン版『ポパイ』だ。

 ちなみに社長が訊く『New スーパーマリオブラザーズ Wii』によると、ドンキーコングは最初、主人公をポパイで考えていたらしい。そのときの顛末を以下のように語っている。

宮本:
ところがなぜそうなったのか記憶は定かじゃないんですけど、
ともかく『ポパイ』を使わないことになりまして・・・。
突然ハシゴをはずされてしまったようなものです。

岩田:
ハシゴをのぼっていくゲームをつくろうとしたのに
つくる前にハシゴをはずされてしまったんですか?(笑)

宮本:
うまい!! 座布団3枚(笑)。

 ポパイが使用不可になった理由についてはこちらの記事によると単純にライセンスが間に合わなかったらしい。ということは、もしポパイがそのまま主人公だったらマリオが生まれなかったかもしれないということだ。マリオのいないファミコンなんて、インターネットのできないピピンアットマークみたいなものじゃないか!(例えのほうがわかりにくい)


◆ショップシール類◆

 そんな「ファミコン」と「ポパイ」の因果な関係はファミコンショップのネーミングにも影響を与えていたようだ。過去のファミコンショップリストなんか眺めていると「ポパイ」という名前のお店が全国的に見られるのである。

愛知ポパイ1

 レア度:★★☆ 

 ということでお待ちかね。ショップシールである。こちらは電話番号から愛知県の西春(にしはる)、及び、江南(こうなん)に存在したファミコンショップ「ポパイ」のものだと思われる。江南といえば我らが愛知の星・サンソフトのお膝元だよね。今回、シールが貼ってあったカセットはサンソフトのものではなかったのが惜しい、、、

 いや、それどころか、もし『ポパイ』だったらカセットの名前とショップ名が同じっていう奇跡だったんだけど、残念ながら『ファイティングゴルフ』でした(笑)


ファミコンショップポパイ

 念のためにウェブ電話帳を調べたら見事に掲載されていたよ。
 はい、実在!


愛知ポパイ2
 ※青いほうは『アルマジロ』

 このラベルの最大の特徴は擬態系と呼ばれている通り、思わずスルーしちゃうくらい正規シールっぽいところである。第22回で紹介したファミコンショップクリボーなんかも擬態系だ。「中古カセット」と書いてある分、ポパイのほうがわかりやすいかな、、、

 愛知県内のショップだけあって愛知県でしか見たことがない。全国的にはそうとうレアである。


◆ロゴ◆
愛知ポパイロゴ
 このロゴがそのままお店で使用されていたかどうか不明だ。


◆制覇MAP◆

 制覇マップである。

 本店は江南でなく西春にあったお店。この辺りは2006年、旧師勝町と旧西春町が合併し北名古屋市として生まれ変わっている。このネーミング、いまだに慣れないなあ。

seiha_map37.png

 ということで愛知県を制覇。
 同県は「第4回オタッキー編」で制覇しているため+1となった。連載37回目。最近はやたら+が多いため、制覇した県は20にとどまっている。都道府県は47あるからまだ半分も行ってないという現実。どうなっちゃうの(笑)

 なお、冒頭でも言及したように「ポパイ」という名のファミコンショップは全国的に存在した模様。どうせなら全国のファミコンショップポパイの情報も集めてみようと思う。

ファミコンショップポパイ熊本
 ※こちらは熊本県南国市駅前町にもあったポパイ(参照


◆基本データ◆
名称:ファミコンショップポパイ
所在:愛知県北名古屋市
詳細:西春にあった本店は一度同じ市内に移転している。江南店は1989年頃開店するも5年程で閉店した。


◆みんなの情報コーナー!!◆
 ファミコンショップポパイについて、少しでも知ってることがあったら教えてください。この記事のコメント欄、ツイッター、あるいはこちらの窓口まで、よろしくお願いします!



orotima-ku1.png目次ページへ



◆宣伝◆

 サンソフトといえば雑誌「なつかしパーフェクトガイド」で連載中「ファミコン考古学のすゝめ」で「サンソフトの歴史」を書きました。興味あるひとは読んでみてね!


宝島編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 ふたつの宝島の謎、、、


◆ショップシール類◆
宝島緑fss2
 レア度: 

 このようにラベル上部がカラーベースに白抜き文字で「3ヶ月保証」と書いてあるスタイルのものを「ヒーロー系シール」というが、宝島はその中でヒーローの次に出現率が高いシールだ。本家の黄緑より少し青みがかった色をしているのが特徴だ。

hiro05.jpg

 こちらは本家ファミコンショップヒーローの黄緑シール。文言もほぼ同じである。

 ちなみに、このタイプのシールは他に第5回に登場したえっぐMAN、第24回ファミコンショップビッグなどが挙げられるが、正直、ヒーローがやたら多いのでヒーロー系と言ってるだけであって、どこが元祖なのかは判明していない。

宝島紺色FSS2
 レア度:★★☆

 こちらは紺色バージョン。
 タイトルは『スーパーリアルベースボール』。だいたい緑5枚に1枚ぐらいの割合で紺色が存在する。したがって緑より断然レアである。よく見るとシールがちょっとずれてる。おそらくバイト君が貼ったのだろう、、、

 正規ラベルにはないショップシールの魅力のひとつに、このような「手作り感」がある。ラベルの大きさが違うのにも関わらずむりやり貼られたもの(サイズ違い)や、スーファミ版ラベルをファミコンに貼ってあるもの(ハード違い)など、正規品ではぜったいに有り得ない手作り感が見られるのも、ショップシールの醍醐味なのだ。


スー宝島緑
 レア度:★★

 宝島にはスーファミ版も存在する。基本的に内容はファミコン版と同じなので、そのままサイズを小さくした感じだ。ファミコン版よりもレアである。タイトルはSFC『魔神転生』。


宝島シール金
 レア度:★★☆

 買取額アップを謳う金ピカシールである。タイトルはSFC『ドラゴンボールZ 超武闘伝3』。いちおう背景が描かれているものの、いったい何なのかよくわからない。気になるは宝島のロゴが厳然たるゴシック体であることだ。もしかして別店舗のシールなのだろうか、、、


◆ロゴ◆
宝島ロゴ

 ロゴである。「宝」の点の部分が星になってるいわゆる「点星(てんぼし)」が見られるのが特徴的だ。これはファミコンショップ界の横綱「第33回ブルート」をはじめ「第17回ギャングスター」、「第27回ファミコンショップジョニー」、「第29回スーパーゲームショップ」など多くのファミコンショップロゴで見られる特徴である。


◆制覇MAP◆

 本ラベルには新潟県万代という住所の記載があるため新潟県を制覇。

seiha_map36.png

 なお、同県は「第5回 えっぐMAN編」で既に制しているため+1となった。なお、福井県に本社を置く株式会社サンキューがてがける「宝島王国」は名前が似ているものの、別チェーンのようだ。


◆現存する宝島グループとの関係は!?◆

 さて、さきほどから別店舗の存在を匂わせていたのだが、実は「宝島」というゲームショップチェーンは現在も元気に営業していることをご存知だろうか。岐阜を中心にチェーン展開する宝島グループである。

ゲームショップ宝島 新品・中古・買取・通販・予約

宝島岐阜のどこか
 ※こちらは長久手店(撮影:2018年10月)

 私は当初、てっきり同じグループかと思っていたので、そのつもりで一度は記事を書きあげたのだが、ロゴが微妙に違うことに気付いて、一応、ラベル型シールと金ぴかシールについて運営会社のゲームアークさんへ問い合わせをしてみたいのだった。すると「弊社で発行した記録は残っておりませんでした」とのことで、恐らく他店舗様のものではないかとの回答を頂いたのだ。

 ついでに、設立年と1号店についてもお伺いすると、営業開始は1993年。1号店は「一宮店」とのこと。ただし、運営会社は何回か変わっており正確な記録が存在しないため「恐らくそうであろうとしか申し上げられません」とのことだった。わざわざ調べていただき、ありがとうございます。いつも行ってます。この前の土岐店行きました。良いお店ですね^^

 ということで、本プロジェクトでは、かつて新潟に存在したファミコンショップチェーン宝島と、現在、岐阜を中心に展開する宝島グループとは別の店舗だと判断することにした。


◆基本データ◆
名称:ファミコンショップ宝島
運営:?
所在:新潟県万代(本店)
沿革:不明
 本店の住所以外、何もわかりましぇ~ん!


◆主な支店◆

新潟県 万代店/ハイパー宝島見附店/空港通店/五泉店/GAME館/GAME館三条2号店/西長岡/北長岡

◆みんなの情報コーナー!!◆
 ということで、皆さん、、、
 かつて新潟県に存在したファミコンショップチェーン宝島について、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非、情報をくださいませ。この記事のコメント欄、ツイッター、あるいはこちらの窓口まで、よろしくお願いします!



orotima-ku1.png目次ページへ

丸郵編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 今回は謎に包まれたショップシールだ、、、


◆ショップシール類◆

maruyuu01.jpg
提供:さくら(@hullzion)様

 レア度:★★★★★ 

 ファミコンショップシールの中には、いくら調べてもまったく何もわからないショップが少なくない。この「丸郵」というショップについても手がかりすら見つかっていない。そもそも記載されている住所は商業地でもなければ住宅街でもなく、どう見ても港湾区域。現在は、まったく無関係と思われる会社の作業場となっていたのだ。そもそもそこに店、あるいは事務所があったかも怪しい、、、

 シールの大きさ(93mm×23mm)がファミコンの純正ラベル(100mm×30mm)に準拠していない点も解せない。スーファミ用(72mm×32mm)でもないようだ。いったいどんな意図があってこのサイズにしたのだろう。

 住所&電話番号以外の唯一の手がかりはこの通信販売致しますという文言くらいであろうか、、、


◆制覇MAP◆

 制覇MAPである。
 本プロジェクトの制覇条件は「シールに記載されている住所」なので、ひとまず福岡県を制覇。同県は「第22回ファミコンショップクリボー編」で制覇しているため+1である。

seiha_map35.png

 ただし、「ファミコンショップシール」の定義には実在したお店(通販含む)が発行・貼付けしたものであることとあるので、まだまだ証拠が足りてない(今のところ、このシールが唯一の証拠)のが現状である。


◆みんなの情報コーナー!!◆

 そこで、皆さんの力をお貸しいただきたい。
 丸郵について、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非、情報をください!
 この記事のコメント欄、ツイッター、あるいはこちらの窓口まで、よろしくお願いします。



orotima-ku1.png目次ページへ

そふぱる編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 美少女ゲームソフトなら俺に任せろ。
 そふぱるの登場だ!

◆ショップシール類◆

そふぱる1
 レア度:★★ 

 スタンダードな注意文と、ロゴ&電話番号だけの非常にシンプルなラベル型シール。カセットの色が偶然にも白だったせいか、なんだか漂白されたような雰囲気がある。

そふぱる2

 紅白そろってると、おめでたいね。


◆ロゴ◆
そふぱるロゴ

 「FAMI」と「COM」の間に「-(ハイフン)」があるところは任天堂に気を使っているのだろうか。 ひらがな表記のかわいげのあるフォントからは、一昔前の美少女コンテンツの匂いがする。


◆広告◆

ソフパル広告ソフパル広告2

 ファミマガ87年ごろのファミマガに載っていた広告。この手の広告はやたら情報が詰め込まれたゴチャゴチャしたものが多いのだが、そふぱる(ソフパル)の広告は非常にシンプルで見やすかったので、逆に目立っていた。

◆基本データ◆
名称:ソフパル、そふぱる
運営:株式会社ソフパル
所在:大阪府大阪市浪速区日本橋
設立:1983年9月
URL:http://www.softpal.co.jp/index.html

◆沿革◆
1983年9月設立。大阪は日本橋の一角「喫茶メジャー」の入っているビルの3階で、パソコンソフトレンタルや中古ファミコン販売などを行なっていたが、90年代に入ってからは独自のゲームブランドを設立し、アダルトゲームメーカーに転身。現在でもソフトメーカーとして活躍中。「涼宮ハルヒの憂鬱」などの挿絵で有名ないとうのいぢ氏などが所属している(いた?)ことで知られる。


◆制覇MAP◆

 制覇マップである。

seiha_map34.png

 そふぱるは大阪オタク文化の聖地・日本橋のお店。ネットの書き込みなどを見ているとファミコンショップというよりもパソコンショップとしての思い出が多いようだ。何はともあれプロジェクト初の+3は大阪となった。

◆みんなの情報コーナー!!◆
 そふぱるについての情報募集。
 この記事のコメント欄、ツイッター、あるいはこちらの窓口まで、よろしくお願いします!



orotima-ku1.png目次ページへ

ブルート編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 全国3000万人のブルートファンの皆さま、本当にお待たせいたしました!!
 第33回目にして、やっと登場です。ファミコンショップ界の大横綱。ブルートだ!

◆シール類◆

Bショップシール2
レア度:

 丸型シールである。ライトグリーンにブルートのローマ字ロゴが記載されている。「わんぱくこぞう」や「メディアCITY」のような検品番号などの記載がないため非常にシンプルだ。よく「プ」ルートって間違えて言ってるひとがいるが、ご覧の通りつづりは「Brut」であり、正しくは「ブ」ルートである。

 ちなみにフランス語読みではブリュット。甘口のシャンパンという意味だ。そこから取ったかどうかは知らないが、、、

 シール自体はよく見かける。

Bショップシール1
レア度:

 流れ星型シールである。遊び終わったゲームをブルートで売るよう呼びかける文言が追加された。スーパーファミコンの場合、上の小窓に貼られることが多い。この傾向は「オタッキー」のシールにも見られた。

 丸型シールよりもさらによく見かける。

B検品シール3
レア度:★★★★

 こちらは黄色の検品シールである。「マル検」の横にマスコットキャラクタのブルート君が不敵に笑っている。たまたまディスクに貼ってあったが、他ではまったく見かけないのでディスク専用シールなのだろうか、、、


◆ラベル類◆
Bショップラベル2
レア度:★★★★

 少数であるがブルートにもラベル型ショップシールの存在が確認されている。これは銀色タイプ。

 なぜか上部が白く変色してしまっている。このような変色の仕方は初めて見た。丸い跡のようなものはうっすらと緑色が透けて見えることからブルートの丸型シールの上からこのラベルを貼ったのだろう。シール自体は非常にレアである。

Bショップラベル1
レア度:★★★☆

 こちらは3つのグラフィカルな注意書きが特徴的なラベルである。何か見覚えがないだろうか。ピンと来たひとはそうとうなファミコンの裏ラベルマニアだ。実はこれ、『けいさんゲーム』などをリリースしていた東京書籍の裏ラベルとそっくりなのである。いや、そっくりなんて生易しいレベルじゃない、、、

 丸々コピーだ↓

東京書籍裏ラベル
 ※東京書籍の裏ラベル

 色が青くなっただけじゃねえか(笑)

14-1.jpg
画像提供:そうさめも

レア度:★★★★

 こちらは珍しい二色刷りタイプ。ブルート鏡山店と宇品店、いずれもブルートのお膝元である広島の店舗であるが、フリーポートグループというくくりはこの二店舗を運営するフランチャイズのことかもしれない。日本昔話のオープニングみたいな「恐竜に載ったブルート君」が最大の見どころだ。

 古代インドの神々の多くは「ヴァーハナ」と呼ばれる乗用動物に跨っており、しばしば神の性質の一部と見做されるのだが、もしかしたらこの恐竜もブルート君のヴァーハナ的な存在なのか。あるいはヨッシー的な相棒か!?

 ただひとつだけ確実なことが言えるとしたら、残念ながらこの画像は借り物であり、私は持ってないということだ。誰か見かけたら確保しておいてください!


◆ケース類◆
BケースFC11
BケースFC2
レア度:★★

 ファミコンショップケースの代名詞的な存在。ブックオフ・ハードオフなどでこのケースに入ったまま売られているのをよく見かける。裸のカセットがちょうど入る大きさであり、前面が大きな窓。下部にズレ防止用のつめがあるのが特徴だ。裏面にはタイトル&メモスペース。ブルート君が描かれている。

BケースSFC1
BケースSFC2
レア度:★☆

 スーファミバージョンである。こちらは裸カセットよりも一周りくらい大きく、スライド式ではなくオープン式という凝りようだ。中に説明書を入れられるようになっている。なお、説明書はコピーの場合もある。ブルートのイメージカラーであるライトグリーンのラインが印象的なデザインだ。


◆グッズ類◆
ブルートグッズ
 ※ぬいぐるみはあえてうしろを向けている。

 その他のグッズ類として下敷きやぬいぐるみ、キーホルダーといった多種多様なものが存在する。さすがファミコンショップ界の横綱やで!


B絆創膏1B絆創膏3

 数あるブルートグッズの中で、今回は珍しい絆創膏セットを紹介しよう。(次回があるかどうかは知らないが)

 ここで注目すべきはさっきブルート君が乗っていた恐竜のキャラクタが、なんと、となりへ配されているところだ。これはすなわちこの恐竜がブルート君と同列の扱いということを意味する。もしかしたら悟空とベジータみたいな関係なのか!?

B絆創膏2

 こちらが絆創膏の様子である。ホッチキスで閉じられているため、取り外すことができなかった。

◆コントローラ◆

 ブルートの凄いところはショップグッズだけでは飽き足らず、周辺機器まで作ってしまったことではないだろうか、、、

brut001.jpg

 こちらは1989年7月に任天堂の正式ライセンスを取得した上で販売されたもので、各店舗及び通信販売でのみ購入することができたブルートオリジナルコントローラである。何気にFC・PCE両用というゲーム周辺機器全体を見渡しても珍しい性能をもっていたりする。
 しかしまったく売れなかったのだろう。極めて知名度が低く、ごく一部のマニアにしか知られてない幻級アイテムとなっている。このコントローラについては別の機会で詳しく紹介したいと思う。

115_2605.jpg
 ※NES Hands Free Controller ストロング博物館(CC license)

 ブルートは他にも「ファミコンハンズフリー」という身体の不自由な方用のコントローラを46,500円(消費税別)で販売していた。こちらは「NES Hands Free Comtroller」のローカライズ版だと推測されるが、現物が見つかってないため詳細は不明である。


◆スタンプカード◆
brutスタンプカード2
(画像提供:将@syou526 さん)

 こちらはブルート浄心店のスタンプカード。

brutスタンプカード1
(画像提供:将@syou526 さん)

 ファミコンのコントローラをモチーフにしたスタンプ面が素晴らしい一品だ。


◆ロゴ◆
ブルート片

 曲線の使い方が印象的なカタカナロゴである。そして出ました。ファミコンショップロゴではおなじみの濁点が星になってるやつ。ブルートの場合、シールも流れ星だった。

ブルートロゴ英語1

 こちらはローマ字ロゴ。やはり星がアクセントとなっているようだ。躍動感がありすぎて「r」の右側なんか引き千切れんばかりだ。おかげで「13nit」とも読めてしまう。

◆キャラクタ◆
k-brut3.jpg
 ブルート君。赤い帽子をかぶったブルドックである。なかなか憎たらしい顔をしている。

B怪獣0

 恐竜のキャラクタである。名前は不明。黒いポケットには何かいかがわしい未来の道具とかが入ってそうだ。そういえば「ファミコンランド」も「わんぱくこぞう」も怪獣のキャラクタ、いなかったっけ、、、


◆基本データ◆
名称:ファミコンショップブルート、TVゲームショップブルート、Brut
運営:株式会社ブルート
開業:1988年7月 (分離独立)
所在:広島県佐伯区(本部)
情報誌:HOTS extra
公式サイト:http://www.brut.co.jp(閉鎖)


◆沿革◆
 エスピーエム株式会社のブルート事業部が1988年7月に株式会社ブルートとして独立。広島を中心に全国へ拡大。全盛期の店舗数は400を越えた業界最大手。1994年12月に中古ゲーム裁判騒動の後、勢いをなくし、1999年3月に自己破産。2002年までに(一部フランチャイズを除く)全店閉店した。


◆制覇MAP◆
seiha_map33.png

 ということで広島を制覇!

 中国地方はなにげに山口のカメレオンクラブとか、岡山のわんぱくこぞうとか、ファミコンショップ成分が濃いよ、、、


◆主な店舗(1997年10月30日)◆
北海道 新道東店
新琴似店、マルコン美園店、ひばりヶ丘店、マルコン岩内店、倶知安店、八雲店、網走店、美幌店、根室店、弥生通店、西20条店、北見店、紋別店、遠軽店、稚内店、深川店、富良野店、マルコンdoing南郷店、函館戸倉店
東北地区
大館片山店、秋田山王店、宮町店、南光台店、市名坂店、豊栄店、
関東地区
みどり野店、石井店、茨大前店、多賀店、真鍋店、吾妻店、船堀店、関原店、葛西店、砂町店、八街店、臼井店、さつき橋店、二俣川店、日吉店、六ツ川店、戸塚店、すみれが丘店、荏田店、マルコン浦安店、行徳店、マルコン高円寺駅店、マルコン高島平店、マルコン中村橋店、マルコン宮前平店、マルコンたまプラーザ店、マルコン勝田台駅店
中部地区
浄心店、川合店、安西店、静岡南口店、藤枝店、大坪店、富士宮店、昭和通り店、岳南デンパ店、初倉店、相良店、沼津店、沼津香貫店、沼津原店、安城店、岐南店、各務原店、岐阜羽島店、川越店、マルコン新黒川店、
関西地区
西中島店、塚本店、豊里店、菅原店、尼崎大物店、西大島店、出屋敷店、千船店、阿倍野店、巽店、小路店、布施店、平野上町店、服部店、五月ヶ丘店、門真月出町店、毛馬店、野江内代店、千林店、放出東店、今里店、寝屋川駅前店、香里店、枚方中宮店、巣本店、堺東店、北信太駅前店、春日店、小野原店、車塚店、近鉄八尾店、瓢箪山店、柏木店、京終店、西院店、桂店、北大路店、京都千本店、伏見竹田店、九条新千本店、百万遍店、堀川五条店、園部店、宇治伊勢田店、ビックバン大津駅前店、守山駅前店、春日野道店、長田店、六甲店、魚住店、伊川谷店、姫路白浜店、東加古川店、丹南店、亀岡駅前店、西宮北口駅前店、マルコン江坂店、マルコン穂積店、マルコン西宮中津浜店 
四国地区
観音寺店、木太店、鴨島店、阿南ウィル2店、小松島中田店、徳島タクト店、丸大ベビーセンター店、若草店、中久万店、城山店、久米店、伊予三島店、川之江店、土居店、新居浜店、愛媛西条店、新居浜泉川店、今治南店、東予店、松山駅前店、平和通店、松前店、マルコン大洲店、マルコンロック北島店、マルコン三島店、中国地区、戸坂店、千田町店、宇品店、己斐店、庚午店、仁保店、可部店、熊野店、祇園店、八幡店、柳井南店、呉店、呉駅前店、焼山店、西条中央店、高屋店、大竹店、宮内店、唐戸店、下松店、光店、遠石店、政所店、防府西店、長門店、湯田店、山口小郡店、皆実店、福山野上店、福山蔵王店、神辺店、マルコン井口店、マルコン安古市店、マルコン五日市店、マルコン新南岩国店、マルコン出雲北店、マルコン米原店、マルコン三次店、マルコン高陽店、マルコン白島店、ハイパーブルート五日市店
九州地区
百年橋店、高宮店、檜原店、春日原店、舞松原店、荒戸店、西新店、長尾店、二日市店、志免店、長者原店、那珂川店、中間店、折尾店、引野店、行橋安川通店、赤間店、久留米店、鳥栖店、通町店、田川伊田駅店、飯塚店、直方店、本庄店、南部バイパス店、鹿島店、伊万里駅前店、新唐津店、唐津店、新大工店、岩屋橋店、有川店、浄行寺店、上熊本店、田崎店、八王寺店、県庁四角店、菊池店、荒尾店、佐伯駅前店、鶴崎店、明野店、今津留店、敷戸店、大在店、鶴見店、中津店、浮ノ城店、鴨池店、串木野店、マルコン飯倉店、マルコン徳力店、マルコン東福間店、マルコン前原店、マルコン野間店、ハイパーブルート空港前店、ハイパーブルート熊本菊陽店
沖縄地区
大道店、城間店、儀保店、我如古店、胡屋店、寄宮十字路店、潮平店、具志川店、名護十字路店


◆外観◆
brut022.jpg
 ※画像:Googleマップ

 愛媛県伊予北条駅の付近に今も残るブルート跡地。余談だが、断片的なネット情報からこの場所を特定するため、Googleストリートビューを3Dダンジョンみたいにひたすら捜索しまくって、吐きそうになりながらも探し当てさせてもらった。まさかGoogleストリートビューでも3D酔いするとは、、、

s023.jpg
 ※画像:今日のゲームより(提供)

 こちらはかつて兵庫県篠山市東吹にあったとされる、限りなくブルートのようなお店「リピート」。

◆文献◆
「倒産の研究 ブルート(ゲームソフト販売チェーン)加盟店にそっぽを向かれ売上激減、頼みのメーカーにも見放される」 (日経ベンチャー1999年6月号)

◆動画◆



◆主なトピックス◆
SBG:ゲーム販売チェーン最大手ブルートが自己破産を申請。FC店は営業続ける(1999年3月30日)

◆みんなの情報コーナー!!◆
 みんなでブルートを思い出を語ろう!
 この記事のコメント欄、ツイッター、あるいはこちらの窓口まで、よろしくお願いします。


orotima-ku1.png目次ページへ

【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。