「PCE Works」はレトロゲーム界の救世主か!? 恐怖の大王か!?(前編)


<ヤフオクで猛威>

 1年くらい前、ヤフオクで妙なBOXセットを発見した。それはPCエンジンスーパーCD-ROM2のソフトが3本セットになっているもので、メーカーはPCE Worksという聞いたことないところ。やけに洗練された感じがしたので、復刻版なのかなと思ったんだけど、そんなものも聞いたことがない……

 気になってツイッターで質問してみたことろ、フォロワーさんから「ドイツの業者が無断でつくって販売しているもの」と教えてもらい「なにそれ」って思った。そのときはそれ以上、興味が湧かなかったので忘れていたんだけど、先月とあるネット旧知の方から「このままじゃ、CD系レトロゲームがやばいかも」という不穏なメールを頂いてしまったため、飛び起きるように調査を開始したのだ。

pcewa-kusu001.jpg
 ※こちらは商品に付属するグッズの一部


 なんでも最近、そのPCE Worksのコピー品がヤフオク!で猛威を振るっているらしいじゃないか。もう、偽物の類なんておなかいっぱいだよ。なんて思いながら調べてみたら、結局は驚いたのだ。

 こちら……

pcennjindoitu04.jpg
 ※2017年8月~9月のオークション結果の一部
 
 おいおい、なんだこれ!?
 いつの間にか取引数がものすごい増えてるじゃん!しかも落札額が半端じゃない。これは本当にやばいことになってるぞ!?





<「PCE Works」は何者なのか?>

 一般的なイメージとしてゲームソフトをコピーしているような業者は表舞台には出てこないものだ。しかしながらこのPCE Worksというメーカーは何を考えているのか堂々と公式サイトを開設しており、しかも通販までしていた。

PCE Works公式サイト

pcewa-kusu30se-ru.jpg

 なんなら現在、PCエンジン30周年セールをやっているくらいのポップさすらある。
 本当にここライセンス無いんだよね。何度も確かめたくなっちゃうよ……

 気を取り直して公式サイトを上から下までなめるようにチェック。

pcennjindoitu02.jpg

 しかし、すごいな。

 そのラインナップには正直、目を見張るものがあるのだ。いずれもPCエンジンのSUPER CD-ROM2ソフトのようだが、見たことないパッケージもちらほら。このメーカーが最初に発表したのは2014年の「PCEメモリーズ」というボックスだったようで、『レニーブラスター』『風霧』『フォーセットアムール』『シルフィア』の4本がセットになったものである。いずれも鼻血が出るくらいのプレミアソフトじゃないか。

 さらに『ツインビーりたーんず』※1といった商品化されてないものや、『スペースファンタジーゾーン』※2といった未発売品。さらにPCエンジンに移植されてすらいない『ロックマン』※3といったゲームまで、ご丁寧に商品化されている始末。

 何度も同じことを聞いて恐縮だが、これ全部「海賊版」なんだよね?

 しかもよくある本物そっくりにつくってる偽物と違って、わざわざ説明書の裏表紙やCO-ROM表面に「PCE Works」というロゴが刻印がされているっていう謎のこだわり仕様だ。

※1 PCE版『ときめきメモリアル』に収録されていたミニゲームのひとつ。
※2 ほぼ完成していながら発売中止になった幻のソフト。
※3 海外のアマチュアが無許可で勝手に移植した同人作品。




<海外での評判>

 売ってるものはだいたいわかった。クオリティは高いしラインナップも絶妙なものばかりだ。しかしこのような所業、海外ではどのように思われているのだろう。

 さらに調査を進めると中心メンバーと思われる人物の名前を特定できた。Tobias Reich氏※1。彼はアップスキャンコンバーターの研究で欧州レトロゲーム界に名を馳せた人物だった。海賊版をつくってはいるが、そのスタンスは「アジア圏のひとたちが生活のために手を染めている」という従来の無断コピーへのイメージとはかけ離れている。

 たったひとつだけ確実なことが言えるとしたら、それはTobias氏がガチのPCEオタだということだ。

 そのため、マニアに対して痒いところに手が届くプロダクションスキルが尋常じゃないことは認めざるを得ない。独自のコレクターボックスや、オリジナルグッズなどへのこだわりは前述の通りである。


 ※1 PCEWorksの希望により、Tobiasという記述を以降「PCE Works」に置き換えさせていただきます。理由:あくまでもこれらの実績や見解はPCE Worksというグループによるもののため。2017/11/9 修正

suaopairmkiamkamajsdns.jpg
 ※例えばこれはパンティ付という驚きのコレクターズボックス。


 そんな氏率いるPCE Worksは過去にはPCエンジンCD-ROM2プレミアソフトの代表的作品である『銀河府警サファイア』のまぎれもない偽物をつくっていたり、現在でもゲームを英語へ翻訳する際に別の海外フォーラムの有志がつくったものを丸々パクってしまったりと色々やらかしているという話もあり、その評価は分かれるところだ。

 たとえば2015年のこちらの海外フォーラムDigitpress.comでは以下のようなやりとりがされていた。

「PCE WorksはコナミのIPを盗んでコピー品を売っているが、なぜコナミは動かないんだ?」

「ニッチな需要のために、新しいパッケージをデザインしたり、生産する技術を習得したりするのは大変なことだ。私は立派だと思うよ。」

「しかし、彼が過去に『銀河府警サファイア』の偽物をつくっていたことを忘れてはいけない」

「それが何か問題か? これだけのものを提供してくれているんだ。それなりの報酬があってしかるべきじゃないか」

「少なくとも彼が『ロックマン』を移植したことについてはコミュニティにも悪影響を及ぼしているね。本来PCEソフトでないものを出す意義がわからない」

「コナミのような大企業はレトロゲームで利益を出すことは無理だが、ライセンスの許可も出さないだろう。そのうち彼は訴えられると思うよ……」



 一方、海外掲示板RedditGamingNeoGAFでもたびたび以下のように言及されている。

「彼は犯罪者です」

「海賊版のくせに高過ぎるよね」

「私はいくつか持ってますが悪くない買い物でした」

「もしあなたがプレミアソフトを安く手に入れたいなら彼は神です」



 また、フランスのフォーラムgamopatではこのような意見も。

 たとえば私はローレックスの時計が欲しくても中国製の偽物を5ユーロで買うつもりはありません。私がコレクターになったのはゲームの物資的な魅力だけでなく、歴史や希少性に価値を感じるからです。彼らは歴史や希少性までコピーできますか?






<PCE Works中心メンバーを直撃>

 海外での評判もだいたいわかった。しかし一番知りたいことがまだわかっていない。それは、このメーカーが「何の目的でこんなことをしているのか」ということである。

 こういうときは本人に直接聞くのが一番早いのだ。

 今はネットの時代。しかも相手は普通に公式サイトを開設している人物である。買うふりして質問攻めにしてやるぜ!なんて思いつつ公式サイトに載っている連絡先へメールを送ってみたところ、あっさりTobias氏本人(PCE Works)から返事がかえってきて、逆に恐縮してしまったのだった。

 それではさっそく彼とのやりとりを、わかりやすくアレンジしつつ再現してみよう。


orotima-ku1.pngオロチ:あのう、これって正規品ですか?

PCE Works:我々の商品はほとんどが"repros"です。orotima-ku1.png

orotima-ku1.pngオロチ:つまり複製品なんですね?

PCE Works:そうです。NESやメガドライブと比べて、海外にはPCエンジンのファンが少ないのです。orotima-ku1.png

orotima-ku1.pngオロチ:それは少ないから問題ないという認識でしょうか。目的は何なんですか?

PCE Works:ひとつはプレミア価格に対抗するため。もうひとつは世に出ていないソフトの復刻です。orotima-ku1.png

orotima-ku1.pngオロチ:なるほど素晴らしいですね。目的だけは。しかし、だからといって偽物をつくるという手段についてはどのような見解をお持ちで?

PCE Works:reprosの歴史は長い。あなたはNESやSNESのタイトルを販売するウェブサイトを容易に見つけることができるでしょう。しかしPCエンジンについては存在しなかったのです。私たちが始めるまでは……orotima-ku1.png

orotima-ku1.pngオロチ:真実はこれからの歴史が証明するってやつですか。なるほど立派ですね。志だけは。

PCE Works:我々の商品を見てください。ちゃんとロゴマークが入ってるでしょう。orotima-ku1.png

orotima-ku1.pngオロチ:そうか。あのマークはオリジナル品と区別をするためのものだったのか! ちゃんとした目的があって作ってるんですよというエビデンスとしての!?

PCE Works:まあ、そういうことですね。orotima-ku1.png


 何回かやりとりして私オロチは思った。

 やばい。彼ら、ちゃんと受け答えしてくれるし、まともなひとたちだ。これがドイツ人気質ってやつかと。しかしそれだけに、なぜこんなことをしているのか不思議なのだ。裁くつもりはない。理解できないからこそ理解したくて仕方ないのである。あくまでも追い求めるのは真実のみなのだから!

 そこで私はあの話題を振ってみた……


orotima-ku1.pngオロチ:そんな、あなたがたの商品が日本のオークションを荒らしまくってるのをご存知ですか?

PCE Works:……orotima-ku1.png


 果たして彼らの反応はいかに!?

 長くなるので今回はここまでにしておこう。後編では驚きの展開が待っているぞ。なんて煽ってみる(笑) 続きをお楽しみに!




 ※ 画像の使用にはPCE Worksの許諾をもらっています
このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/11/07 18:28 ] PCエンジン | コメント(25)
ブログパーツ

PCエンジンDUO入手もまさかの不良!! どうなってるの!?


 とある記事のためにPCエンジンDUOを探して名古屋のレトロゲーム街・大須へ。某店で動作品(裸)を入手したまでは良かったんだけど……

duo202.jpg

 家に帰って、いざ、電源ケーブルとAVケーブルをつないでも、ウンともスンとも言わない。

 よく見たら電源スイッチがONのままじゃないか!

duo201.jpg

 OFFにしようとしても硬くて動かず。

 かと言っても、動作してる様子もない。すぐに購入した店に電話したら「持ってきてくれたら対応する」とのこと。保障期間内だったのがせめてもの救いか。しかし貴重な休日がまたつぶれるのは痛い。こんなことなら買ったときに動作確認してもらうべきだった……



orotima-ku1.png動作品
 書いてあっても
  要チェック


このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/10/24 22:43 ] PCエンジン | コメント(12)
ブログパーツ

PCエンジン幻級ソフト『ハドソンコンピュータデザイナーズスクール卒業記念アルバム』の最終号が発掘される!!


 知る人ぞ知るPCエンジンの幻級ソフトであるハドソンコンピュータデザイナーズスクール(以下HCDS)『卒業記念アルバム』の平成6・7年度版が発掘された模様。

 平成6・7年度版は“最終号”とあるので、HCDS卒業記念アルバムは全4種類であることが判明した。

『平成3年度版』
『平成4年度版』
『平成5年度版』
『平成6・7年度版』


 これは間違いなくPCエンジン史に残る発見ですね……


20170627001316.jpg
 ※画像の使用許可を頂いています

『平成6・7年度 ハドソンコンピュータデザインスクール 卒業制作 最終号』を入手した(ど~もeagle0wlです(再))

 なんでも、当時の関係者から譲ってもらったとのこと。ただし卒業アルバムであるため、住所録がついていたので、それについては事前に抜いてもらったという。

20170627002650.png
 ※冒頭シーン「ドラッグ売りの少年」より

 記事では、そんな貴重なソフトのキャプチャー画像が惜しげもなく公開され、内容についても詳しく紹介されている。

 オーナーのeagle0wlさんによると、こちらのソフトを動作させるのにそうとう苦労したらしく、その原因はいわゆるCDの寿命問題だという。

 20170627031757.png
 ※卒業生が製作したSRPG『R 幻の軍勢』のワンシーンより

 PCエンジン CD-ROM2(1988年発売)のソフトは、すでに既に危険水域であり、とくに今回、入手したソフトはCD-Rに焼いたものだったため、非常に危うかったようだ。後半では、氏がこのソフトを起動させるまでの苦労エピソードがこと細かく展開されており、これはこれで勉強になります。


orotima-ku1.png当時の生々しい空気が伝わってくる第一級の資料ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/06/28 00:37 ] PCエンジン | コメント(6)
ブログパーツ

PCエンジンの幻級ソフト『ハドソンコンピュータデザイナーズスクール 卒業記念アルバム』が50万円で落札される!!


 これぞコレクターズアイテムって感じ。

sotugyouarubamu0.jpg
 ※サムネイル画像:ヤフオク!

 こちらのソフトはかつてハドソンが1991年に北海道で設立したゲーム学校「ハドソンコンピュータデザイナーズスクール(HCDS)」の生徒たちによる卒業記念アルバムです。つまりこのソフトを持っているのはこの学校を卒業した生徒だけということになります。

 内容は、オムニバス形式になっており卒業生の一人ひとりの作品が収録されているとのことです。何種類あるのか調べてみたところ少なくとも平成3年度版と、平成5年度版の存在は確認できました。

・平成3年度版
hadosonskuru02.jpg
 ※サムネイル画像:HardcoreGaming101

・平成5年度版
hadosonskuru01.jpg
 ※サムネイル画像:れとろゲーム懐古録

 そして今回が平成4年度版ですから、345とそろったことになりますね。これで全部なんでしょうか?



ゲームセンターCX PCエンジン スペシャル [DVD]
Happinet (2017-08-02)
売り上げランキング: 48

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/05/23 00:45 ] PCエンジン | コメント(3)
ブログパーツ

友人がPCエンジンの『ダンジョンエクスプローラー』をやるためだけに遊びに来たときの話


 先日、友人A、Bがうちへ遊びに来ました。

dannjonekusupurora01.jpg

 友人Aは会うたびに「ダンジョンエクスプローラーがやりたい」「ダンジョンエクスプローラーを見かけたら買っておいてくれ」と言っていました。なんでも、子どもの頃、毎日のようにやっていたという。すると先日、大須のMEIKOYAで見かけたのでゲットしておいたのでした。

 同ソフトは1989年3月4日に発売された見下ろし型アクションゲーム。その最大の特徴は5人同時でプレイできるという点であろう。

dannjonekusupurora02.jpg

 さっそく友人A、B、僕と3人でプレイしてみることに。プレイヤーキャラクターを選ぶと、ゲームは城下町のようなところから始まります。お城で王様から話を聞くと、本格的に始まるようです。時間にして3分~5分くらいでしょうか。「このくだり、毎回やらないといけないのか」聞くと、友人Aは「そうだ」と当たり前のように答えました。ただしパスワードが発行されるので、あとは続きからプレイできるとのことです。
 
 いよいよダンジョンへ向かいます。階段を降りるとき、なぜかグルグル回転するというレトロゲームならではの演出には愛しさすら感じます。

 主人公の職業は何種類から選べて、それぞれ使えるアイテムが違うそうです。このあたりの詳細や、操作方法などは、説明書がないとまったくわかりません。いい意味でこの「俺を理解してみろ」と言わんばかりのスタンス。古き良きって感じでステキです。
 武器は基本的に飛び道具なんですが、ななめに出せないので独特の間合いを取る必要があります。これをゲーム性と見るか。クソ要素と見るか。このゲームにおける大きな分岐点のひとつですね。

 友人Aいわく『ダンジョンエクスプローラー』を5人でプレイすることが夢だったと熱く語っていました。今となっては、まあまあハードルの高い夢だと思います。PCエンジン本体とソフト、マルチタップとコントローラ5個は正直、ちょっと頑張れば手に入ります。幸い、うちにも環境は整ってました。しかし最大のネックはプレイヤー集めですよね。
 アラフォー近い、いい大人が5人も集まってPCエンジン囲めるかというと、ちょっと想像できません(笑) 別に同じ世代じゃなくてもいいのですが、できれば気持ちを共有したいでしょうからね……

 しかしずっとプレイしてると、彼が一番最初に死んでしまいました。コンティニューを使い切ると容赦なく復活できなくなります。次に僕も後を追うようにゲームオーバーになってしまいました。結局、一番何の思い入れがない友人Bが生き残ってしまい、彼はおもむろにこんなことを言いました。

「これ、やめていい?」

 まあ、そんなもんです(笑) 友人Aは、我が家に遊びに来ることが決まった、この数週間、きっとわくわくしていたでしょう。彼はこんなことも言ってました。そもそも彼が持っていた『ダンジョンエクスプローラー』は友だちから借りパクしてたもので、あるとき、母親に全部、捨てられてしまったので返せなくなってしまったという。しかし数十年前、そのお友だちに久しぶりに会ったとき「返して」と言われたので(そのとき何らかの形で償いはしたみたいですが)、ずっと返したいと思っていたということです。そして、いつでも返せるように常に持ち歩きたいと……

 したがって僕は『ダンジョンエクスプローラー』を見かけたら必ずゲットして友人Aに譲ろうと思っていたのです。しかしどうやら彼は、期待が大きすぎたのでしょう。久々のプレイは全員ゲームオーバーになった時点で、あっさり終了。2回目はありませんでした。

 結局、その日――
 一番盛り上がったのは『ボンバーマン』だったのです。


【海外の声】ボンバーマン、まさかの美少女化…新作『ボンバーガール』は“HENTAI”扱い?
dannjonekusupurora03.jpg

 ボンバーマンが美少女化するそうですね。なるほど、いろんなところがいろんな意味でボンバーだ……

 話を戻しましょう。『ダンジョンエクスプローラー』やりまくるぞと息巻いてた友人も、結局は『ボンバーマン』で盛り上がってました。最終的に友人A、B、僕、長男、次男という5人での対戦となり(ダンジョンエクスプローラーは5人でやらなかったのに)、アラフォー近いおじさんたちが小1の長男にボコボコにされるという、なんとも情けない姿を晒して(笑)、その日のPCエンジン祭りは幕を閉じたのです。

 名作は、時代を越える。そして世代を越える。

 ゲームがただひたすら量産され、ただひたすら消費されていく流れになって久しい昨今。もしかしたら最初からゲームなんて、そんな存在なのかもしれません。しかし将来、息子が結婚して子どもができたとして、息子はその子どもと今のゲームをいっしょに遊べるのかな。そんなことを思うと少しさみしいような気がするのは僕がレトロゲーマーだからでしょうか……

ダンジョンエクスプローラー 【PCエンジン】
インテック (1993-08-06)
売り上げランキング: 27,551


 まあ、そんな流れについていけないからこそ僕はいつまでもファミコンやってるわけで、自分でも何を今さら感は否めないんですが(笑)、改めてそう思ったので書き記しておきます。
 友人Aが『ダンジョンエクスプローラー』を無事に返せることを祈りつつ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/02/17 14:09 ] PCエンジン | コメント(9)
ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに

このブログについて
twi8bit1.giftwi8bit1.gif


管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。