「レトロゲーム評は内容以外を語るべきでない論」について


◆レトロゲームのイベント性◆

 先日、SNSで「レトロゲームのレビューに内容以外の情報は要らない」という意見を見かけた。現在プレミアがついているとか、いないとか、そんなもん純粋なゲームの評価とは無関係というわけだ。たしかに最近、値段だけでレトロゲームを語たるようなコレクターがSNSで「いいね」と同時に「ヘイト」を集めているのが目立っているため、カウンター的に邪道扱いしたくなる気持ちはわからんでもないのだが、、、

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲーム評ということならば、あえて私は否定しよう。この令和時代にわざわざレトロゲームをプレイすること自体のイベント性を置き去りにしたレビューなど、少なくとも私には書けないのだ。なぜならゲームは体験だからである。

 かつて高田馬場ゲーセン「ミカド」池田店長がファミ通のインタビュー記事で以下のように語っていたことが想起される。

ゲームセンターのゲームって、
家を出た瞬間から冒険が始まっているんです。

 この令和の時代にわざわざレトロゲームをやるということは、押し入れの奥でほこりをかぶってる本体を引っ張り出した瞬間から、あるいはレトロゲーム屋へ足を運んだ瞬間から冒険は始まっているということだ。

 市場価格はそのイベント性のひとつだと考える。たとえば10万円するプレミアソフト(配信もしていない)をレビューしたところで、実際にプレイできるのはたまたま持ってたひとか、あるいは10万円をポンと出せる金持ちだけではないか。そのレビューを読んで興味をもったとしても10万円することがわかったら、読者はきっと複雑な気分になるに違いない。残念ながら我々が、お小遣いを握りしめながら通った近所のおもちゃ屋さんはもう存在しないのだから。ただしそのイベント性に言及しておけばそんな事態は防げるだろう。もしかしたら「いつかゲットしたい」と思う新たなコレクターを生むきっかけになるかもしれない。レトロゲーム高騰化が叫ばれる昨今であるが「プレミアソフトに憧れる気持ち」というのは誰にも踏みにじられるものではないはずだ。



◆客観的なレビューとは?◆

 もはや我々は令和に生きている。あの頃の熱狂に戻ることはできない。たとえば「良いゲームは記憶を消してもう一回やりたくなる」とはよく言ったものだ。いつまでたっても初恋が忘れられないように、我々は常にゲームプレイの初期衝動を追い求める。逆に言えばゲーム体験とはいかなる場合でも一度きりなのだ。したがって何度やっても同じ感想になるゲームなどありえない。誰がやっても同じ感想を抱くゲームなどありえない。つまりレビューとは元来、どうしても主観的にならざるを得ないものなのである。

 そういえば昔、とあるゲーム雑誌にレビュー原稿を送ったところ、編集部にこんなことを言われたことがあった。オロチさん、もうちょっと客観的に書いて下さい。客観的……だと……!?

famicomnohakonoe01.jpg

 客観的なレビューとは何だろう。小一時間考えたのだ。客観的な事実だけを並べた文章などレビューと言えるのだろうか。いや、それはただの紹介文だ。あえて乱暴な言い方をすれば、客観的な紹介文を求めるならば個人の文章よりゲームカタログ@Wikiを読んだほうがよっぽどいい。なぜなら客観性とは視点(書き手)が多ければ多いほど洗練されていくからだ。私は筆を止めそんなことを小一時間考えていた、、、

 ――結局、この問題はすべてのレビューを記名記事にすることで解決し、僭越ながら私はホッと胸をなでおろしたのだ。その雑誌が水を得た魚のようなレビューであふれることになったのは言うまでもない。



◆もっと歴史を語ろう◆

 改めて問おう。レトロゲーム評で内容以外を語るのは邪道だろうか。私はそうは思わない。むしろ我々はもっと歴史を語るべきである。歴史とは教科書に載ってる退屈な昔話のことではない。連綿と重ねられていく人間の所業そのものだ。あらゆるものは生まれた瞬間から歴史を重ねていく。この世に存在している以上、レトロゲームとて例外ではないだろう。

rekisi0.jpg

 レトロゲームの歴史は2種類ある。ひとつはゲーム内で経過した時間、プレイヤーが積み重ねていったプレイ記録としての歴史である(≒内容)。もうひとつはゲームそのものに流れる時間、それがいつ、どのように製造され、どのように流通し、どのように評価され、現代に至るのか、ゲームそのもののが積み重ねてきた歴史である。そこには個人の思い出も含まれるだろう。かつて日本全国のファミっ子たちが流した汗と涙が含まれるだろう。パッケージも付属品もそのゲームが辿ってきた製造の歴史である。市場価格もそのゲームが辿ってきた流通の歴史である。

 どっちみち歴史なのだ。
 邪道もへったくれもありゃしない。


 🐍🐍🐍


 ゲームはプレイしてなんぼ。内容ありきなのは言うまでもない。しかしながら上で述べてきたようにレトロゲームにおいては享受するスタイルの多様化に伴って、そのイベント性が無視できなくなって来ている。なぜならばゲームそのものが歴史を重ねてきているからだ。したがって私はその作品の魅力のすべて(あくまで主観ではあるが)を、内容だけで伝えることがどうしてもできないのである。こんな評価もあるよ、こんな歴史もあるよ、色んな角度から語りたくて仕方ないのだ。

 我々はそれでも絵空事のように、あの頃の熱狂のまま時間が止まった世界に生きているふりをしながら、白々しくレトロゲーム評を語らなければならないのだろうか。




orotima-ku1.png好みの問題もあるね

 
このエントリーをはてなブックマークに追加  

SNSでよく見られる「うるさいって声が一番うるさい現象」の正体


※これは2年前、諸事情によりお蔵入りしていた記事です。



 先日、ファミ通の「シューティング総選挙」(2017/7/6)の結果が発表され『ゴシックは魔法少女』が1位に輝いた。唯一エントリーしてたスマホゲームで、しかも美少女STGが往年のゴリゴリな名作たちを押しのけて優勝したということで賛否両論が巻き起こったらしいのだが、気になって調べてみたら実際はそうでもなかったんだよね。ほとんどが「賛」だったのだ。これは一体どういうことだろう?

 たとえば某匿名掲示板は皮肉や嘲笑が一番多かった一方で、ツイッターやブログではほとんどのひとが好意的な反応だった。せいぜい1位のタイトルに驚くくらいで、否定的なコメントはほとんど見られなかったのだ。賛でも否でもないコメントで多かったのは「○○が入ってない」っていういつものやつと単純に「1位のタイトルを知らない」っていう反応。ただし一番目立っていたのは「文句を言うな」系コメントだったんだよね。

 「スマホゲームが1位だなんて認めない」とか、「美少女ゲームが優勝なんてありえない」とか、文句言ってるやつがいるけど黙ってろ!みたいな、やけに攻撃的な声がやたら大きいのである、、、

monkuwoiuna1.jpg

 イメージ図にするとこんな感じ。

 どうやら「文句を言うな」って声がやたら大きいので、みんな、賛否両論が巻き起こってると勘違いしているらしい。いわゆる「うるさいって声が一番うるさい現象」ってやつだ。でも実際は「文句を言うな」って言ってるひとに対して、文句を言ってるひとが極端に少なったのである。このバランスの悪さは何だと思う?

 考えられるのは「文句を言うな」と言ってるひとたちの中に本当は文句を言いたいひとが紛れ込んでいるんじゃないかということだ。

 今の時代、ストレートに自分の意見をぶつけるとすぐにいろんな弊害が起こるじゃない。とくに、何か気に食わないことを感情的に批判した場合がひどい。SNSには「感情的に批判してるひとは叩いていい」という暗黙の了解でもあるのか、誰でもいいからボロクソに叩きたい軍団がどこからともなく湧いてきて「お前が悪い」の大合唱ですよ。過去のブーメラン的な言動を探してきて「ダブスタ!ダブスタ!」指摘するのもお決まりのパターン。私も何度か経験してるからね。情熱に筆を任せて自分の気持ちをストレートにぶつけたエントリーなんかは、だいたいコメント欄が大炎上ですよ。何なんだろう、あの現象(笑) 

 みんなピリピリしてるのかな。よくわからんけど、そういう時代になっちゃったんだから受け入れるしかないよね。だったら一番安全なのは自分が言いたいことを架空の誰かの意見ってことにしちゃうことなのだ。架空の誰かの意見にしてしまえば、言いたいことはいえるし自分に矛先が向くこともない。あとは白々しく「黙ってろ!」とか批判しておけば完璧やん。やたら攻撃的なのは相手が自分だからかな。100パーセント反撃されないもんね。

 でもさ、言いたいこと言うのにいちいちウソつかなきゃいけないなんて、なんとも悲しいテクニックだよな、、、



orotima-ku1.png過去の未掲載記事を漁ってたら
出て来たので挙げてみました。
とくに他意はないです。
「何を今さら」は禁止だぞ!



このエントリーをはてなブックマークに追加  

レトロゲーム界隈にはびこる「知らない=恥ずかしい」という風潮


◆きっかけ◆

 弊ブログの一行ニュース記事で私はよく「知らなかった」とか「初めて見た」とかわりと気軽にコメントをするのだけど、たまに「そんなことも知らないのか」「モグリじゃねえか」「ニワカ野郎」などとバカにされてしまうことがあるのだ。あのねえ。ちょっと待ってくれよ。こちとら20年以上も「ファミコンしかやったことない日本最後のファミコン少年」ってことでやって来たんだよ。最近、やっと他ハードにも手を出し始めたズブズブの素人だぞ。君らがとっくに体験したことを、40過ぎた子持ちのおっさんが、この令和の時代に目キラッキラさせながら追体験してる途中なんだよ。楽しくて仕方ねんだよ!(笑)

 と言いたい気持ちを抑えつつ(結局言ってるじゃないか)、本当のことを言うとね、私が知らないことを「知らない」と書くようになったのには、ちゃんときっかけがあるのだ。

 それは今から5、6年前、私と同じくらいのコレクター歴の人物A氏(仮名)がtwitterで、どちらかというと彼の得意分野だった事柄に対して「知らなかった!」なんて嬉しそうに呟いているのを見かけたことだった。私はそのとき、どういうわけか何だかすごくかっこいいなと思ってしまったんだよね。だって黙っていればいいじゃない。彼くらいのベテランコレクターなら、最初から知ったような顔して黙っていれば済む話なのに、なんでわざわざ「知らなかった!」なんて呟くかね。しかも嬉しそうにさ、、、



◆ペロピダスの言葉◆

 古代テーバイの将軍ペロピダスは、とある戦で絶体絶命のピンチに陥ったとき、平然とこう言い放ったという。

 兵士「将軍、たいへんです!」
 将軍「どうした?」
 兵士「敵の大軍に囲まれてしまいました!」
 将軍「それは良かった……」
 兵士「!?」
 将軍「たくさんの敵を倒せるではないか」
出典:雄鶏社「相手を唸らせる言葉の魔力(パワー)」

 何言っとんだ、こいつ、、、
 たぶん私が兵士だったならそう思っただろうけど(笑)、考え方としてはシンプルで応用性がある。つまりペロピダスの論法を借りるならば「知らないことが多い=たくさん知ることができる機会」なんだよ。「喜び」と表現してもいい。そう考えると、ベテランコレクターA氏も周りからバカにされるリスクよりも先に、知らなかったことを知ることができた喜びでいっぱいになったのではあるまいか。

 いや、彼のことだ。おそらくそんな打算的なリスクすらこれっぽっちも考えてないだろう。そうなんだよ。ベテランコレクターA氏はただただ己のコレクター道にひたむきなんだよ。私はきっとそんな彼の生き様にシビれたんだろうな。




◆誰もが最初は未プレイ◆

 それからというもの私は知らないことは堂々と「知らない」と書くことにした。やったことないソフトは変に知ったかぶりなどせず潔く「未プレイ」と書くことにしたのだ。逆に言えば「知らない」とか「未プレイ」とか堂々と言えない界隈なんてロクなもんじゃないよ。

moguniwa0.png

 そういう「バカにする勢」が大きな顔している限り、そのジャンルに未来はないとすら思うのだ。だから私はこの「知らない=恥ずかしい」という風潮をぶっ壊したい。声を大にして叫びたいのだ。「知らないこと」は「恥ずかしいこと」なんかじゃない。むしろ「喜び」なんだってね、、、

 関連記事:積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと




orotima-ku1.png初心忘れるべからずですよ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由


◆数億円もする現代アートの謎◆

 デ・クーニングやジャクソン・ポロックなどの作品が、海外のセレブによって何億円というとんでもない値段で落札されたというニュースを時々耳にする。よっぽど素晴らしい作品なんだろうなと思って見てみると、それらの多くは“現代アート”というワケの分からん抽象画で、とても数億円するなんて思えない代物だったという経験はないだろうか?

pollock_indian_red_ground_2019030716214330f.jpg
 ※ジャクソン・ポロック「インディアンレッドの地の壁画」1950年 テヘラン現代美術館

 だが安心してほしい。我々のような一般庶民にそれらの価値がわからないのは、美術的素養がないからでも、感受性に乏しいからでもないらしいのだ。辛美沙著「アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて」によると、これらの作品の多くは価格が高いこと自体に価値がついているとのことである。

 私はこの言葉にハッとしたのだ。



◆あんなもん金持ちの投資だよ、、、◆

 そういえば美術教師やってる友人に聞いたことある。

 ――もちろん中には本当に素晴らしい作品もあると思う。見るひとに衝撃を与え、そいつの人生さえも変えてしまうような作品もあるだろう。でも、そういう“純粋な素晴らしさ”だけで何百億っていう法外な値段になるのは疑問だ。熱弁する私に彼は一言、こう放ったのだ。

 あんなもん金持ちの投資だよ、、、

教養としてのアート 投資としてのアート


 2017年、ZOZOの前澤友作氏がバスキアの作品を123億円で落札したニュースは記憶に新しい。彼のように事業をやっている人間ならニュースになることで自社の宣伝にもなるし、所有することでステータスにもなる。また、2015年年1月1日より施行された美術品にかかる減価償却資産制度の是正により、美術品購入が節税につながりやすくなったとも聞く。

 つまり一見、意味不明で理解しがたいこうしたセレブたちの行動は一石何鳥ものメリットがある理にかなった金の使い方だったというわけだ。



◆高額ソフト買う太郎◆

 さて、ここからは急にスケールが小さい話になってしまって恐縮だが我々にとっては大きな話。レトロゲームの高騰化だ。ここ10年でレトロゲームの価格はびっくりするほど高くなった。その原因としてレトロゲームも「価格が高いこと」自体に価値がつくようになったからではないかと私は考えているのだ。

 そうなると必然的に目立ってくるのは価格が高いこと自体に価値を感じるコレクターの存在である。ツイッターなどSNSを覗いてみるとその傾向がすぐわかるのだ。とにかく価格の高いものを買いまくり「戦利品」と称して床に並べてるだけの写真が人気を集めているのである。それが何を意味するかと言うと、つまりレトロゲームに対して同じような価値観をもった人間が増えているということだ。

sdがkjgsだlkgj
 ※イメージ図


 一方で、このような戦利品ツイートはまったく真逆の反応(ヘイト)も集めている。
 
 そりゃそうだ。価格に価値を見出しているなら、何もゲームじゃなくたっていいじゃないか。極端な話、そのへんの石ころだっていいわけだ。純粋にゲームをゲームとして楽しんでいる層には面白くない現象なのは想像に難くない。(ちなみに私はどっちの立場でもない)

 しかし実状はどうだろう。実際の話、界隈には「将来高くなりそうだから」という動機でレトロゲームを買うコレクターは少なくない。そこには単純に「いつか手に入れて遊びたいけど今買わないと買えない値段になってしまうので」という切実な事情もあるにはあるのだが、かつてその価値観にはまったく別の事情が内包されていたように私は思うのだった。



◆モノサシはひとつじゃない◆

 今から数10年前――
 ファミコンやスーファミがゴミクズのような値段で売られていた時代、コレクターにとって推しソフトに「いい値段がつく」ということは自分の目利きを確認する作業でもあったのだ。下手したら値段すらついていなかったようなものが店頭に並べられるようになったとき、なんだか自分がそのジャンルを開拓したような気になれたものだ。

 関連記事:「ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について」

 したがって「価格」という名のモノサシは一概に悪いものではないと私は主張したい。大切なのは「モノサシはひとつじゃない」ということだ。多様な価値観をもった人間がそれぞれのモノサシを持ち寄ることによって、まったく新しい価値観を創造していくことこそ、レトロゲーム界隈にとって理想のサイクルなのではないだろうか。



orotima-ku1.pngレトロゲーム高騰化は売る側にとっても
歓迎すべき流れではないって聞くね。
価値が認められるのは嬉しいけど、
なんとかならないものか、、、



このエントリーをはてなブックマークに追加  

レトロゲームの「ダンボール保管による劣化・変色問題」について


ダンボール劣化変色


◆ダンボールは危険!?◆

 皆さんはゲームソフトをどのように保管しているだろうか。ダンボールに詰め込んで保管しているコレクターは多いと思うのだが、過日、そんな界隈を震撼させるツイートが話題になっていた。


 なんと、ダンボールによる保管はコレクションの劣化・変色を促すというのだ。果たしてそれは本当なのだろうか?
 


◆ダンボールは劣化促進箱◆

 WEB調査を開始するとさっそく該当するページがいくつか見つかったので、その主張をまとめてみよう。

ダンボール箱に入れて影響を受けないモノはほとんどありません。紙、写真、衣類、プラスチック、貴金属、鉄などほとんどが劣化を招きます。

 なに、ほとんどのものが劣化するだと!?

 こちらの記事によるとダンボールの原料には酸が多く含まれており、その酸が徐々に箱のなかに浸透していき酸性化していくという。その原理は「酸性雨」と同じなんだとか。穏やかじゃないな、、、

ダンボール紙には、この黄ばみ成分と呼ばれるリグニンが大量に含まれており、空気やモノの黄ばみを引き起こします。

 おのれ、リグニンめ~!

 リグニンは木材の中に20~30%ほど含まれており、繊維同士の接着剤の役割を果たしている物質である。紫外線を吸収してしまうため木材の劣化・変色の原因のひとつと考えられているという。当然木材(パルプ)が原料になっているダンボールにも大量に含まれているわけだ。

アイリスオーヤマ ダンボールボックス DB-M1×10

 でもちょっと待って。だとすると劣化するのはダンボールのほうであって、詰め込まれてるレトロゲームは関係なくね?

実は、ナイロン樹脂が黄色く変色するのは、紫外線による「黄変」以外に、ダンボールなどの紙に含まれる『リグニン』が揮発し、表面に吸着されることで「黄変」することもあるのです。

 え、リグニンって揮発するの?
 揮発するってことはエアブラシみたいなもんだよね。相手がナイロン樹脂だろうがレトロゲームだろうが、大差無いわけだ。
 
段ボールケースなどに繊維製品を直接入れたりあるいはポリ袋に入れて保管しているあいだに黄変することがあるが,これはバニリンなどリグニン分解物が繊維製品に移行し,酸化窒素ガスなどの存在下で黄変物質が生成したものである.。

 マジか、、、
 ポリ袋に入れても無駄なのかよ。
 リグニン最低だな!



◆その他の有害物質◆

 しかしどうやら悪さをするのは、何もリグニンだけではないらしいのだ。

梱包材から発生する硫黄ガスを分析したところ、流加カルボニル、硫化水素、二硫化炭素の発生が認められた。

 おいおい、なんか、、、
 「リグニンは我ら四天王の中でも最弱」
 みたいなやつらが出て来たぞ!

 しかもこれらの有害物質は衣料や紙製品だけでなく、「ナイロン」「鉄」「メッキ製品」までも劣化させてしまうのだという。まるで毒のドラゴンブレスやん。

ダンボールに関しては、箱内に保管されていた塩化ビニル部品が変色した事例もあります。これは塩化ビニル中の金属系安定剤が還元性硫黄により硫化物となったためです。

 塩化ビニルも逝ったー!
 いわゆる塩ビってやつだよね。ゲーム機がどんな物質で作られているのか知らないけどさ。プラスチック製品は絶望的ってことかな?

ボックスバンク ダンボール 引っ越し 段ボール箱 160サイズ 5枚セット【55×55×40cm】 FD22-0001 強化材質

 さらにこの資料では、長期間ダンボールで保管していた精密電子機器で故障が頻発した事例が報告されている。どうやらダンボールから発生する還元性硫黄(かんげんせいいおう)ってやつが銀メッキされた接続端子を腐食したらしい。

 ゲーム機なんてまさに精密電子機器やん。
 終わったなこりゃ、、、

梱包用の段ボールやクラフト紙の硫黄含有量は 5~26ppm もあり、H2S、S8、CH3SH などの還元性硫黄ガス成分が発生する。

 これも専門的な機関が発行しているPDF資料が出典なので間違いないだろう。ダンボールさん、もはや有害物質のバーゲンセールやないかいっ!



◆カビ&虫&風水◆

 さらに追い打ちをかけるようなことを言うと、ダンボールは湿気を含みやすく、カビや細菌にとってはとても好ましい環境をつくってしまうんだとか。またそれ自体が温かく隙間も多いためGにとっては快適な住処であり、新居にGが発生するよくある原因は「ダンボールに卵が付着していること」なんだってさ。

 おいおい。勘弁してくれよ、、、

ボックスバンク ダンボール 引っ越しセットS プチプチ付 ●ダンボール箱(大・中)15枚、プチプチ、クラフトテープ ZH07-0015-a 段ボール箱

 しかもダンボールはダニやノミにも人気の高い物件であり、よくダンボールで本棚とかつくってるひともいるが、あれはダニを飼っているのと同じだという話もある。たしかにダンボールって気軽に工作できるんだけど、虫が寄り付きやすいのかあ。

 とくに古い住宅の1階は要注意なんだとか。

あまり科学的ではありませんが、風水ではダンボールは部屋の運気を吸いとってしまうとして玄関や部屋に置くのはNGとしています。

 とうとう、風水とか言い出してるし、、、

ボックスバンク ダンボール 引っ越し(段ボール箱)160サイズ 5枚セット 中敷き板付(2つ折り配送) FD02-0001 強化材質

 風水的にいうと「木の気」をまとっているダンボールは古くなると湿気とともに悪い気を吸収してしまうという。したがってダンボールをとっておくこと自体が良くないらしい。理論はともかく、たしかにダンボール自体とっておくようなものじゃないよね。

段ボールも基本的には1回運べば捨てられるんですよね。(中略) 段ボールの中性紙化なんて誰も望んでいないわけです。 

 まあ、そうなんだよ。

 ダンボールってあくまでも物を運ぶための梱包材なんだよなあ。個人的には、化学物質どうこうっていう小難しい説明より、そもそもどういう用途でつくられてるかって話のほうがしっくりきたわ。



◆結論◆

 結論としては「ダンボールはそもそも保管箱じゃない」ってところかな。結局は!

 それでもどうしてもダンボールを使用しなければならない場合は、物品とダンボールを直接触れさせないようにすることが大切なようだ。ファミコンなり、その他レトロゲームなりを何か密閉できるようなケースに入れてから保管すれば良いらしいね。気になるひとは対処してみてね。


ファミコンハードカセット収納ポケット FC/MD



orotima-ku1.pngレトロゲームの保管は永遠のテーマ


このエントリーをはてなブックマークに追加  
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。