高橋名人がファミコン名人として活躍したのは「たったの2年間」という衝撃


 こちらの記事の見出し「ファミコン神・高橋名人も登場!!」を見てふと思ったんですよ、、、

『昭和40年男』の兄弟誌、1975年生まれの男性に贈る『昭和50年男』創刊! ファミコン神・高橋名人も登場!!:時事ドットコム(リンク不可)

 ご存知、高橋名人はゲームメーカーの一社員でありながら、1985年に始まったハドソン全国キャラバンで『スターフォース』のお手本プレイを披露するや否や、その華麗なコントローラさばきや異常なほど速い連射でファミっ子たちの心を鷲掴みにしました。彼のファミコン名人としてのキャリアはそこからスタートします。それからは嵐のようなファミコンブームに乗って歌を出すわ、映画に出るわの大活躍。一躍、時の人となったのでした。

 しかし1987年にPCエンジンが発表されると、本来のハドソン営業職に専念するため「ファミコン名人」としての活動を封印し、メディア等の露出を控えるようになったんです。それは説明するまでもないですがファミコンのライバル機種となるPCエンジンを売らなければならない立場だったからですよ。あえてご語弊を恐れずに極端な言い方をするならば、彼はある時期からファミコンの反対勢力となったわけです。なんともセンセーショナルでドラマチックな展開じゃないですか、、、

takahasisikujiri02.jpg
※映画「GAME KING 高橋名人vs毛利名人」の有名なシーン

 そう考えると高橋名人がファミコン名人として活躍したのは2年間だけだったんです。たったの2年間ですよ。衝撃ですよね。彼の残した偉大なる功績を考えると、それはあまりにも短かったと言わざるを得ません。そんなファミコンブームを牽引してきた男がある日突然ライバル機種「PCエンジン」の宣伝マンになったのですから、今思うとルイス・フィーゴがバルサから宿敵レアルに電撃移籍したぐらいの大事件だったはずです。にも関わらず不思議なことに当時、小学生としてハナを垂らしていた私にはそこまでの印象がないんですよね。思えば、例のデマ騒動(逮捕説/死亡説)があったのは、PCエンジンが発売される前年の1986年のことでした。逮捕説や死亡説が流れるということは、その頃にはすでに名人の活動がピークを過ぎていた可能性が高いのです。もしかしたらすでに活動をセーブしはじめていたのかもしません。

 おそらく現実はそこまでセンセーショナルでも、ドラマチックでもなかったのでしょう。ファミコン名人を名乗らなくなってからの高橋名人は、そこまで露骨にPCエンジンの最前線にはいなかったですし、その後もファミコンでは『高橋名人の冒険島』シリーズは続いてました。そもそもハドソンは早いうちからコロコロコミック専属メーカーみたいな売り方をしており、ファミマガやファミ通など他誌で大々的に新作特集が組まれることも、広告以外で高橋名人が出てくることもなかったのです。改めて思えば子ども心に違和感のようなものがありましたね。逆に言えばもともと他社とは一線を画すイメージが当時のハドソンにはありました。したがって、新しいハードを出すといったところで、いい意味で「へーえ」ぐらいの話でした。少なくとも「ゲームハード戦争勃発じゃあ!」みたいな感情はありませんでしたね。あくまでも当時ハナを垂らしていた素朴な小学生の印象です(笑)

 何はともあれ、こうして30年経った今でも「ファミコン神」と呼ばれる強烈なイメージを残した高橋名人が、偉大な人物であることに変わりありませんし、そんな濃厚な2年間をファミコン少年として共に過ごすことができた奇跡に感謝の気持ちでいっぱいです。



orotima-ku1.png正直「ファミコン神」とは呼ばれてなかったけどね



(153)高橋名人のゲーム35年史 (ポプラ新書)
高橋名人
ポプラ社
売り上げランキング: 248,481

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2019/10/12 09:33 ] 高橋名人 | コメント(6)
ブログパーツ

「クソゲー」という言葉の起源は、みうらじゅん? 高橋名人? という記事について気になったこと 他


<ニュース>
セガ:メガドライブ復刻版の発売延期 2019年に - MANTANWEB(まんたんウェブ)
 何かのタイミング待ちかな

【インタビュー】MAGES.&エムツー、ファミコレADV「シュタインズ・ゲート」インタビュー - GAME Watch
 なんだかファミコンを追求しすぎてファミコンよりもファミコンっぽくなってるような(笑)
 この現象の名前、何ていうの?


任天堂の新キャラ「キノピーチ」は何者なのか?キノコ族から人間へと変異し生まれた謎のキャラにコミュニティは混乱 | AUTOMATON
 海外のひとはこういうネタ好きだよなあ

<任天堂>
「最も信頼できる」250社リスト、日本のトップは任天堂 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
 信頼とは何か

<NEOGEO>
NEOGEO miniでPS4やPS3用のアケコンやゲームパッドを使えるようにする変換アダプターが発売 - 4Gamer.net

【NEOGEO mini用】 スーパーコンバーター (PS4/PS3用コントローラ対応) - NEOGEO mini
コロンバスサークル (2018-11-30)
売り上げランキング: 2


<コラム>
「クソゲー」という言葉の起源は、みうらじゅん? 高橋名人? 徹底的に探ったら、意外な人物やあの雑誌が急浮上!

 読み応えのあるすばらしい記事。こういう調べものは本当に骨が折れる作業だと思います。それと同時に楽しいのだけど。



 さて、気になった点がひとつだけ。記事ではクソゲーの起源に関する高橋名人の発言について著書「名人はキミだ!」を典拠に論が展開されているわけですが、以前、高橋名人にお会いして同著について伺ったとき、さらっと衝撃発言をいただいたことがあったのを思い出したのですよ。

 名人曰く、ぶっちゃけ「ほぼ俺は書いてない」ってさ(笑)

takahasimeijinha0.jpg
 ※実際に書籍に登場する「クソゲー」の様子

 当時、人気アイドル並みに忙しかった名人に文章を書く時間などまったくなかったそうです。その内容のほとんどは外部ライターが勝手にイメージして書き上げたんだとか。いわゆるアイドル本というやつですよ。かの松本伊代は自身の著書についてインタビューされたとき「まだ読んでません」と答えたんだとか。まあ、そんな話はいいや。
 したがってリンク記事の中で名人がどうやってクソゲーという言葉を知ったのかという考察が丁寧に展開されているわけですが、そもそも、そんなこと本人はまったく感知してなかった可能性が高いよ、、、って話。

 ただ、今回の場合、ご本人でないにせよクソゲーという言葉を聞き知った(つまり起源ではない)人物が書いたことには変わりないので論旨的には問題ないと思います。そういうパターンもあるということ。私自身、改めて留意しておきたいなと思った次第です。


<オークション>
・ジョイカードmkII サンスイバージョンが3万越え!!
joikadosansui01.jpg
joikadosansui02.jpg
 ※★新品未使用★HUDSON ハドソン★ファミコン専用 連射ジョイカード コントローラー★JOYCARD mkⅡ(G-0606-1)

 いやいや、ビックリしたよ。まさかこれほどまで行くとはなあ。



orotima-ku1.png とくになし!

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2018/09/19 13:01 ] 高橋名人 | コメント(2)
ブログパーツ

高橋名人が語る「PCエンジン」にまつわる4つの謎


 我らが高橋名人が自身のブログ「16連射のつぶやき」にて、PCエンジンについてのエントリーを立て続けに更新している。

PCエンジン その1
PCエンジン その2
PCエンジン その3
 ※ものすごくどうでもいいことだけど、その2の「PC」だけ半角になってるよ!

(153)高橋名人のゲーム35年史
 ※こちらは7月10日発売の名人の新刊(Amazonリンク)

 さっそく、この3記事の中で気になる部分を「謎」という切り口でいくつかピックアップさせてもらおう。



◆ローンチタイトルの謎◆

 PCエンジンのローンチタイトルは『ビックリマンワールド』と『上海』の2本。

 しかし『ビックリマンワールド』に関しては振られているナンバーが「Vol.2」となっており、『上海』に至っては「Vol.4」となっている謎について名人は以下のように説明している。

PCEronti01.jpg
 ※こちらはオロチ所有の2本

PCエンジンのハドソンのゲームタイトルには基本的に発売順が分かる様に、さいしょからナンバーを振り分けていたのですが、ローンチタイトルから、それが崩れてしまいました。というのは、この流れだと、最初の発売はVol.1の「THE功夫」とVol.2の「ビックリマンワールド」の予定だったのですが、発売直前になって、THE功夫のバグが見つかってしまったのです。それは、致命的なバグであったため、発売を遅らせる必要がありました。
しかし、PCエンジンの発売日は遅らせるわけにいきません。またローンチにタイトルを1本にするわけにもいきませんので、発売を繰り上げる事が出来た、Vol.4の「上海」をローンチに持ってきたのです。

 ちなみに番号を振り分けていたのは高橋名人自身だったという。



◆『青いブリンク』が無番の謎◆

 続いて名人は、1990年4月27日、ハドソンより発売されたアクションゲーム『青いブリンク』について、いかのようなエピソードを披露している。

aoibu01.jpg
 ※オロチ所有のやつ

 この中の「青いブリンク」には、ボリュームナンバーが付いていません。最終発売はハドソンになったのですが、作業が続いている間、発売は別なところで進んでいたからです。ただ、最終的にハドソンからの発売になった時点で、ボリュームナンバーを付ける事は出来なかったのですが、ハドソンのHuCARDである事は間違いないので、Vol.26を欠番扱いにして、社内のリストでは「Vol.26=青いブリンク」としたのです。

 本作はもともとNHKで放送されたアニメ作品だったようだ。いろいろ権利的な事情があったのだと推測される。



◆マニアックプロレスの謎◆

 次は1990年4月27日、ハドソンから発売された『マニアックプロレス』のパッケージについて。

maniakkupuro1.jpg
 ※オロチ所有

 「マニアックプロレス」ですが、このパッケージイラストは、特別な感じがしませんか? というのは、最初は開発側で、パッケージイラストを用意するという事で作業を進めていたのですが、入稿2日前に届いたイラストは、企画や営業の意見としても、使えそうな感じでは無かったのです。そこで担当者であった北出君が、一晩で書いた物なのです。

 躍動感ある筆致だなあ、とは思っていたが、たしかに言われてみると、この妙に白いパッケージにそこはかとない違和感があった。一筆書きならぬ、一晩書きだったとは……



◆Vol.48欠番の謎◆

 続いて、ハドソン製PCエンジンソフトに存在する欠番について。

そしてボリュームナンバー48は、本当に欠番となっています。49が新冒険島なのですが、47と49の間が半年空いているので(HuCARDの場合です。CD−ROMでは6タイトル出てます)絶対になにかのタイトルが動いていたはずなのですが…。



 この謎について名人は以前にもツイートしており「発売中止になった『RPG原人』では?」というコメントが寄せられていたが、名人、ツイートの返信、見てないのですか……

 ともかく、エントリーでは他にも様々な興味深い話が語られてる。興味があるひとはチェックしてみてくれい!

 出典:高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」Powered by Ameba



orotima-ku1.png次の更新が楽しみだ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2018/07/05 08:58 ] 高橋名人 | コメント(0)
ブログパーツ

7月12日発売!! 「高橋名人のゲーム35年史」ファミコン時代から現代まで名人が語る歴史と裏側!!


 何やら名人が本を出版される模様。

(153)高橋名人のゲーム35年史
高橋名人
ポプラ社

 テレビゲーム界のレジェンドが書く、ファミコンから現代のスマホゲームまでゲームの歴史と裏側
 ※出典:高橋名人のゲーム35年史(仮) 【ポプラ新書】/高橋名人 本・コミック : オンライン書店e-hon

 それにともなって出版記念イベントが7月25日、ロフトプラスワン(たぶん新宿)で開催される予定とのこと。



orotima-ku1.pngとうとう名人が動き出したか……

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2018/06/29 11:20 ] 高橋名人 | コメント(1)
ブログパーツ

限定40個「高橋原人とハニーちゃんのピンズ」が販売中!!


 高橋名人オフィシャルブログにて「高橋原人とハニーちゃん」のピンズの販売が開始された模様。

高橋名人『ピンズ、ちょっと売ります』 以下引用。

 今回は、私が個人的に使うために追加で作ったのですが、最低ロットを作らなければイケなかったので、40個くらいを、欲しい方に販売しようと思います

 限定40個とな。




 価格は、謎の店で販売した時の価格の2500円となります。消費税は要りませんし、発送も郵送にするのでサービスね(w

 気になるひとはリンク先をチェックだ!



orotima-ku1.png 限定品マニアはLet's go!!

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2018/02/08 15:38 ] 高橋名人 | コメント(3)
ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。