2020年3月19日発売決『PCエンジンミニ』収録50タイトルが発表される!!


 PCエンジンミニの発売日・価格・収録タイトルが発表された模様。

XN7YNSFf.jpg

●PCエンジン

pcemini01.jpg

『THE 功夫』
『邪聖剣ネクロマンサー』
『ファンタジーゾーン』
『あっぱれ!ゲートボール』
『ネクタリス』
『ダンジョンエクスプローラー』
『ニュートピア』
『PC原人』
『イースⅠ・Ⅱ』
『スーパーダライアス』
『スーパースターソルジャー』
『大魔界村』
『オルディネス』
『ニュートピアⅡ』
『グラディウス』
『スーパー桃太郎電鉄Ⅱ』
『忍者龍剣伝』
『スターパロジャー』
『SNATCHER』
『グラディウスII -GOFERの野望-』
『超兄貴』
『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』
『ボンバーマン'94』
『ときめきメモリアル』
『ボンバーマン ぱにっくボンバー』
『銀河婦警伝説サファイア』

●TurboGrafx-16 

pcemini02.jpg

『ALIEN CRUSH』
『VICTORY RUN』
『BLAZING LAZERS』
『NEUTOPIA』
『DUNGEON EXPLORER』
『R-TYPE』
『Moto Roader』
『POWER GOLF』
『Ys book I&II』
『NINJA SPIRIT』
『J.J. & JEFF』
『SPACE HARRIER』
『MILITARY MADNESS』
『CHEW-MAN-FU』
『PSYCHOSIS』
『BONK'S REVENGE』
『PARASOL STARS』
『CADASH』
『NEW ADVENTURE ISLAND』
『AIR ZONK』
『NEUTOPIA II』
『SOLDIER BLADE』
『LORDS OF THUNDER』
『BOMBERMAN '93』



 価格は1万500円(税別)。

 発売は2020年3月19日でAmazonプライムデーにて限定特典付きで予約販売を実施するとのこと。




Amazon.co.jp: 【プライムデー記念発売】PC Engine mini
m.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8">



orotima-ku1.pngセガさんと違ってえらいあっさりやな!


このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2019/07/12 14:51 ] PCエンジン | コメント(15)
ブログパーツ

【速報】「PCエンジン ミニ」が正式発表される!!


 ついにこのときが来た!

pcenjinmini002.jpg

 ついさきほどコナミがE3 2019のTwitch配信において「PCエンジンミニ」のリリースを発表しました。

 さっそくTwitterでプロモーションビデオがアップされています。




 ひとまず現時点でわかっている収録タイトルはこちら。

※プロモより
・スーパースターソルジャー
・ザ・功夫
・PC原人
・悪魔城ドラキュラX 血の輪廻
・イースI・II
・ダンジョンエクスプローラー

※北米向け発表より
・R-TYPE
・高橋名人の冒険島
・最後の忍道
・イースI・II
・ダンジョンエクスプローラー
・エイリアンクラッシュ


 最近、PCエンジンは海外で大コケしたからミニが出ることは無いっていう話をチラっと見かけて「そうなんだあ、残念だなあ」と思っていたところなので、余計に嬉しい一報です。詳細はわかり次第、お伝えします。



orotima-ku1.pngメガドラミニの発表が終わったら今度はPCエンジンミニ。タイミング狙ってたよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2019/06/12 10:04 ] PCエンジン | コメント(13)
ブログパーツ

レトロゲーム系網羅本について思うこと 『PCエンジン&PC-FXパーフェクトカタログ』 2月26日発売


 また出るん?

001.jpg

 メガドライブ、ゲーム&ウオッチ、ゲームボーイ、アーリーセガに続く好評シリーズ「パーフェクトカタログ」の最新刊が登場!とのことです。ああ、このシリーズPCエンジン出してなかったんだ。しかしPCエンジンの網羅本ってもうすでに2,3冊出てたよね。その差別化としての+PC-FXってことかな。さすがにPC-FX一本じゃきついから。

 しかしこのシリーズといえば前回のアーリーセガにたくさん間違いがあったらしく(ゲームギアのことをゲームボーイと誤植したり)その処遇が待たれている状況。どうするんだろう。このまま突っ走るのかな、、、


PCエンジン&PC-FXパーフェクトカタログ (G-MOOK)

 以下プレスリリースより内容紹介。

内容紹介
Chapter1:PCエンジンハード大研究
PCエンジン
PCエンジンスーパーグラフィックス
PCエンジンコアグラフィックス/?
PCエンジンシャトル
PCエンジンGT
PCエンジンLT
PCエンジンDuo/Duo-R/Duo-RX
レーザーアクティブ
CD-ROM2/スーパーCD-ROM2
その他周辺機器、関連ハードなど

Chapter2:PCエンジンソフトオールカタログ
日本国内で発売された664タイトルを発売日順、パッケージおよび画面写真付きですべて紹介

Chapter3:PC-FXハード大研究
PC-FX
PC-FXGA
その他周辺機器、関連ハードなど

Chapter4:PC-FXソフトオールカタログ
日本国内で発売された62タイトルを発売日順、パッケージおよび画面写真付きですべて紹介


 気になったのはPCエンジンのソフトの総数を664としているところですね。私が調べたところによるとPCエンジンの総数はファミコンほど定説がなく、資料によってバラバラなのが現状なんです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。


 参考記事:なぜ「PCエンジン」全タイトル数は資料によってバラバラなのか問題



 ためしに今まで出版されたPCエンジン網羅本を見てみましょう。

PCエンジンコンプリートガイド

 『PCエンジンコンプリートガイド』
 オロチのおすすめ。というかこれしか買ってない。この本には総数が乗ってなかったので手動で数えたら646本。地味にタイヘンだったよ(笑)


PCエンジン コンプリートコレクション 〜名作からクソゲーまで〜 (マイウェイムック)

 『PCエンジン コンプリートコレクション 〜名作からクソゲーまで〜』
 総数が表紙にかいてある本は助かります。総数650本。


懐かしゲーム機大百科 総力特集:PCエンジン完全ガイド

 『懐かしゲーム機大百科 総力特集:PCエンジン完全ガイド』
 総数658本。



 ね、バラバラでしょ?(笑)

 どうしてこんなことが起きるのかというとPCエンジンのソフトには、辞典系(2種)、ウルトラBOX系(6種)、カラオケ系(10種)、システムカード系(6種)、天の声、アーティストツール、書店流通系などなど、どこで線引きしていいのかっていう微妙なポジションのソフトがいくつかあるためです。
 詳しくはさっきリンクした記事で述べています。ちなみに線引きというのはカウントしないという意味ではありません。それらの微妙なソフトたちは周辺機器扱いなっているなど別カテゴリで掲載されていることが多く、数が少ない資料が必ずしもカウント漏れしてるわけではないのです。
 
 なのですが、後から出てくる資料ほど総数の数が増える傾向にあるところに着目すると、いろんな思惑が見えてきますね。ファミコンのときもそうでしたよ。まあファミコンの場合は研究が進んでなかったという要因もあるんですが、そもそもファミコンソフトのタイトル総数として広まっている1252本ってのは明らかに間違いなんですね。ファミコン網羅本の出版ラッシュは2000年代に一度起こってるんですが、それ以降で存在が確認された(総数にからんでくるポジションの)ソフトがあるんです。
 でも現在、そのときに広まった数字が定着してしまって「広めちゃったもん勝ち」という結果になっているのは残念でなりません。だから私はいまだに「ファミコンソフトの総数1252本ってのは間違ってますよ」と事あるごとに主張してるわけです。

 参考リンク:ファミコンカセットコンプリートに『バトルラッシュ』を含めるべきか問題


 したがって、ここ最近のPCエンジン網羅本の出版ラッシュは自覚があるにせよないにせよ「総数争い」という側面になることは否定できません。私は総数に関してPCエンジンにはファミコンのようになって欲しくないのです。もちろん杞憂に終わるならそれに越したことはありません。


 🐍🐍🐍


 さらに言うと、厄介なのは現在ウェブ大百科である「Wikipedia」が過去の出来事を当時の資料ではなく、近年に出版された網羅本を出典にするケースが目立っていることです。いわゆる「情報ロンダリング問題」というやつです。

 参考リンク:wikiによる「情報ロンダリング問題」について


 万が一、間違った情報が出典としてWikipediaに掲載され、それが事実のように広まってしまったら取り返しのつかない状況になってしまいます。したがって出版する側はいっそう慎重にならなければなりません。発売日なんか1日でもずれたらOUTなんです。機種名を間違えるなんてもってのほか。間違った情報を載せるくらいなら乱丁してたほうがマシなくらいだ。


 何が言いたいかというと網羅本を出版するなんて仕事はタイヘンなだけで割に合わないということです!

 私はよくわかりますよ。諸事情により名前を出してない本もありますが、今まで何冊かの網羅本にかかわってきましたから。じゃあその作者たちは何をモチベーションにやってるのかと問われたら「愛」「情熱」「知的好奇心」以外のひとはいませんでした。少なくとも私がかかわった本の作者さんで「金儲けしてやろう」とか「マウンティングしてやろう」なんてひとはいませんでしたよ(笑)

 しかし残念ながらそれでも間違ってしまうことがあるのです。だったらどうするか。粛々と間違いを修正、事実を突き合わせていくことです。もう出ちゃったもんはしょうがないじゃない。知ってるひとが「違うよ」って言って直していくしかありません。そこはみんなで協力して正しい歴史をつくっていきましょう!


 今回、出版される『PCエンジン&PC-FXパーフェクトカタログ』におかれましては、どうか良いものでありますように。作者様ご自身が納得するものでありますように。切に願っております。
 


俺は買うぜ!


PCエンジン&PC-FXパーフェクトカタログ (G-MOOK)

ジーウォーク (2019-02-26)
売り上げランキング: 2,879


このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2019/02/11 11:37 ] PCエンジン | コメント(9)
ブログパーツ

なぜ「PCエンジン」全タイトル数は資料によってバラバラなのか問題


◆意外と厄介◆

 高橋名人のブログを読んでいたら気になる記述があったのだ。

さて、今週は、私の持っているPCエンジンゲームを紹介したいと思います。PCエンジンは、650タイトルほどが発売されているのですが、私が持っているのは、その中の100タイトルほどになります。
 出典:PCエンジン その1 | 高橋名人オフィシャルブログ「16連射のつぶやき」

 PCエンジンの全タイトル数(総数)について……
 名人は「650タイトルほど」と言ってるが、正確な数字は何だろう?

PCエンジンコンプリートガイド

 さっそく書籍&Web資料をかたっぱしからひっくり返して調べまくってみたんだけど、これが想像以上に厄介だった。というのも、なぜか総数を掲載してない資料が多いのだ。仕方ないから、かたまりごとに数字を出して計算機で足したり、ボールペンで印つけながら手で数えたよ!



◆バラバラな総数◆

 その結果がこちら↓

 646 PCエンジンコンプリートガイド(主婦の友インフォス) 
 650 PCエンジンのゲームタイトル一覧(Wikipedia)        
 656 超絶大技林'98年春版(徳間書店)
 669 PCエンジン発売日順リスト(硬派なPCエンジンFX広場) 
 674 ゲーム / メディア芸術データベース(文化庁)
 685 PCエンジンソフト一覧(PCエンジン道場)
 750 PCエンジン ソフト大全(PCエンジン狂の詩)


 数え間違えがあったらごめんね!(先に謝っておこう)

 一番少ない数字と一番多い数字を除外した平均値はおよそ666本という結果となった。しかし104本も差が出るなんて思ってもみなかったよ。こうなったら、どのリストに何が入っていて、何が抜けているのか、ひとつひとつ調べあげ、いわゆる「差分ソフト」をあぶり出すしかあるまい。

 さっそく、硬派なPCエンジンFX広場さん(以下硬派)、Wikipedia(以下wiki)、PCエンジン道場さん(以下道場)、3つのリストをお借りして比較していくことにした。

PCEsousuu01.jpg

 それぞれのリストをエクセルへ抽出し、並べて配置。発売日にズレがあるものは見やすいように色分けし(いちいち訂正はしない)、漏れているものに関しては追加して、コメントを付ける。

PCEsousuu02.jpg

 なんだ、この地味でタイヘンな作業は……



◆差分ソフトの全貌◆

 ――数時間後、真夜中にこんなことをやり始めた自分を、なぐり倒してやろうかと思いつつも、なんとか作業を終えることができた私はすべての「差分ソフト」をあぶりだすことに成功したのである!

 さっそく解説していこう。


 まずは辞典系2種。すなわち『ビックリマン大事界』と『マジカルサウルスツアー』である。



 これらのソフトはWikiのリストからは除外されていた。

 つづいて雑誌系6種。すなわち『CD-ROMマガジン ウルトラボックス』シリーズの全6巻である。



 これらのソフトもWikiのリストからは除外されていた。辞典系同様、別項目にてまとめられているようである。

 つづいてカラオケ系10種。すなわち『ROM2 KARAOKE(ロムロムカラオケ)』シリーズ全5巻と、『ROM2カラオケ』シリーズ全5巻である。



 これらのソフトは硬派リストにのみ掲載されていた。

 つづいてシステムカード6種である。すなわち『システムカード3.0』や『アーケードカードPRO』など周辺機器系のカードのことである。



 これらは道場リストからは除外されていた。

 『天の声バンク』、『アーティストツール』はWikiからは除外されており、幻級のレアソフトでお馴染み『秋山仁の数学ミステリー』『サーカスライド』(追記)、及びハッカー系や非売品系は道場リストのみ掲載されていた。なお道場リストは通常カードにおいて2本の漏れがあったことを指摘しておく。
 また、今回は比較しなかったが大全リスト(一番多いやつ)には、多くの書籍付属系ソフトや体験版などが掲載されているため、総数が飛びぬけて多くなっていることがわかった。



◆加える順番をどうするか◆

 以上の調査により、PCEソフトの総数はこれらの「差分ソフト」を入れるかどうかによって変動していることがわかった。すなわち以下である。

・辞典系      ×2種
・ウルトラBOX系 ×6種
・カラオケ系    ×10種
・システムカード系 ×6種

・天の声
・アーティストツール
・秋山仁の数学ミステリー
 追記:同じく書店流通系の『サーカスライド』は雑誌広告やスケジュールに名前が載っていたのに対して秋山は皆無だったという違いがある。

・ハッカー系   ×数種
・非売品系    ×数種
・雑誌付属系   ×数種 


 これらの差分ソフトを一切、除外した場合、何もケチのついてない数字は650である。これはwikiと一致した。これでやっと「何を加えるべきか」という議論のスタートラインに立つことができた。

 いや、もっと正確に言うなら「加える順番をどうするか」ということになるだろう。なぜならPCエンジンのソフトの総数もまた、ファミコン同様、段階的なものであるべきだと、私は思うからである。



◆コンプリート性と網羅性◆

 ということで、ここからは研究の進んでいるファミコンをお手本に、話を進めていこう。

 参照記事:ファミコンカセットコンプリートに『バトルラッシュ』を含めるべきか問題

 まず考慮すべきは「普通に店で買えたかどうか」であろう。そう考えると書籍流通だったという『秋山』は怪しくなってくる。カラオケ類はよくわからないので、保留としよう。
 追記:カラオケ類について当時、家電量販店に流通していたという証言を頂きました。ゲームでなかったため玩具・ゲーム屋さんは仕入れなかったのではないか、とのことだ。

 次に「周辺機器かどうか」という点について。高橋名人にいわせるとシステムカードはゲームではなくOSみたいなものなのだという。しかし私は、直感では除外する必要はないと思ったのだ。なぜならシステムカード類なんかはHuカードと同じ形をして、同じようなパッケージに入れられて売られていたじゃないか。コレクター目線だと同じように見える。
 ただ、役割としては、ファミコンでいうところのディスクシステムのRAMアダプターみたいなものなのかもしれない。RAMアダプターはファミコンのスロットに挿せるものではあるが、掲載されているリストは見たことがない。

 最後は網羅性という次元の話になる。ハッカー系や非売品系、書籍付属系、サンプル系などはもちろん、わずかに存在したというインディーズ系なども入ってくるだろう。また、バージョン違いやパッケージ違いなんかも最終的には入ってくるだろう。しかしこの段階になると、もはや宇宙の果てを目指すようなもの。まさに最終段階といえる。
 そもそも、コンプリートと網羅性というのは必ずしも一致する概念ではないということを指摘しておきたい。コンプリートは達成を目指すことができるもの、網羅性とはそういうの度外視する(例えば世界に1本しかないソフトもリストに入れる)イメージだ。

 私の見解をまとめると以下のようになる。

650 純粋数。何もケチのついてないPCEソフト総数
658 純粋数に辞典系2種、ウルトラBOX6種を加えた数
668 さらにカラオケ10種を加えた数
676 そこへシステム系6種+アーティスト+天の声を加えた数
677 さらに『秋山』を加えた数(これをどこへ加えるかで意見が分かれるところ)

+ハッカー系 +非売品 +その他 ……

 ご意見、ご感想、間違いなどがあったらご指摘願いたい。



orotima-ku1.png しくよろ。



 リスト抽出協力:市長queen さん
このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2018/07/08 13:45 ] PCエンジン | コメント(19)
ブログパーツ

PCエンジン『秋山仁の数学ミステリー』がヤフオクに登場!!


 PCエンジンのコンプリート最大の壁と呼ばれる『秋山仁の数学ミステリー』が久々にヤフオクに登場!!

akiyama01.jpg
akiyama02.jpg

 DUO-RX本体(箱付)とセットで出品され、43万円で落札されていた。



 ちなみに前回は単品で30万円だった。DUO-RX本体(箱付)とセットだったとはいえ、かなりの高額である。



orotima-ku1.png秋山先生、最近テレビで見ないなあ

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2018/06/24 00:14 ] PCエンジン | コメント(5)
ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。