伝説の携帯型ファミコン「初代GAME AXE」新品が落札されていた!!

2012年10月22日16:25  オークション 話題 写真あり

<まとめ>
ついにプレミア価格がついた「ファミコン互換機」の種類と歴史

 こちらの記事ですこし触れたプレミアの付いてるパチ物、初代「GAME AXE」がさっそくヤフオクにて落札されていたので紹介しよう。

 こちら↓

新品FC「携帯ファミコン互換機本体 GAME AXE 初代 1995年製」

gameaskushoda00.jpg

 「GAME AXE」は1990年代後半にアジアに現れたパチ物ゲーム機。日本で話題になった初めての携帯型パチ物と記憶している。なんせ(今でこそ互換機がamazonで死ぬほど売ってるが)当時、ほとんどのマニアが初めて見たポータブルファミコンだったもんね。その衝撃は計り知れなかったよ!

 僕も注目していたけど値段が12000円くらいだったかな。高かったのだ。

 その後「GAME AXE COLOR」という後続機(初代が白黒だったわけではない)が発売された。しかしこの後続機、普及型としてコストダウンしたためか液晶の質が悪く、評判はいまいちだった。
 上記リンク記事でとりあげたファミコン互換機も初期に出たもののほうが作りが良い(互換性が高い)と言われており、このへんの類似性は非常に興味深い。

 「GAME AXE」については、初代はTFT液晶だったとか、後続機はSTN液晶だったとか、いろいろ噂もあるが詳細は不明。いずれにしても初代のほうが液晶の質が良いということだけは確かなようで、2000年代に入ったころには、すでにプレミア化していた。

 今回の出品物は新品ということだったが、落札価格は、出品者の即決設定金額より下回ったようだ。はたしてこれは安い買い物だったのだろうか……


<参考サイト>
GAME AXE (パチファミLAND)
GAME AXE COLOR (FAMICOMANIA)
超級 GAME AXE !! (パチファミブログ)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/1023-b22ae4ca

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ