ロードランナーへの道 上級編 その6

2015年09月26日00:51  ロードランナー 写真あり

rodoranna.gif

<目次>

入門編   
初級編   
中級編      
上級編      


 今回はS'ステージ4つだ。


S'-02 『魅惑のダンス』 難易度★5+★☆

<エディット図>
ld-sdash02.jpg

<クリア動画>


<解説>
 まずはロボット1体を上の穴にセットしたら、右下の金塊を取ってしまおう。ここからが本番だ。ロボット3体をあやつって最後に「頭上走り(0:38)」をかまし最下段まで行く。しかし問題なのはここからなのだ。

 ただ単に図の位置の金塊を取ってたらロボットは赤矢印の方向へ行ってしまう。それをふせぐには新技「ウロウロ」を使うしかない。これはロボットを青矢印の方向へ導くことができる誘導テクニックだ。

ld-sdash021.jpg

 やり方は簡単で、図の位置(ハシゴの下)で右に行ったり左に行ったりするだけなのだのが(0:41)、不思議なことに右にいても赤矢印。左にいても赤矢印。右に行ったり左に行ったり、ウロウロすることでしかロボットは青矢印の方向に来ないのだ。この盲点に気付くかどうか。これは『ロードランナー』をどれだけやり込んでるかということである。

 もしかしたらウロウロしてるように見えるだけで、実は情熱的なダンスを踊っているのかもしれない。君のダンスにメロメロになったロボットたちは、まるで悪魔にそそのかされた堕天使のように自ら穴に落ちてしまうのである。ただし、モタモタしてると壁になるブロックが再生してしまうので、踊りすぎに注意だ。

 あとは時間差堀りで下の金塊をとってゴール。




S'-04 『寸止め』 難易度★5+★☆

<エディット図>
ld-sdash04.jpg

<クリア動画>


<解説>
 このステージのポイントは2点。

 まずは高度な選別テクニックである「寸止め」(0:09-0:16)。これは図のように、2体のロボットが赤矢印の方向へ進む間に①のブロックを復活させることで2体目のロボットを止めてしまうという荒業。1体目のロボットが通り過ぎ、2体目が通る寸前でブロックが再生し終わらなければならず“寸前で止める”から寸止めである。

sd040411.jpg

 やり方はまず①のブロックを消しておき、時間をおいて②のブロックを消すだけなのだが、このタイミングがすこぶるシビアで、0.1秒でも間違うとロボットが2体とも通り過ぎてしまうか、埋まってしまいOUTとなる。ただし、このステージは動画のように青矢印のルートを進むことでちょうどいい時間になるようにつくってあるので、これを「見つけるかどうか」がカギとなってくるだろう。

 そして2点目は右パートで決める自殺技「死ビング」(0:39)。穴へロボットを落としたら自らもその穴へ落ちるという常識破りのテクニックである。(初出はA'-01ステージ) まさに死(ダイ)ビングである!




S'-05 『エアーブリッジ』 難易度★5+★☆

<エディット図>
ld-sdash05.jpg

<クリア動画>

 ※動画では右下のロボットの上にクリア階段があるが、これはミスです。制作はエディット図に従ってください。


<解説>

 2体のロボットをそれぞれの穴に落としたら2つの時間差パートを処理しよう。たぶんここまでは大丈夫。右のロボットを一番下の穴に落として右上のロボットの頭の上から右上の金塊を取り(0:53)、右下の金塊を取ったら、ここからがこのステージの本当のスタートラインだ。

 隠れハシゴは出てきたが、よく見るとゴールのある側へ渡ることができないのだ。どうやらロボットを使うしかないらしいということはわかると思うが、そこからが苦労する。なんとか1体のロボットを連れ出して、一番上まで誘い、落下させたら自分は一目散に下から回ってきて、落下中のロボットの頭を渡りゴール側へ駆け抜けるのだ。その姿はまさに宙に浮かぶ橋“エアーブリッジ”である。




S'-03 『Tube Riding!!』 難易度★5+★☆

<エディット図>
ld-sdash03.jpg

<クリア動画>


<解説>
 このステージもポイントが2点ある。

 まずステージ名にもなっているTube Riding(チューブライディング)とはトンネル状になった波の中をサーフィンするという意味である。その名の通り序盤でロボットを右側へ誘い込む様は、まるでロボットが土の中をチューブランディングしてるかのようだ。(0:09-0:14)
 その流れで2体のロボットをいなして下段まで行くわけだが、この“いなし方”がけっこうクセがあるので注意しよう。

ld-sdash031.jpg

 そして次のポイントは(0:32-0:55)で展開されるロボットとの一進一退の攻防「STOP&GO」だ。上図①②のブロックを消した状態だとロボットは赤矢印へ進み、途中で①が復活すると止まるので、それ繰り返すことでロボットを任意の場所まで移動させるというテクニックである。

 最後に1体のロボットをつかって中央の金塊と、たてに並んだ金塊を取ってゴールだ!



 ということで、S’ステージはいかがだったでしょうか。まだまだ「ウロウロ」や「寸止め」など、新しい技が出てくるところはロードランナーの奥深さですね。次はいよいよ特上編。SS級ステージの登場だ!


<目次>

入門編   
初級編   
中級編      
上級編      
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/1140-3e7659ae

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ