鉛筆で描いたゲームが実際にプレイできるアプリ「Pixel Press」まるで魔法みたい!!

2013年05月12日23:24  ニュース 写真あり

<小学校時代の思い出>

 小学生の頃よくオリジナルゲームをつくっていた。ノートに鉛筆でスーパーマリオみたいなステージを書いて、実際に友達にやらせていたのだ。鉛筆で書いたゲームをどうやってやらせていたかって?

 当時のものを再現したので解説してみたいと思う。

shiouagjge-0mu.jpg

 まず上にステージを描いて、下にコントローラを描く。僕は友達の向かい側に座り、鉛筆で友達が操作するキャラクタの居場所を指す。そこにプレイヤーキャラがいるという体だ。
 そして友達が十字キーを押したらその通りに鉛筆を動かす。ジャンプしたらジャンプする。敵にぶつかったら戦闘開始だ。

 戦闘はじゃんけんで行う。敵の体力は上の数字だ。友達がじゃんけんに勝ったら攻撃力分のダメージを与えることができる。負けたらダメージを食らう。このへんの数字はゲームによりまちまちだった。

 操作ボタンは「Aボタン」「Bボタン」のような感じでなく、動きによって分けていたので何十個になったこともあった。ある特定のボタンを特定の場所で押さないと、先に進まないといったギミックは当たり前で、どこでどんなアイテムをとり、こんな行動をして、このボタンを押せば、どこに行けるとか、複雑極まりないステージもあった。

 ただし、どんなに複雑な内容になろうとも、ゲームはノートの1ページにおさめた。小学3,4年生くらいのときの話である。

 

<魔法のようなシステム>

 さて、前置きが長くなってしまったが、そんな紙に書いたゲームが、実際にできる時代がやってくるかもしれない。海外投資サイトkickstarterにて、方眼紙に鉛筆で描いたゲームが実際にプレイできるシステムが提案されたのだ。

 こちら↓



 このアプリを使えば手書きのステージを
pikusruopress01.jpg

 こんな風に取り込むことで
pikusruopress02.jpg

 実際に、こんな感じでプレイすることができ
pikusruopress03.jpg

 さらにカスタマイズすることで、こんな風になっちゃうのだ!
pikusruopress04.jpg


 まるで魔法でも見てるようだね!

 ただ、ステージの描き方には法則があって、ちょっと勉強しないと難しそうである。アクションゲームに特化したすごいグラフィカルなプログラム言語みたいなもんか。でもこれって、ゲーム好きなら誰もが昔やったことだと思うのだ。そういった意味では、とっつきやすいかもしれない。

 小学校のころ、思い描いたゲームの世界が実現する日も近い!?


Pixel Press: Draw Your Own Video Game (KickStarter)



大人が楽しい 紙ペンゲーム30選
定価:¥ 1,470
新品最安価格:¥ 1,470 (2店出品)
中古最安価格:19%OFF ¥ 1,190 (3店出品)
在庫:在庫有り
レビュー平均:4.04.0点 (6人がレビュー投稿)
5.05.0点 子供向け? 馬鹿言っちゃいけません。
5.05.0点 使えます
5.05.0点 なつかしい!
出版日:2012-10-30
by 通販最速検索 at 2013/05/12
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/1248-15606262

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ