1000万円で落札されたファミコンソフトがキャンセルとなった理由


 先日から話題になっている1000万円で売れたファミコンソフトのニュース。我がサイトでも当然、情報は入手していたが、取り上げるのは慎重になっていた。過去にも似たようなことは何度か起きているのだ。

369万円!? 世界一高価なファミコンソフトの記録更新!(2010/03/02)

 こちらは2010年の記事である。このとき出品された『STADIUM EVENTS』というソフトには当時の日本円にして約369万円で落札されたが、なんだかんだゴタゴタして結局どうなったかわからず、その後に似たようなソフトの出品ラッシュが起こるという事態となった。


gekirekawkoaoiaisp.jpg


 今回落札された『Nintendo World Championship』は世界一のプレミアファミコンソフトとして有名である。2009年の事例で250万円という高値をつけた。しかし今回は状態が悪かった。大方の予想通りというべきか、この額での取引はキャンセルされた模様である。
 こちらのサイトによると、その理由は「子供が勝手にボタンを押した」というものだったらしい。

 日本でも定番のキャンセル理由やないか!(笑)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。