女の子にウケるファミコンソフトはこれだ! 5


 今回は「スーパー桃太郎電鉄」

 ボードゲーム系は万人に受けるはずだが、まずルールを把握させなければいけないというハードルが存在する。それもアクションゲームやシューティングゲームよりも高いハードルだ。
 しかしそこが一番のポイント。簡単すぎてもいけないし難しすぎてもいけないが、個人的にむしろちょっと難しいくらいがちょうどよい気がする。そのハードルが高ければ高いほど乗り越えたときの喜びは当然、大きいだろう。

 しかし「モノポリー」は素っ気ないし「ちびまる子ちゃん」や「ロックボード」などはマニアックすぎる。そう考えると「スーパー桃太郎電鉄」ほど、うってつけのボードゲーム系ソフトはない。なぜスーパーの方なのか、それは前作の桃太郎電鉄は動きが遅いし、何よりカードがないからだ。しかしそこはファミコン、正直言ってスーパーのほうでも充分たるいよ。とくにぼんびーの鉄道クイズのくだりとかたるくて仕方ないさ。スキップできないし。実はそのたるさがこのゲームの一番のネックだったりする。
 
 普通「桃鉄」は最低でも10年以上はプレイしないと面白くないが、それだと確実に3時間コースなのだ。20年で6時間。大学生かニートじゃないとそんな長時間できないんです。かといってセーブしたら次、絶対やらないでしょ。だから僕は明日が休みの日の夜にやるんです。これでひとまずプレイ時間の問題は解決したことにしよう。

 次はプレイ人数だ。これは僕以外全員女の子ってのが理想と言いたいけど違うんだ。僕が一番いいと思ってるのは僕、女の子A、女の子B、COMっていうメンバー構成。もしくは僕、女の子、COMだ。あえてコンピュータを1人混ぜることを強くお勧めしたい。
 それはぼんびー対策である。桃鉄の面白さのひとつにぼんびーのなすりつけ合いってのがあるけど、そればかりしてるとやがて殴り合いになることは目に見えている。そんなとき文句1つ言わずにぼんびーを引き受けてくれるのがCOMなのだ。彼がいるおかげで各プレイヤーのぼんびー率がいいバランスになる。
 さらにCOMの名前を誰か共通のともだちとかにしておけば、プレイ中、そいつをいじるネタは鉄板だ。これは是非試してもらいたい。

 次にカードの話。カードの中で特に凶悪な「ふういん」や「ぎゅうほ」。これらはときにプレイムードに致命的なダメージを与える。しかし僕たちの目的はなんだったか思い出して欲しい。ゲームで一番になることじゃないんだ。あくまで女の子といい感じになること。雰囲気を壊したくなければそれらのカードは使わず、使わせず、売却用にとアドバイスする程度が良策である。

 パワーバランスの問題だが、これはまったく大丈夫。このソフトほど初心者と経験者が同時プレイしても楽しめるボードゲームはないと断言できる。逆に、ゴジラに買占めしてた街をぶっ壊されたり、マルサや銀次に大金も持っていかれ、劣勢に立ったとき、絶望を目の前にしていかに冷静で居られるかが漢(おとこ)の見せ所だ。
 僕みたいにわめき散らしながらリセットボタンを押すなどもってのほかだぞ!

 以上。細かいポイントを押さえてプレイすれば女の子にウケること間違いなしの「桃鉄」でした。最終的には「いただきストリート」に到達したいですね。ではまた。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。