任天堂の初期アーケードゲーム「モンキーマジック」50万円弱で落札される

2015年06月13日17:07  任天堂 写真あり

 『モンキーマジック』は任天堂が1979年にリリースしたアーケードゲームである。

nintenidmonokiomaojiku02.jpg
 Nintendo Monkey Magic (BeforeMario)

 カラフルなパーツで構成された猿の頭部が大胆に配置されており、とても斬新なゲーム画面だが、システム自体はいわゆるブロック崩しゲームの派生であり、パドルコントローラとボタンで操作できた。

 プレイ動画↓




 矢印ブロックに玉を当てると少しずつ上に移動し、それが猿のあごに刺さるとあごが下がり口が開く。口が開くと歯に玉を当てることができ、それを破壊すれば目玉や帽子に玉を当てることができるようになるという、段階のあるブロック崩しだったようだ。

 
 先月、そんな「モンキーマジック」の基板一式がオークションに出品され、50万近い落札額を叩き出しました。

nintenidmonokiomaojiku01.jpg


 オークションの説明文によると、「モンキーマジック」は非常に貴重な基板であり、海外からオファーも多いのだとか。また、海外のコレクターが唯一手に入らない基板とのことです。




ゴールデン☆ベスト ゴダイゴゴールデン☆ベスト ゴダイゴ
ゴダイゴ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2009-02-17
売り上げランキング : 17491

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/1805-181cfd3a

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ