中国の怪しい!?ファミコンホームページたち!!

2009年01月20日11:47  ウェブサイト

Spray的天堂幻想
こちらは攻略サイトである。キックマスター/TAITO(こちら参照)やG.I.JOE/TAXAN(こちら(youtube)参照)など日本にはないソフトの攻略が載っているのが面白い。
 魔神英雄伝ワタルらしきソフトが中国語版になってたりと怪しさ爆発だ。

FCゲーム辞典
こちらは丁寧な紹介・レヴューサイトだ。
当然、中国語は全部漢字なので(しかも簡易体なので)どれがどのソフトなのかまったくわからないが、慣れてくるとなんとなくわかるようになるかもしれない。
北斗神拳=北斗の拳
机器猫=ドラえもん
人間兵器死狐=人間兵器デッドフォックスとかね。

okemu.com
 こちらもレヴューサイトなのかな。ファミコンの他にもスーファミ、ネオジオ、ドリキャス、メガドラ、64や聞いたことないような機種までありとあらゆるゲームを網羅しているようだ。
 取り上げてるファミコンソフトもどれも聞いたことないものばかり。スーパーマリオワールドとか、ストリートファイターターボとか海賊版の類だ。ぼんやり見てるだけでもおもしろい。

 というか、中国のファミコン関係のサイトをめぐってるとやたら魂斗羅が出てくるんだけど中国では魂斗羅が大人気なのか。それにしても、もっともっと怪しいグッツがいっぱい出てくるのかなと思ったらそうでもなかった。ほとんどがエミュレータサイトで、何だかなあって感じ。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/187-e9a06943

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ