『キラキラスターナイト』の“完品”が高値で落札されていた!!

2016年04月23日14:03  オークション 話題 写真あり

 今年1月に発売され話題となった『8BIT MUSIC POWER』作者RIKI氏の旧作として知られる『キラキラスターナイト』の完品が、先月の終わり頃ヤフオク!にて 「ファミコン キラキラスターナイト」なるタイトルで出品され、35,500円で落札されていた模様。

 出品者は評価を見るに、違法コピーROMを数多くさばいている海外出品者だった。
 
 こちら↓

kirakirasuta-kaigai01.jpg

kirakirasuta-kaigai02.jpg
 ※サムネイル画像:http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b199701475

 そもそも『キラキラスターナイト』は2013年に発売されたファミコン風のWindows向け同人ゲームだった。しかしそれがただのファミコン風に終わらなかったのは、そもそもファミコン実機で動くようにつくってあったという点である。

 現に同ソフトのROM版はいくつか存在し、こちらの記事によると、この時点で15本のみ。それぞれ製作者などへ配られたという。記事の写真をみるとカセットは黒色で表面がツルツルしてるタイプに見える。しかしいずれもROMカートリッジのみであり、箱や説明書は見当たらなかった。


 ROMカートリッジのみといえば、実はちょうど1年前、2015年4月に『キラキラスターナイト』が出品され10万円近い価格で落札されていたことがあった。このときも出品されたのはROMカートリッジのみで緑色だったため、流出品ではなく、違法コピー品じゃないかという見方が多かった。

 今回のオークションは期間がたったの13時間だった点も見逃せない。何か後ろめたいことでもあるのだろうか……



(FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー)
コロンバスサークル (2016-01-30)
売り上げランキング: 4,166
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/2053-632fd7cc

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ