30年前のファミコンソフト『ゲゲゲの鬼太郎』に別バージョンが見つかる!!

2016年12月10日22:46  ニュース 写真あり

 30年ぶりの大発見にファミコン界隈がざわついている。

kitarou01.jpg

 つい先日、今年の9月にアップされていた『最近買ってきた「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』という動画が、ツイッターで紹介されるや否や、瞬く間にファミコン・レトロゲーム界隈に広まり、検証が始った。

 こちらがその動画である。


【ニコニコ動画】最近買ってきた「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境」が私の記憶と違う

 説明文によると、判明している違いは以下引用。

・タイトル画面のHS・SCの右側にステージの表記(電源投入時:M1)の表記が無い。
・フィールドマップ時の音楽が違う。
・アクションステージ開始時、及びゲームオーバー時に流れる音楽のパートが少ない。



 よーし、そうか!ということで実は僕もすぐに自分の持ってる『鬼太郎』を見てみたんだけど、「B」の「1」で、普通のやつだったのさ!(がっくし)

kitarou02.jpg


 すると、さっそくツイッター上にはレトロゲーム・ファミコンクラスタたちから様々な情報が寄せられ、10本以上買いこんで検証したという猛者も登場。その内の1本が見事、動画と同じ別バージョンだったということで、この動画が本当だったことが証明されたのだった。

  ※ファミコンコレクター界の大御所わたぼう氏のツイッターより。

 そもそも同ゲームは1986年にバンダイより発売されたファミコンソフトであり、当時の、ブームに乗って125万本(CESA調べ)も売り上げたという妖怪ならぬ“オバケソフト”だった。そういう意味では今でもたくさん残っており、入手もしやすいと思われるが、このフットワークの軽さ、そしてチームワークには脱帽である。


 さて「存在」の次は「判定方法」に焦点がうつるわけだが……
 これがなかなか捉えどころがない。上記の通り、私オロチの所有する『鬼太郎』は端子部分の刻印が「B」の「1」だったわけだが通常版だった。しかし動画主さんの『鬼太郎』は「A」の「1」だったり、次いで発見された『鬼太郎』は「B」の「1」だったとのことである。

 さらに「存在理由」についても議論されている。エミュレータではプロトタイプ版として出回っていたとか、説明書のシールの有無から「ジャスラックの関係ではないか」とか、様々な意見が出ているようだが、謎が謎を呼んでいるのが現状だ。


 
 <追記12/17>

 その後、非売品ゲームコレクター・じろのすけさんによってその正体が判明しました! どうやらサンプル版だったようです。 


 鬼太郎のサンプル版はROMに「サンプル」と印刷されているのですが、拭いたら消えそうなインクのため、何らかの事情で市場に出回ってしまい、インクが消えて、通常版と見分けがつかなったのではないかと推測されています。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ