HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

任天堂がやっとファミコンを作った!?

 ファミコンについて面白いブログ記事があったので紹介します。

 よく考えてみたら、任天堂のファミコンって・・・(Project corruption さん)

 上の記事によると、任天堂がやっとファミコンを出したということです。どういうこと?ってひとは記事を読んでね。なるほど。ファミコン、つまりファミリーコンピュータって直訳すれば家族のコンピュータってことになるわけだ。思い出してみればファミコン時代は親たちに、何かと目の敵にされました。皆さん考えられますか。

 「テレビ見たいからゲームやめて」といわれ急いで復活の呪文を書きとめた時代。

 「今家族がテレビ見てるから」といってファミコンやりに来た友達を追い返した時代。

 今じゃ考えられないよね。昔は一家にテレビが一台だったんですよ。少なくとも僕はそうでした。だから1日1時間という制度が鳴り物入りで施行された。なによりそれを喧伝したのが本来ファミコン側であるはずの、つまり僕たちのような子供側でいるはずの某名人だったのだから仕方ない。
 でも「はいそうですか」と守ってる奴なんて皆無だったな。だから親に怒られてファミコンを取り上げられる奴なんてごまんといた。僕もそうだった。たいてい押し入れかたんすの上に隠してあって、涙流して許しを乞うた思い出があるわ。
 でももっとすごいのになると、電源をいきなりはさみでチョッキンされたり、思いっきり踏んづけられて本体が粉砕したという奴も。僕の友達のなかにはクリスマスにしかファミコンをやらせてもらえず、毎年の聖夜をすべてドラクエに費やした奴もいた。


 そう考えると昨今の任天堂ゲーム機Wiiに対する世間の認識はどうだろうか。ニュースサイトインサイドが先日伝えた内容によると、ネットエイジアが実施したゲームユーザー意識調査ではWiiは家族で、PS3は1人で遊ぶゲームだという結果が出たとか。

 Wiiは「家族で」、PS3は「一人」で…ユーザー意識調査


 つい最近の調査記事ですよ。これをファミリーコンピュータと言わずして何て言うんだいというわけだ。まあそんな迫害されてきた世代が親になったから、ゲームに対して寛容なのだという見方もあるが、さらに調べてみたらまた面白い記事を見つけた。

 ファミリーコンピューター (イカリヤのバカ野郎絵日記 さん)

 上の記事では「ファミリーコンピュータ」という名でありながら家族のだんらんを奪ったゲーム機としてファミコンが紹介されています。さらに同記事ではファミコンの開発中の名前は「ヤングコンピュータ」だったとか。開発者はこのゲーム機を出したら家族のだんらんが失われてしまうだろうと思いながらも、あえて「ファミリー」の名を冠したとか。
 でも僕はあえて違う見解を述べされてもらいます。だって初期のファミコンのCMでは最後に「家族そろってファミリーコンピュータ」って言ってるじゃない。
 任天堂は(最初からとは言わないが)かなり家族を意識してファミコンを作ってたんじゃないだろうか。(そのCM↓)

 


 正直言って僕は昨今のWiiだDSだという流れにまったくついていけない(スーファミにすらついていってないじゃないかというツッコミは無しで)。なにが脳トレだ、なにがWiiフィットだとも思った。酒におぼれ。毎晩違う女と寝たよ!(なんじゃそりゃ)
 でも脳トレならマインドシーカー、Wiiフィットならエアロビスタジオがあったじゃないか。そんなことはもうとっくにやってるんですよ。(細かいツッコミは無しで)つまり任天堂の姿勢は一貫していたのだ。そして今も自分を貫いているのだ。
 
 そう思うとなんか、すごいなあって。感慨深いものがありませんか。まあだからといって明日からWiiやりだしたりすることはないですけどね・・・




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

そういえば初期のファミコンのタイトルにも、
麻雀やゴルフ(このゴルフには今のゴルフゲームの基本が全て入っているという名作だ)なんて渋いタイトルがありましたっけ。その辺任天堂は意図的なんでしょうね。
数々の失敗作がありながら、任天堂がリーディングカンパニーなのはそこに理由があるのかもしれません。

そういえば任天堂が書かせていたゲームの広報マンガに、未来のゲーム…みたいな回があって、
その中であげられた要素がほぼ的中していると言う話を聞きました。
(ネット配信ゲーム、体の動きでの操作、軽量薄型大容量の情報媒体)
任天堂の場合、予言を自分達で実行出来るわけですから、ある意味自作自演なんですが、やはりこれも明確なビジョンあってのことでしょう。

>任天堂が書かせていたゲームの広報マンガ
ファミマガのディスくんのやつですね。あの漫画はけっこう突っ込んだ特集をしてました。非売品特集、名人特集ってのもありましたが、なんと裏物、ハッカー物の特集をしたこともあります。




>だから1日1時間という制度が鳴り物入りで施行された
「鳴り物入り」の使い方が・・・

おかしいですかねえ
まあ細かいつっこみは無しで

>>酒におぼれ。毎晩違う女と寝たよ!

だいたい言いたいことがわかった。
これは婉曲法だ


オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」を開設しました!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと
musudora04.jpg
 積みゲー親父が思わず考えさせられた小学生の息子の奇想天外なドラクエプレイ!

ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について
famibeya1013.jpg
 蒐集過程において何度も訪れるパラダイムシフト(価値観の転換)について。

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲームを取り巻く価値観の変化

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

なぜスマホゲームは「時間の無駄」なのか?
dannjonwotorimakuzu.png

 スマホゲームとその他の趣味・娯楽の圧倒的違いとは何か。オロチ独自の視点から分析した記事。

“懐かしい”という感情の正体について 再考
dannjonwotorimakuzu.png

 おそらく人間だけが持っているだろう“懐かしい”という感情の正体に迫る。完結編。

嘘から始まった「スウェーデンの任天堂」奇跡の物語 ~北欧ゲーム市場を開拓した一介の電気店~
dannjonwotorimakuzu.png

 北欧を舞台に一人の男が成し遂げた任天堂スウェーデン奇跡の物語。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ