天才ハッカーが幻の任天堂版「プレイステーション」CD-ROM修復に成功!!

2017年05月06日11:12  改造・ハック 写真あり

 幻の任天堂版「プレイステーション」が発見されたのは2015年7月のことだった。

任天堂版「プレイステーション」幻の試作機が海外で発見される!!

ben000123.jpg


 しかしそれはまともに動作しなかったため、修復にとりかかっていたのが、あの世界的天才ハッカーBen Heck氏である。

 そして、およそ1年の歳月をかけて彼はその修復に成功したようだ。

 こちら↓
 


 動画ではBen氏が基板をチェックしながら丁寧に解説をしている。
 
 プロトタイプには2つのデジタル - アナログコンバータ(DAC)が搭載されており、1つはSNES用、1つはCD-ROM用。2つはミックスされる。Ben氏はオシロスコープを用いて『スーパーマリオカート』からの音楽信号を詳細に調べ、SNES用は動作していることを確認。しかしCD-ROM用は動作していなかった。

 そこで彼は回路上の、いくつかの謎のチップについてマッピングテストを重ね、いくつかの疑わしいコンデンサを置き換えたあと、CD-ROMが再生することを確認、次に、ゲーム上からそれを試みることにした。彼が取り出したのは『Super Boss Gaiden』。

 スーパーボスゲイデンではなく、スーパーボスガイデン……
 彼は発音を確かめるように何度も言い直した。


 ※『Super Boss Gaiden』のデモ動画

 このゲームは、プロトタイプが発見されたニュースが世界を駆け巡ったあと、何者かによって制作された任天堂版「プレイステーション」用の新作ソフトである。

 というか、正直、チンプンカンプンです。
 続きは動画でご覧ください(笑)



 SOURCE:The SNES PlayStation Prototype Is Now In Full Working Order, Thanks To Ben Heck(Nintendolife)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ