「月刊ゲームラボ」に掲載されていたレトロゲーム系記事が電子版になって続々登場!!


 なんだか続々登場していたのでまとめてみました。

ge-murabodensi.jpg


消えたゲームメーカー調査報告書
三才ブックス (2018-01-12)
売り上げランキング: 3,955


 浮き沈みの激しいゲーム業界。特に印象的な16メーカー(ハドソン、アトラス、ゲームリパブリック、フライト・プラン、セタ、コンパイル、ヒューマン、ワープ、データイースト、日本テレネット、SNK、シング、アローマ、Jフォース、カネコ、スマイルソフト)の沈没に迫る!

〈主な内容〉
●実録! 元社員が集結したハドソン最後の夜
●消えたメーカーにまつわるキーワード5
●異業種からの参入メーカーたち
●メーカー倒産顛末FILE
●大手メーカー独立組の今



なつかしのRPG百科 '80年代編
三才ブックス (2018-01-12)
売り上げランキング: 56,188


RPGというジャンルが幅広く知られるようになったのは80年代中頃に登場した一本のゲームがきっかけだった。RPG黎明期を振り返り、その人気ジャンルが誕生し、受け入れられるまでを振り返ってみよう。

〈主な内容〉
●RPGの原点
●『ドラクエ』以前のRPG
●RPGの拡大
●RPGの熱狂
●RPGの群雄割拠
●超ネタバレ エンディング&ラスボス大公開



なつかしのRPG百科 '90年代編
三才ブックス (2018-01-12)
売り上げランキング: 119,652


90年代、ゲーム機のスペックアップにともない、RPGも大きく様変わりする。後に「J-RPG」と呼ばれるようになる独特なジャンルへと……。その変化の過程を振り返ってみよう。

〈主な内容〉
●16ビット世代のRPG
●多様化するRPG
●RPGの大作化
●RPGの世代交代
●次世代RPGの黄金期
●進化するRPG
●長寿シリーズ
●グラフィックRPG
●鬱RPG
●珍ゲー



クラシックミニ ファミコン裏改造マニュアル
三才ブックス (2018-01-12)
売り上げランキング: 52,046


任天堂が現代にファミコンを復活させた「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の中身を分解して解説! さらに、自力でゲームを追加する方法や、他機種のソフトを起動する方法を研究した!

〈主な内容〉
●ニンテンドークラッミニ ファミコン分解検証
●「ミニファミコン」内部をUSB接続で書き換える
●内蔵のエミュレータコアを差し替える!
●他機種のゲーム起動できるようにする



ファミコン裏トリビア 雑誌編
三才ブックス (2018-01-12)
売り上げランキング: 47,127


ファミコンがブレイクし、本や雑誌もヒットを連発! 当時の情報源だったメジャー誌、マイナー誌、マンガの歴史の特異点と呼べるファミコン漫画を総ざらい。

〈主な内容〉
●日本未発売(!?)のNESゲーム
●日本版とはちょっと違うNES傑作選
●ファミコンゲーム雑誌プレイバック
●パソコンゲーム誌のはじまり
●ファミコン漫画ほぼ大全
●ファミ漫研究未開拓の土地



ディスクシステム(裏)報告書
三才ブックス (2018-01-12)
売り上げランキング: 42,938


ファミリーコンピュータがブームとなっていた1986年。任天堂が打ち出した一大プロジェクトが「ディスクシステム」だった。新しいゲームを生み出すために、任天堂が挑んだ野望を今一度振り返ってみよう。

〈主な内容〉
●ディスクシステム開発秘話
●ディスクドライブの仕組み
●ディスクシステムのビジネスモデル
●ディスクシステムのネットワーク構想
●ディスクシステム名作・珍作20選
●ディスクシステムサービス終了



ファミコンとんでもベストテン
三才ブックス (2017-11-30)
売り上げランキング: 2,866


80年代に一世を風靡し、国民的ゲーム機としてその名を馳せた任天堂の家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ。その歴史をいろいろなランキングを通じて振り返ってみよう。

〈主な内容〉
●ファミコンにまつわる事件BEST10
●ソフト売り上げBEST10
●激ムズゲームBEST10
●笑えるクレイジーゲームBEST10
●ちょっと変わったパッケージBEST10
●改造ワザ&バグワザBEST10
●エロいシーンがあるゲームBEST10
●任天堂非公認(!?)ゲームBEST10
●ファミコンブレイク以前、以後



ファミコン全盛期の精鋭メーカー30
三才ブックス (2017-11-30)
売り上げランキング: 3,648


ファミコンの豊富なラインナップは、サードパーティの手で生み出されたものだった。ファミコン時代にどんなソフトを出してどんな功績があり、そして今はどうなっているのかを追っていく。

〈主な内容〉
●サードあればこそ輝いたファミリーコンピュータ
●ファミコンを支えた30メーカー
●知っておきたいファミコンムダ知識30連発





orotima-ku1.png興味あるひとは即ゲットだ!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。