オタッキー編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】

2018年05月31日00:01  ショップシール 写真あり

UFSSSbana5.jpg
概要 ◆定義と分類 ◆目次


 古来より、名古屋には独特のファミコンショップ文化が発展してきた。今回取り上げるのはそんな名古屋発祥ゲームショップチェーンの異端児・TVゲーム専門店オタッキーだ!


◆ショップシール類◆

otakku-,si-ru
otakku-,si-ru1

 レア度:★★ 
 オタッキーのキャラクタの頭部が検品印のスペースになっているデザインの検品シール。スーファミに貼ってあるものしか見たことがない。

otakki-si-ru01.jpg

 レア度:★★ 
 こちらは主にスーファミの箱に貼ってあった買取アップシール。検品シールより少しレアだと思う。


◆ショップグッズ◆
DegQUFJV0AIrWlU.jpg
 画像提供:将さん

 こちらはビニール袋。買取アップシールと同じ絵柄である。詳しくはリンク先へ。


◆制覇MAP◆

 いまやゲームショップ業界の頂点とも言っていいゲオをはじめ、かつて県内を中心に展開していたマジカルガーデンも、いまだに健在のファミーズも、愛知県が発祥のゲームショップチェーンである。ローカルチェーンが異常に強かったため、愛知県にはカメレオンクラブ、ブルート、TVパニックといった全国チェーンのゲームショップがあまり進出できなかった。

 そんな地元ローカルチェーンショップの中でも異彩を放っていたのがオタッキーだ。

 当時、オタクの蔑称のひとつだった「オタッキー」を堂々と店名に掲げるセンスもさることながら、なんといっても印象に残っているのが、名古屋のど真ん中・栄に鎮座していたパルコ西店である。

seiha_map04.png

 栄周辺はもともとウォッチマン・アサヒドーカメラ・トップカメラといったローカル家電チェーンのメッカでもあったのだが、どちらかというと松坂屋・三越・丸栄など巨大デパート群が立ち並ぶ東海圏随一のお洒落ショッピング街であり、そこへゲーム専門店が進出することは、ファミコン・スーファミブームを象徴するような出来事だったのだ。(まんだらけ、ゲーマーズよりも早い)

 全盛期には、となりのテナントまで進出し「となりのオタッキー」なる店舗を出すくらいの勢いを誇っていたが、2000年代にはすでに撤退していた模様。

 ともかく、オロチの地元、愛知県を制覇!


◆基本データ◆
名称:ファミコンショップオタッキー、TVゲーム専門ショップOTAKKY
運営:株式会社ワークスジャパン 他
開業:?
所在:愛知県名古屋市
公式サイト:http://www.otakky.com/(閉鎖)


◆沿革◆
 (少なくとも1992年以前)大須第1アメ横ビルの一角で中古ファミコンショップとしてオープン。その後、名古屋のど真ん中・栄(矢場町)へ勢力を拡大するなど順調に業績を伸ばしていく。経営母体は何度か変わっていて、名古屋では有名な出版社「ワークスジャパン」が経営していたことでも知られる。また、元プロボクサーの薬師寺保栄さんがフランチャイズ店のオーナーだったことも有名だった。
 多くのゲームショップがそうだったように、オタッキーも2010年代にはカードゲーム専門店へ業態を変えており、最後まで残ったと思われる千代ヶ丘店も近年、閉店した。


◆キャラクタ・ロゴ◆
otakki-si-ru02.jpg

 ぶつぶつの肌、ギョロ目、鼻なし、たらこ唇という、およそマスコットキャラクタらしくない外見が特徴。宇宙服のようなものを着ている。そのままストレートに「気持ち悪い」と言われていた。

otakki-kyara.jpg

 こちらは当時流れていたテレビCMより。

 私オロチの個人的な印象としては、このキャラクタを見るたびに、「ドラゴンボール」のフリーザ編に出てきたキュイを重ねてしまうのだが、今、調べたところ、あまり似ていなかった(笑)

◆CM◆


 そしてこのCMである。(ついでにゲーム戦隊も)

 このテーマソングも強烈だったなあ。オタッキーといえば自らスポンサーとなってローカルテレビ番組をもっていたらしいが正直、あまり記憶にない。どんな番組だったのだろう……


◆主な支店◆
 名古屋市:パルコ西本店 となりのオタッキー店、第1アメ横店、新瑞橋店、御器所店、六番町店、平安通店、中村公園店、平針店、金山店、千代が丘店、小牧市:小牧駅前店


◆外観◆
otakki-千代ヶ丘0
千代ヶ丘店 撮影日:2011年3月27日 画像:せいば

 オタッキーの中では比較的広い店舗だった。私オロチが足しげく通っていたのは2000年代に入ってからだ。ファミコンコーナーには当時、出始めたファミコン互換機がデモ展示されていた。


otakki-新瑞橋2006
新瑞橋店 撮影日:2006年 画像:今日のゲーム!!

 地下鉄新瑞橋駅の近くにあった。駐車場がなかった(狭かった?)のでいちいち裏の方の路地に停めていた記憶がある。


otakki-平安通店2010
平安通店 撮影日:2010年 画像:Webアーカイブ

 支店の中ではもっとも新しい店舗だった。PS2全盛期の2003年頃にオープンしたと記憶している。


◆みんなの情報コーナー!!◆

 皆さんの地元にあったオタッキーについての情報をコメント欄へお寄せください!!

 こんなショップシール類があったよ。バイトしていたよ。といったものや、当時の店舗が映った写真なども大歓迎。なお、写真素材などのご提供はこちらの窓口、あるいはツイッターで受け付けております。どうぞよろしくお願いします!!



orotima-ku1.png目次ページへ
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ