レゴでつくった『マリオvsドンキーコング2』アーケード筐体が登場!!

2018年06月19日09:54  改造・ハック 写真あり

 LEGO作家Helen Sham氏はアーケード筐体をつくることで、任天堂への愛を形にすることに成功した。

You can actually play this 1/2 scale Nintendo arcade cabinet made from over 15,000 LEGO pieces [Exclusive] | The Brothers Brick | The Brothers Brick
mariocong2a-ke-doLEGO0.jpg

 テーマに選んだのは『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大作戦』。

mariocong2a-ke-doLEGO1.jpg

 使用したブロックの数は1万5000パーツ以上。重さは約30キロにもなったという。

mariocong2a-ke-doLEGO2.jpg

 1ゲーム100円設定らしい。
 ちゃんと、硬貨を入れるとゲームが始まるようになっている。


 内部に仕込まれたLEDによって、透明パーツが光る仕様。

mariocong2a-ke-doLEGO3.jpg
 
 さすがにコントローラ部はレゴではないようだ。

mariocong2a-ke-doLEGO4.jpg

 専用ソフトをつかって設計に6時間、組み立てに27時間かかったという。

 動画はこちら↓



 ちなみにこの方、過去にはピンボール筐体もつくっている。




orotima-ku1.pngレゴランドに置いてあっても不思議でない
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ