HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

宝島編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】

UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 ふたつの宝島の謎、、、


◆ショップシール類◆
宝島緑fss2
 レア度: 

 このようにラベル上部がカラーベースに白抜き文字で「3ヶ月保証」と書いてあるスタイルのものを「ヒーロー系シール」というが、宝島はその中でヒーローの次に出現率が高いシールだ。本家の黄緑より少し青みがかった色をしているのが特徴だ。

hiro05.jpg

 こちらは本家ファミコンショップヒーローの黄緑シール。文言もほぼ同じである。

 ちなみに、このタイプのシールは他に第5回に登場したえっぐMAN、第24回ファミコンショップビッグなどが挙げられるが、正直、ヒーローがやたら多いのでヒーロー系と言ってるだけであって、どこが元祖なのかは判明していない。

宝島紺色FSS2
 レア度:★★☆

 こちらは紺色バージョン。
 タイトルは『スーパーリアルベースボール』。だいたい緑5枚に1枚ぐらいの割合で紺色が存在する。したがって緑より断然レアである。よく見るとシールがちょっとずれてる。おそらくバイト君が貼ったのだろう、、、

 正規ラベルにはないショップシールの魅力のひとつに、このような「手作り感」がある。ラベルの大きさが違うのにも関わらずむりやり貼られたもの(サイズ違い)や、スーファミ版ラベルをファミコンに貼ってあるもの(ハード違い)など、正規品ではぜったいに有り得ない手作り感が見られるのも、ショップシールの醍醐味なのだ。


スー宝島緑
 レア度:★★

 宝島にはスーファミ版も存在する。基本的に内容はファミコン版と同じなので、そのままサイズを小さくした感じだ。ファミコン版よりもレアである。タイトルはSFC『魔神転生』。


宝島シール金
 レア度:★★☆

 買取額アップを謳う金ピカシールである。タイトルはSFC『ドラゴンボールZ 超武闘伝3』。いちおう背景が描かれているものの、いったい何なのかよくわからない。気になるは宝島のロゴが純然たるゴシック体であることだ。もしかして別店舗のシールなのだろうか、、、


◆ロゴ◆
宝島ロゴ

 ロゴである。「宝」の点の部分が星になってるいわゆる「点星(てんぼし)」が見られるのが特徴的だ。これはファミコンショップ界の横綱「第33回ブルート」をはじめ「第17回ギャングスター」、「第27回ファミコンショップジョニー」、「第29回スーパーゲームショップ」など多くのファミコンショップロゴで見られる特徴である。


◆制覇MAP◆

 本ラベルには新潟県万代という住所の記載があるため新潟県を制覇。

seiha_map36.png

 なお、同県は「第5回 えっぐMAN編」で既に制しているため+1となった。なお、福井県に本社を置く株式会社サンキューがてがける「宝島王国」は名前が似ているものの、別チェーンのようだ。


◆現存する宝島グループとの関係は!?◆

 さて、さきほどから別店舗の存在を匂わせていたのだが、実は「宝島」というゲームショップチェーンは現在も元気に営業していることをご存知だろうか。岐阜を中心にチェーン展開する宝島グループである。

ゲームショップ宝島 新品・中古・買取・通販・予約

宝島岐阜のどこか
 ※こちらは長久手店(撮影:2018年10月)

 私は当初、てっきり同じグループかと思っていたので、そのつもりで一度は記事を書きあげたのだが、ロゴが微妙に違うことに気付いて、一応、ラベル型シールと金ぴかシールについて運営会社のゲームアークさんへ問い合わせをしてみたいのだった。すると「弊社で発行した記録は残っておりませんでした」とのことで、恐らく他店舗様のものではないかとの回答を頂いたのだ。

 ついでに、設立年と1号店についてもお伺いすると、営業開始は1993年。1号店は「一宮店」とのこと。ただし、運営会社は何回か変わっており正確な記録が存在しないため「恐らくそうであろうとしか申し上げられません」とのことだった。わざわざ調べていただき、ありがとうございます。いつも行ってます。この前の土岐店行きました。良いお店ですね^^

 ということで、本プロジェクトでは、かつて新潟に存在したファミコンショップチェーン宝島と、現在、岐阜を中心に展開する宝島グループとは別の店舗だと判断することにした。


◆基本データ◆
名称:ファミコンショップ宝島
運営:?
所在:新潟県万代(本店)
沿革:不明
 本店の住所以外、何もわかりましぇ~ん!


◆主な支店◆

新潟県 万代店/ハイパー宝島見附店/空港通店/五泉店/GAME館/GAME館三条2号店/西長岡/北長岡

◆みんなの情報コーナー!!◆
 ということで、皆さん、、、
 かつて新潟県に存在したファミコンショップチェーン宝島について、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非、情報をくださいませ。この記事のコメント欄、ツイッター、あるいはこちらの窓口まで、よろしくお願いします!



orotima-ku1.png目次ページへ
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

>買取額アップを謳う金ピカシールである。タイトルはSFC『ドラゴンボールZ 超武闘伝3』。いちおう背景が描かれているものの、いったい何なのかよくわからない。

宝の地図だろ?宝島だけに。


オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」を開設しました!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと
musudora04.jpg
 積みゲー親父が思わず考えさせられた小学生の息子の奇想天外なドラクエプレイ!

ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について
famibeya1013.jpg
 蒐集過程において何度も訪れるパラダイムシフト(価値観の転換)について。

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲームを取り巻く価値観の変化

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

なぜスマホゲームは「時間の無駄」なのか?
dannjonwotorimakuzu.png

 スマホゲームとその他の趣味・娯楽の圧倒的違いとは何か。オロチ独自の視点から分析した記事。

“懐かしい”という感情の正体について 再考
dannjonwotorimakuzu.png

 おそらく人間だけが持っているだろう“懐かしい”という感情の正体に迫る。完結編。

嘘から始まった「スウェーデンの任天堂」奇跡の物語 ~北欧ゲーム市場を開拓した一介の電気店~
dannjonwotorimakuzu.png

 北欧を舞台に一人の男が成し遂げた任天堂スウェーデン奇跡の物語。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ