某ショップで買う気満々だったリンクスがとんでもない代物だった件

2018年10月28日00:47  レトロゲーム 写真あり

◆リンクスの思い出◆

 それは1992年頃の話――
 高校生のとき、オタクの友達が学校へ謎の黒い携帯ゲーム機をを持ってきた。



 アタリコープ社というメーカーが1989年にリリースした携帯ゲーム機「Atari Lynx(リンクス)」である。ゲームボーイでテトリスをやったことある程度だった私にとって、その携帯ゲーム機は大きさ、カラー液晶、ゲーム内容、何もかもが衝撃的だった。

 とにかく「California Games」というソフトのサーフィンのやつが面白くて、面白くて、授業が終わる毎に、狂ったようにやっていたものだ。

sa-finnoyatu.jpg
 画像:Atari Lynx - California Games "Surfing" [Epyx] 1991 - YouTube

 しかしある日、そのオタクの友達がたまたま学校に忘れて帰ってしまったとき、リンクスは机の中から忽然と消え去っていたのだった。そいつは「くそー、盗まれたー」と悔しがっていたが、真相は今となっては闇の中である、、、



◆あえて潰れているようなデザイン!?◆

 そんなほろ苦い思い出もあってか、リンクスは私の「いつか手に入れたいゲーム機ランキング」で常に上位ランクインしているハードなのだが、その希少性からプレミアが付いており、なかなか手を出せないでいた。すると先日、旅先で某ショップへ立ち寄ったとき、箱付でお手ごろ価格なリンクスに遭遇したのである。

lynx001.jpg

 ついに出会ったー!!

 もしかしたら持ってるひとなら、この上の写真だけですでに違和感を抱いたかもしれない。舞い上がっていた私には、というか、そもそも箱をまじまじと見たことのない私が、そのようなディテールに気づくわけもなかった。

 さっそく中を見せてもらおうとカウンターへ持って行く。するといっしょに旅をしていた仲間から「箱の角が変じゃない?」との指摘を受けた。

lynx002.jpg

 言われてみれば角は潰れているというよりも、あえて潰れているように見せかけているようなデザインだと思った。海外のゲーム機だし、そういうもんなのだろう。そんなことより早く、中を見せておくれ!



◆さすがに違和感を抱く◆

 箱を開けると中には発泡スチロールに挟まれた本体と説明書が入っていた。

 すぐさま動作チェックを所望。店員さんが電池を用意している間に説明書を取り出すと、明らかにコピー用紙に印刷したような粗末なものが出てきた。「素人がつくったみたいだな」思わず口に出たものの、説明書のコピーなどファミコンにはよくあることだし、不思議なもんでまったく気にならなかったのだ。

 しかし本体に電池を入れてスイッチオン。ウンともスンとも動かない。もしかしたらカセットを挿さないと動かないのかもしれないが、残念ながらこの店にはカセットが1本もなかったのだった。どうしよう。あーあ、死ぬほど悩む。高校生のとき夢中になったサーフィンのやつ。長い間ゲーム名すらわからなかったサーフィンのやつ。いつかリンクスを手に入れ遊び倒してやろうと夢見ていたサーフィンのやつ、、、

 遠路はるばる辿り着いた某ショップで、少し頑張ればGetできる金額。ゲームソフトはあとからどこかで買えばいい。まずは本体がなければ意味がないんだし。でも万が一、不動品だったら返品するのは距離的にいってほぼ不可能だ。あーあ、死ぬほど悩む。そんなこと思いながら、ふとひっくり返ったフタに目をやると、、、

 私は箱のつなぎ目が明らかにおかしいことに気が付いたのだ。

lynx005.jpg

 え、そもそも、つなぎ目って何だよ!?
 よく見たら箱の構造が違うじゃん、、、
 これ、誰かが勝手につくったコピー品じゃないかっ!



◆手作りの箱の謎◆

 買う気満々だった私が正気に戻った瞬間である。

 この箱はオリジナルの箱をコピーしたものをダンボールに貼り付けただけの代物だったのだ。説明書のコピーやゲームそのもののコピー品なら(残念ながら)よく見かけるものの、箱をコピーしたものがお店で売ってるところを見るのは始めてだった。しかもどこにもそのような注意書きがないからタチが悪い。

 ただし、私には怒りのような感情は湧かなかった。そんなことよりもいったい誰が、どんな目的でこんなもの作ったのだろうかという好奇心が先行してしまったのである。

lynx003.jpg
 この発砲スチロールも手作り品か!?

 箱や説明書をコピーできるということは、オリジナル品を持っていて、コピー品をつくったあと、オリジナルの箱だけどっか行ってしまったのか。それともオリジナルは箱ごと売って、あとから本体のみ別で入手しニコイチしたのか。あるいは2台持ちで1台は箱なしだったので、コピー品をつくったものの不要になって売り払ったのか。もしくは、業者による組織的な犯行か、、、

 ついつい謎解き大好き人間の性分が出てしまったのだ(笑)
 
 結局、釈然としないまま私はその店をあとにした。みんなも“旅先で気が大きくなってるときに探してたやつを見つけて買う気満々になっちゃって違和感とかにまったく気付かなくなっちゃうやつ”には気を付けてね!



orotima-ku1.pngまだまだ修行が足りんなあ
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ