ドット絵のファミコン風サスペンスNintendo Switch Switch用「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」配信開始 他


<注目!!>
ドット絵のファミコン風サスペンスNintendo Switch Switch用「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」配信開始 - GAME Watch
 いままでこの手の話題は指くわえて見てたけど、そういえばうちスイッチあるじゃん!? やれるじゃん!? ちょっと待って嬉しいんだけど。たまにはやってみようかな、という気分。それにしてもこの女性キャラクタ。『いただきストリート』のけいことともみにしか見えないわ。やばい。久しぶりにいたストやりたくなってきた(笑)

ituwarikurosinju.jpg
 ※「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」登場キャラクタ

keikotomomi.jpg
 ※ファミコン版『いたスト』のけいこ(←) ともみ(→)


<ニュース>
ファミコンの新作カセット「ぽるんちゃんのおにぎり大好き」が近日発売、予価1万円 - AKIBA PC Hotline!
 これは素晴らしい。オリジナルのファミコンショップシールやカセットケースの制作ですら手こずっている私とはえらい違いだ。個人でファミコンソフトを開発して、しかもパッケージ化までしてしまうなんて尊敬するしかない。

SFC「ロマサガ2」RTAが2019年に入り大幅更新合戦 “人力サブフレームリセット”により20分切り目前 - ねとらぼ
 達人たちの世界。

白紙となった慈善団体向け資金援助のため『ドンキーコング64』を58時間ぶっ続けで攻略、英ゲーマーが3800万円集める。米国会議員や著名開発者も支持
 なにかのゲームをぶっつづけでやるチャリティ。以前当ブログでも「Desert Bus」の慈善プロジェクトなど紹介してきたが、欧米特有の文化だよね。ノブレスオブリージュの精神が根付いてる。日本でやったらやっぱり集まらないのかな。誰かいっしょにやってみない?

その名は「ギャラガドン」 名作ゲーム「ギャラガ」、新発見の古代ザメの語源に - ねとらぼ
 ギャラガドン

<コラム>
ビデオゲームキャラクターのまばたき表現について
 導入が上手いなあ。勉強になる。内容はあとで読む。

<見逃しクン>
たまごっち生みの親、横井昭裕「変なことからメジャーが生まれる」 - コラム : 北欧カルチャーマガジン Fika(フィーカ)
「漫画家になりたければ、漫画を読むな。」なるほど、誰も見たことのない世界をかたちにしていくには、ときとして過去の経験値や成功体験が邪魔になることもある。

 小説書いてたとき「他の小説いっさい読まない」というようなこと言ってたら、もっと読んで勉強したほうがいいってアドバイスされたことを思い出した。やはり手塚クラスの天才のノウハウは、我々のような凡人には当てはまらないということなのだろう。



orotima-ku1.pngとりあえずオリジナルのショップシールはデザインだけは完成している。あとはシール業者に投げるだけだが、いつも予算とのにらめっこで終了。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。