ファミコン無線化アイテム『Retro Receiver』を分解したら大変なことに気付いた、、、


 オロチです。どこまで需要があるかわかりませんが今回はメガドライブが無線化できる夢のアイテムGenesis/MD版「Retro Receiver」のリリースを記念して、壊れてしまった私のNES版「Retro Receiver」を分解しようと思います。

 ただし私は中学校のとき、技術の授業でインターフォンを組み立てて出来上がったやつを先生に見せに行く小テストで、どうしてもできなくて、すでに合格していた優秀なクラスメートのやつを「ごめん、ちょっと貸して」といって先生のところへ持って行きまんまと合格をせしめたことがあるくらい、この手の類は苦手です。

 それでバチが当たったのか、人生で何度かディスクシステムの修理に挑戦してますが、直ったためしがありません。先生ごめんなさい!


retroreceiver02.jpg

 とにかく分解していきます。

 ↑ご覧の通り「Retro Receiver」にはネジがありません。いったいどうやれば分解できるのでしょうか。


wireci17.jpg
wireci18.jpg

 よく見ると側面に4か所、上部に4か所(写真だと下部のやるが隠れてる)、小さな穴が空いていることを発見しました。たぶん、ここに何か突っ込んでグリグリやったら分解できるでしょう。名付けてグリグリ作戦です。

 そこで用意したのがこちら、、、


wire16.jpg

 精密ドライバー!

 一般的に「せいみつ」といえばジョイスティックですが(逆か?)、これは通常のドライバーよりも特別に小さくつくられた精密ドライバーというアイテムです。さっそくこいつを使っててグリグリしていきましょう。


wire02.jpg

 グリグリ、、、

 グリグリ、、、

 グリグリ、、、

 、、、

 えいっ!

wire03.jpg

 ぜんぜん駄目でした(笑)
 
 しかし上部を強引にこじ開けたことで、このアダプタ部分が(写真だと↑の方向へ)抜ける構造になっていることが素人でもわかりました。これは大いなる一歩です。しかしほんの一歩に過ぎません。いっそのこと強制的にバラバラにしてやりましょうか。

 そこで用意したのがこちら、、、

 、、、

 、、、

 、、、

 バーン!

wire18.jpg

 いやいや、冷静になろうぜ(笑)

 下手に切ったら中の基板をキズ付けてしまうかもしれません。ここはひとつ「これ以上ムリだ」という限界に達するまでグリグリする作戦で行きましょう。名付けてグリグリ作戦です(結局は)


wireci17.jpg

 私はこの側面の穴に精密ドライバーを突っ込み、殺し屋のような目をしながら、ひたすらグリグリし続けました。

 グリグリ、、、

 グリグリ、、、

 グリグリ、、、

wire02.jpg

 ?

 引っかかっているツメが削れてきたのでしょうか。何となく手ごたえがありました。これはいけるかもしれません。

 グリグリ、、、

 グリグリ、、、

 グリグリ、、、

 、、、

 えいっ!

wire14.jpg

 おお、やったー!

 やりました。どうやら側面の4つの穴にツメが引っかかっていたようです。やつらを強引に削ってアダプタ部分を力ずくで引っこ抜くことで、見事に分解に成功しました。まさに『FF3』のラストダンジョンです。四天王を倒しラスボスを倒すという王道RPGの熱い展開が最高にシビれました。


wire11_201901301109083c4.jpg

 そして今回、私が分解するハメになった元凶がこいつです。

 思えばPCを介してファームアップを試みたとき、このUSB端子がポロっと取れさえしなければ、私はこんなバカなことはしなかったでしょう。さらに言えば分解したからといって私には修理できるスキルなどありません。側面についた傷がひたすら悲しいですね、、、


wire12.jpg
 ※アダプタ部分は仮にくっつけました

 気を取り直して行きましょう。こちらが表面です。


wire08.jpg

 ちょっとピンボケしてしまいましたが裏面です。誰かの何かの参考になれば幸いです。ただそれだけのこと。
 

 🐍🐍🐍


 しかしここで私は妙な胸騒ぎを憶えました。そういえばこれ、USB端子が壊れただけであってべつに本体が壊れたわけではないのではということに気付いたのです。この手の事柄に極端に疎い私はUSB端子が壊れた時点でファミコンの無線化を諦めていました。今思えば、なぜそこで諦めてしまったのでしょう?

 さっそく調べてみるとBAKUTENDOさんの記事でNES版『Retro Receiver』はデフォルト状態なら8bitdo社のオリジナルコントローラ、及び、wiiリモコンに対応しているということがわかりました。

 え~、マジか~!
 wiiリモコンなら持ってるよ、、、

 、、、

 、、、

 、、、

wire09.jpg

 いや、普通にできるやん(笑)

 最初、差し込んだときウンともスンとも言わないのでさすがに壊れてるかなと思いましたがファミコンの電源入れてなかっただけでしたし(←恥ずかしい)、ペアリングもwiiリモコンのランプがずっと点滅してるだけでなかなか完了しなかったのですが試しにAボタンとか押してみたら普通に動きました。これってペアリング完了の合図とかないのでしょうか?

 ともかく、3年越しでファミコンの無線化に成功です。おめでとう。私。



orotima-ku1.pngこうなったらもう1個ぐらい買おうかな、、、



8Bitdo Retro Receiver - NES by 8Bitdo [並行輸入品]
8Bitdo
売り上げランキング: 5,773

 ちなみにAmazonだと色んなところから出品されています(日本だとサイバーガジェット社が代理店をやっているみたい)。上のリンクは8Bitdo社が自ら出してるやつなので一番安いです。




 スーファミ版もあるでよ~



 参考URL:「Retro Receiver レビュー」(趣味の報告ブログ?)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
実物見たこと無いから断定は出来ないけど
USB端子は、はんだ不良でポロリしただけっぽいな
しかし四角の単なる固定用以外のピッチが狭そうだから
そこをブリッジしないようはんだ付けするのは少し慣れが必要かもしれません
あとニューファミコンが汚れているのが気になったw
7648. [ 2019/01/30 18:58 ] [ 編集 ]
アドバイスありがとうございます。ニューファミコンが汚れてるのは、たまたま子供たち用のやつで撮ったからでした。お恥ずかしい。
7649. [ 2019/01/30 19:53 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。