スマブラのバンカズ参戦で海外ファンが飛びあがって喜ぶ理由 他


<注目!!>
「バンカズ」のスマブラ参戦はまさに「生き別れの兄弟の再会」 奇跡の参戦と称される理由とは - Togetter
 『バンジョーとカズーイの冒険』は1998年に64専用ソフトとして任天堂よりリリースされた作品。開発したのはドンキーコングシリーズで知られるレア社であり、とくに海外で人気を博しました。まとめでは2002年、ライバルであるはずのマイクロソフトに買収されたと書いてありますが、保有株を売ったのは他でもない任天堂なんですよね。何はともあれバンカズシリーズは舞台をXboxへ移行。任天堂プラットフォームでリリースすることはもう2度とないと思われていました。それから19年、、、バンジョーとカズーイは『スマブラ』で奇跡の復活を遂げたわけです。動画では同じくレア社と関わりのあったドンキーコングシリーズの面々が彼らを向かい入れるなど粋な演出も。海外ファンの反応を見てるとなぜか目頭アツくなっちゃうよね。



<ニュース>
[E3 2019]PCエンジン miniを見て触ってきた! TurboGrafx-16 mini,PC Engine Core Grafx miniもあった! - 4Gamer.net
 CD-ROMタイトルの収録の要望も広く受け付けているとのこと。ぜひ思い思いの要望をTwitterなどで発信していただきたいとのことです。みんなバンバン要望していこう。さっそくだけど私の要望はこちら。ひそかに狙っていたタイトルだが品薄な上にほんの少しプレミアがついていて毎回、躊躇する。



ゲーム関連リークを連発していた匿名Twitterユーザー、任天堂の弁護士から素性を突き止められ電話で警告される | スラド セキュリティ
 海外すか

スイッチ『偽りの黒真珠』新作のクラウドファンディングが、“秒”でクリア! | 日刊大衆
 秒はすごい。

<任天堂>
Opinion:任天堂のE3に欠けていた一つのもの - GamesIndustry.biz Japan Edition
 自動翻訳みたいな文章でよくわからなかった。

<コラム>
『グラディウス』から生み出された芸術プレイ そしてそこからつながった友の縁 - IGCC
 スコアラーの世界、問答無用でかっこええわ。

なぜ「おもちゃのハローマック」は閉店後も愛され続けるのか、ネットでの反響を担当者に直撃|ウォーカープラス
 うん、私もショップシール「ハローマック編」でチヨダさんを取材してまったく同じ話を聞きました。

<攻略>
『スーパーマリオメーカー』にて、極悪ステージがついにクリアされる。求められたのは750万分の1を引く強運 | AUTOMATON
 よくわからないけど製作者のPhenotype氏はクリアしたからステージをアップできてるわけだよね。

147000089.jpg



orotima-ku1.pngバンカズ、
さっそくり切れてる!?


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
バンジョーとカズーイの大冒険は64で一番面白かったゲームで
2はモチロン海外のみで販売されたGBA版も買いました。
XBOX360で新作が出た時も本体ごと買ったくらいの
バンカズ好きですがスマブラには全く興味が無いので今回の
発表には何の感慨もありませんでしたね・・。
まあ、これが1と2のHDリマスターの布石であれば良いなあ位の感想。
8431. [ 2019/06/15 09:44 ] [ 編集 ]
PCエンジンミニ


あねさん、ですか!
なかなか渋いですね。
ベルトスクロールアクションでサクッとプレイ出来る楽しいソフトですよね。

でも、内容というか設定がぶっ飛んでますよね。
レディースだし、セリフも凄いし、キャラクターの絵も独特だし。
特にタイマンはカオス・・・。
キャラクターが崩壊してるし。

色んな意味でPCエンジンには異色なソフトが多かった気がします。



8432. [ 2019/06/15 10:59 ] [ 編集 ]
バンジョは面白くなかったな
64だったからかもしれないけど
8433. [ 2019/06/15 16:44 ] [ 編集 ]
姐さんがそんなに高くなってるのですね・・・。
超兄貴が凄く高くなってるときにワゴンに姐さんがあって購入し、
その後間違ってダブって買ってしまってます。
当時は980円とかだった気がしますが・・・・わからんもんですね。
8440. [ 2019/06/17 14:00 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに
twi8bit1.giftwi8bit1.gif

このブログについて
管理人:オロチ


情報提供窓口


月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。