HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

幻のSFCサテラビュー版「クーリースカンク」が発掘される!!

◆幻のサテラビュー版◆

 Youtubeに[サテラビュー] クーリースカンク | Cooly Skunkなる動画がアップされていました。

 

 『クーリースカンク』はかつて大阪に存在したヴィジットというメーカーがSFC衛星データ放送サービス「サテラビュー」にて配信予定だったアクションゲームでしたが中止となり、のちにプレイステーション版でリリースされたタイトルです。多くの未発売ゲームが、当時のゲーム雑誌にぼやけたスクリーンショットを残すのみで永遠に日の目を見ないことを考えると、これは幸運にも救われたケースでした。

 アーカイブに残存するヴィジット公式サイトではPS版『クーリースカンク』を以下のように謳っています。

スカンクの「クーリー」が6つの特殊なギアを使って敵を攻撃する横スクロールアクションゲーム。ギアは気流に乗って空を飛べる「パラグライダー」や地面を掘ることが出来る「ディガ」その他「ローラブレード」「エアーボード」「ホッピング」「ジェットパック」の6つ。又、ステージをクリアするとミニゲームも入っていて盛りだくさんの内容でこの低価格。
引用:Web Archive

 本作は廉価版も出ていたのですが、なんと980円という破格だったようです。



◆その意外なルーツ◆

 『クーリースカンク』のルーツをさらに掘っていくと、BPSがSFCにてリリース予定だった『メタモルキッドぐーみん』という未発売タイトルに辿り着きます。



 『メタモルキッドぐーみん』の監督をつとめたのは元カプコンで当時、浮世亭()の成瀬憲史氏。彼はhiddenpalace.orgのインタビューの中で、最初にテトリスで有名なBPSから「子供向けのアクションを」という話が来たと述べています。そこから当時、同じく浮世亭が制作したSNES版『SKYBLAZER』をお手本にアクションゲームをつくろうというプロジェクトが立ち上がりました。


※SKYBLAZERは日本では『迦楼羅王』としてSFCで発売された

 こうして『メタモルキッドぐーみん』は低年齢層に弱かったBPSのマスコットキャラクター的なポジションを狙って制作され、ほとんど完成間近でしたが、ある日突然、BPSの方針転換によって幻となってしまったのです。



◆3度目の正直◆

 それからしばらくして大阪のヴィジットという会社から「ゲームのエンジン部分を使って別のゲームを作れないか」という話が成瀬のもとへ舞い込んで来ました。

 その頃、日本では既にプレイステーションが発売されていたものの、北米市場はまだまだスーパーファミコン(SNES)が強かったことから、北米市場向けにプロジェクトが動き出しました。主人公をおなら攻撃が得意なスカンクのクーリーにすることはヴィジットからのオーダーだったそうです。こうしてSFC版『クーリースカンク』も完成まであと一歩のところまで進みました。しかしここでも想定外の事態が発生します。なんと北米でもプレイステーションが爆発的ヒットしてしまったんです。やがて北米のバイヤーからキャンセルの申請があり『クーリースカンク』はまたしても発売中止になってしまいました。

 その後、成瀬はプレイステーションでまったく違う2Dゲームを制作し、その過程においてPSにおける2D表現を研究。手ごたえを得た彼はヴィジットに『クーリースカンク』のPS版を出してみないかと逆に提案します。キャラクターはSFC版を使用するが背景等はPSレベルに合わせるという条件で3度目のプロジェクトが始動しました。


PS版「クーリースカンク」

 マップ構成など大幅リニューアルを経て、晴れてPS版はリリースされたのです。その後、ジャレコからは『PankySkunk』として北米版もリリースされました。



◆20年目の発掘◆

 ――それから20年ほど経った2019年。

 秋葉原スーパーポテトのショーケースの中でそれは飾られていたいました。

KU-RI-SUKANKU01.jpg
image:gamingalexandria.com

 日本語で「クーリースカンクが入ってます」と付箋がされたBS-Xの8Mカートリッジです。発見したのはMrTalida氏。サテラビューを研究するサイト「GOD BIRD」によると、本作は未発売に終わったものの、プレイ可能な体験版が配信されていたとのことです。

 おそらくこれはその体験版なのでしょう。

KU-RI-SUKANKU02.jpg

 PS版と比較すると、たしかにSFC版は背景に奥行きが感じられず、グラフィックが向上しているように見えますね。原文を読みたいかたは以下のサイトをご覧ください。

 参照サイト:Cooly Skunk (SNES, Unreleased) – Gaming Alexandria



◆おまけ◆

 「クーリースカンク」の作曲を担当した藤田晴美氏がこの発見に反応を示したようです。





orotima-ku1.pngサテラビューで未発売の『猛虎伝説'95阪神タイガース』も気になるね
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

3DSではつくろうポン太も発売中止になりましたよ
楽しみに待ってる人もいるのでどんな理由でも発売中止にしないで欲しいです

まあいろんな大人の事情があるんでしょう。こればっかりは我々はどうしようもありません。ソニックの声優ですらSEGAさんの思うようにならないのですから。


オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png レイアウトが新しくなりました!
歴代ハード同い年早見表 2020年版
atarilynx05.jpg

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと
musudora04.jpg
 積みゲー親父が思わず考えさせられた小学生の息子の奇想天外なドラクエプレイ!

ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について
famibeya1013.jpg
 蒐集過程において何度も訪れるパラダイムシフト(価値観の転換)について。

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲームを取り巻く価値観の変化

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

なぜスマホゲームは「時間の無駄」なのか?
dannjonwotorimakuzu.png

 スマホゲームとその他の趣味・娯楽の圧倒的違いとは何か。オロチ独自の視点から分析した記事。

“懐かしい”という感情の正体について 再考
dannjonwotorimakuzu.png

 おそらく人間だけが持っているだろう“懐かしい”という感情の正体に迫る。完結編。

嘘から始まった「スウェーデンの任天堂」奇跡の物語 ~北欧ゲーム市場を開拓した一介の電気店~
dannjonwotorimakuzu.png

 北欧を舞台に一人の男が成し遂げた任天堂スウェーデン奇跡の物語。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

シュールとアットホームが融合
日々先生 魂心の4コマ漫画!!
「悶えろ!! ファミコン親父」
 お試し版(16p)
 kindleにて無料配布 実施中!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ