幻の「任天堂プレイステーション」試作機が約3800万円で落札される!!

2020年03月07日08:06  ニュース 写真あり

 任天堂プレイステーション試作機のHeritage Auctionsが閉幕。所有者の希望価格120万ドルを大きく下回る結果となった。

ninpure0.jpg
出典:Nintendo Play Station Super NES CD-ROM Prototype - Sony and | Lot #93060 | Heritage Auctions

 その額36万ドル。日本円にして約3800万円です。所有者は過去に120万ドルのオファーを断っており、この最終価格は希望を大きく下回ったと言わざるを得ません。落札者の公表はいまのところありませんが、 Oculus VRの創設者Palmer Lucky氏が以前twitterにて最高入札者だと明かしたことがありました。海外メディアの多くは彼が落札した可能性が高いと報じられています。

 出典:The Nintendo PlayStation sells for $360,000 at auction | Engadget

 今回出品された任天堂プレイステーションの試作機は、かつてソニーが1990年代初頭にスーパーファミコン用CD-ROMドライブを任天堂と共同開発するプロジェクトが進行していた際に作られた200台のユニットの1つであると言われています。結局このパートナーシップは実現せず幻と終わりましたが、その後、ソニーはプレイステーションを独自ハードとして開発、販売し、今では任天堂ハードに匹敵するほどの世界的ゲーム機ブランドとなりました。

 このオークションが成立すれば、これまで販売されたゲーム機のオークションでは最も高い落札額を記録したことになるでしょう。



orotima-ku1.pngひゃあ~

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ