HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

明日、たぬきちさんのお店、お休みらしいよ?

 家族で夕食を囲んでいると、いつもさいごに食卓につく妻が開口一番そう言った。なんでも島の住人が増えて来たので店を改築するんだとか。ああ、ずっとテントだったもんね。そうそう。じゃあマイル旅行券買っておかないと。なんて会話していると横で白米をカッ喰らっていた長男くんが「たぬきちさんの店って?」とワンテンポ遅れて会話に入って来た。あいかわらずひとの話を聞いてないやつだ。案内所のことだよ。案内所って?タヌポートがあるとこ。タヌポートって?というやりとりを5回くらいしてやっと理解してくれたようだ。長男くんはひたすら釣りばかりしており、ところかわまず島のあちこちに水槽を置くので迷惑している。マイペースでのんびり屋だ。悪いけど俺の家の前にあるチョウチンアンコウどかしてくれよ。邪魔でかなわん。そう言うと「ああ、それオレのだよ」と正面に座っていた次男が野菜を残しながらあっけらかんと白状した。この弟くんは島のリーダー的存在なのだが、いかんせんまだ小学2年生なので文字が半分くらい読めないらしい。そのくせ自分がリーダーであることを誇りに思っており、誰かが島で作業を始めると必ず横へ来てあーでもないこーでもないとアドバイスをしてくれたりする。(妻がそれを嫌がっているのは内緒だ)

 だがリーダーにしか与えられないミッションについてはあまり関心がないようで、こないだも私が離島で誘った鷲(わし)のティファニーがなかなか来ないと思っていたら、弟くんが招致に必要な家財道具をそろえるミッションを放置していたことが発覚。夜中に家族総出で資材をあつめ、ああ、硬い木材なら俺もってるよ。りんごならあたしの家にあるかも。などみんなで知恵を絞りつつ一気にすべての家財道具をつくったばかりだ。恥ずかしながら私の家族があそこまで団結してひとつの目的を成し遂げたのは初めてだったかもしれない。非常に心地良い疲労感だった。それはそれでよかったのだが今度からはできるだけそういうミッションは放置しないでほしい。弟くんに懇願すると「リーダーに指図するな」と言わんばかりに口をとがらせていた。まあいい。お前はそのままでいい。そもそもこの移住は弟くんが希望し、サンズ島という名前も彼が付けたのだから。私は立ち上げには参加していなかったのでその辺の経緯はよく知らない。なんでも『アンダーテール』に出て来るキャラクタから取ったんだとか。短くて覚えやすい良い名前じゃないか、、、

tanuki.jpg

 思えば1週間くらい前までこの島で一番、非文明的な生活を送っていたのは私だった。鉄鉱石の採り方や、風船の割り方、家具が押せることすら私は知らなかった。なぜなら最初に誘われて4人で島を探索したとき、私は猛烈に3D酔いしたからだ。私は3D描画に対応できない我が視角野の旧式な処理能力を恨んだ。それに草抜きなら現実で間に合っているのだ。うちは田舎だからたまたま土地だけはある。これからの季節、毎日のように断りもなく庭に生えて来る雑草と格闘しなければならならないというのに、なぜ3D酔いに苦しみながら日常と同じことをしなければならないのか。そんなの何が面白いんだ。正直それが第一印象だったのだ。

 だがある日、私はSwitchのスクリーンに埃(ほこり)を見つけてしまった。そいつはどういうわけか保護フィルムの間に入り込んで場違いな空気の膜を形成していた。私はさっそく新しい保護フィルムを入手して貼り直したあと、綺麗に貼れたかどうか画面を確認するため適当に一番最初のソフトを起動したのだ。それがたまたまこいつだったのに過ぎない。だが不思議なことに1Pプレイでは3D酔いしなかった。おそらく自分で車を運転すると車酔いしない原理と同じなのだろう。しかも1Pプレイの場合、草抜き以外のこともできるじゃないか。

 『あつ森』って草抜きするだけのゲームじゃなかったんだ!

 それを知ったが最後だった。元来ゲーマーである。それから一週間が経って、今では島のあちこちに作業台と薬を設置したり、長男くんのローンを肩代わりするため自分のチョウザメコレクションを大量処分したりするほど離島狂いの日々である。別に恩を売るためにやってるわけじゃない。現実では父親らしいことできてないからせめてゲームの中だけでも、、、という悲しい理由でもない。(やかましいわ)

 私は島民のみんなと同じ目線で語り合いたいのだ。ひとりでも遅れてほしくない。そうじゃないと自分が楽しくないのである。これはエゴかもしれない。でも案外、世界平和ってこういうことなのかな、なんて思ってると「久々に家族でどこか出かけたいね」妻が私に話しかけていた。ああ、そうだなあ。たまにはみんなで他のひとの島へ行ってみたいね、応えると、違う違う。現実の話だよと彼女は笑った。どうやら今の私は何を聞かれても島のことだと思ってしまうらしい。お父さん、画面の確認はいつ終わるの。ここぞとばかりに弟くんが茶化して来る。皮肉だけはいっちょ前だ。なになに、何の話?横で白米をカッ喰らっていた長男くんがワンテンポ遅れて会話に入ってきた。お前はあいかわらずだな。私は咳払いをひとつして仰々しく口を開いた。わるいけど次から俺に話しかけるとき現実のことなら「げ」を最初に付けてくれないか?

 今度は家族全員が笑った。





orotima-ku1.pngあつ森はいいぞ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

毎回このサイトに入る度にセキュリティのことが表示されるのは何故ですか
前は表示されなかったのに

おそらくアクセスランキング関連の証明書どうのこうのだと思いますが、ユーザーレベルで解消できるかどうかはわかりません。


オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」を開設しました!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと
musudora04.jpg
 積みゲー親父が思わず考えさせられた小学生の息子の奇想天外なドラクエプレイ!

ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について
famibeya1013.jpg
 蒐集過程において何度も訪れるパラダイムシフト(価値観の転換)について。

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲームを取り巻く価値観の変化

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

なぜスマホゲームは「時間の無駄」なのか?
dannjonwotorimakuzu.png

 スマホゲームとその他の趣味・娯楽の圧倒的違いとは何か。オロチ独自の視点から分析した記事。

“懐かしい”という感情の正体について 再考
dannjonwotorimakuzu.png

 おそらく人間だけが持っているだろう“懐かしい”という感情の正体に迫る。完結編。

嘘から始まった「スウェーデンの任天堂」奇跡の物語 ~北欧ゲーム市場を開拓した一介の電気店~
dannjonwotorimakuzu.png

 北欧を舞台に一人の男が成し遂げた任天堂スウェーデン奇跡の物語。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ