HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

『星のカービィ』任天堂がゲーム調整して大ヒットはデマ‼︎ 「無能と言われたような気がした」作者が語る真実とは?

 覚えやすい名前でしょ?
 ぼく、ポポポ……。

tinkurupopo02.jpg
 出典:ティンクル☆ポポ 

 誰も覚えてないっていうね(笑)



◆カービィ成功譚◆

 いまや任天堂を代表をする人気キャラクターのひとり。カービィの記念すべき第一作目といえば、ゲームボーイ版『星のカービィ』でありますが、このゲームソフトは元々、HAL研究所が『ティンクル☆ポポ』という名で制作していました。



 いや、制作どころではありません。

 実際に広告を出し(冒頭の画像)、問屋から注文まで受けていたのです。そこへ「待った」をかけたのが任天堂でした。その時の様子を元HAL研で任天堂の社長でもあった岩田聡氏と、MOTHERシリーズで何かとHAL件と縁のあった糸井重里氏が2005年3月9日付「ほぼ日刊イトイ新聞」にて以下のように述懐しています。

岩田:
あのタイトルでゲームボーイのソフトとして出す予定でしたが、「もったいない」と宮本茂さんがおっしゃって、調整して、任天堂発売の『星のカービィ』に変わるんですね。

糸井:
じつはそのシーン、ぼくは見てるんです。宮本さんが「『ティンクルポポ』っていうのがあるんですけどね……ちょっといじるだけで、ものすごくおもしろくなるやつがあるんです。あれ発売を中止して作りなおしていいですか?」というところからはじまってるんですよね。

 HAL研究所はこの作品を当初、『ティンクル☆ポポ』という名前で広告を出し、問屋から2万6000本もの注文まで取っていたのにも関わらず、任天堂はそれを中止させてまで作り直したそうです。『星のカービィ』という名前はそのとき決まったものなんだとか。ちなみに生みの親・桜井政博氏は「カービィ」という名前の由来について「諸説ありますが実際どーなんでしょう?」と述べています。(※参照)

 結局、任天堂によって作り直された『星のカービィ』は、全世界で累計500万本を売り上げる快挙を達成。人気シリーズとしての礎(いしずえ)を築いたのでした。この成功譚はWikipediaFandomなどにまとめられており、ファンの間で語り草となっております。



◆任天堂の味付け◆

 ただし、このよく知られた「カービィ成功譚」、しばしば「任天堂が内容に手を加えて大ヒットさせた」とやや間違った解釈をしているファンを見かけることがあります。

 そりゃそうですね。元社長の岩田氏や糸井氏までもが「作り直した」と証言しているのですから。そう思ってしまうのも無理はありません。そもそも、この話の源流となっているのは任天堂・山内博社長(当時)が1992年8月26日に開催されたファミコンスペースワールド'92(第4回初心会展示会)にて行った講演でした。山内氏は「コンピュータ・ゲーム市場の展望」というテーマで以下のような発言をしたのです。


現在不幸にも和議を申請中でありますハル研究所というのがありますけれども、このハル研究所さんに対しては、任天堂は全面的に支援協力をいたしまして、早急に再建を軌道に乗せる準備を進めておりますけれども、このハル研究所さんが今年の1月にお作りになったゲームボーイ用ソフトがございまして、そのゲームボーイ用ソフトは流通のかたがたに受注活動をされたんですけれども、わずかに2万6千本しか注文が集まらなかったわけでありまして、これに対して任天堂内部のゲーム評価部隊が、このソフトは大変うまくできているのに、これだけの数しか集まらないのはあまりにももったいないと、なんとかこれを売れるようにしてあげねばならないし、また任天堂はそうすべきだというように強く要請がありまして、ハル研究所さんと話し合いした結果、任天堂が味付けをする。

このソフトに味付けをして、名前を変える。これをやろうということで、そして、4月の末に名前を「星のカービイ」という名前に変えました。
出典:「マイコンBASICマガジン」1992年11月号

 この「味付け」という表現が絶妙でした。



◆製作者による反論◆

 いかにも任天堂の手柄という風に語ったこの講演は関係者やファンの間で広まり、いつしか『星のカービイ』は任天堂がゲーム内容を調整して大ヒットさせたというやや大げさな話となっていったのです。しかしこのような風潮に対してまっこうから反論したのは他でもない。製作者である桜井政博氏でした。

 彼は2011年3月に以下のようなtweetをしています。



 「当時多くの人が勘違いしたこと」とハッキリおっしゃってますね。


 氏は任天堂に感謝の言葉を口にしながらも、反論をつづけたました。




◆任天堂が行ったこと◆

 それでは実際のところ、任天堂はいったい何をしたのでしょうか。桜井氏によると任天堂が行ったのは以下の三点のみだったといいます。(出典)

・タイトルを変えた
・ROM容量が2倍になった
・それに伴い2周目を追加できた


 なるほど。
 任天堂はよく言われているような、ゲームバランスを調整したりとか、そういった内容に関わる部分には手を加えていなかったんですね。やはり「味付け」という表現が、誤解を生んだようです。

 いずれにせよ、製作者本人が「無能と言われたような気がした」とまで独白しているこのカービィ成功譚をさも本当のことのように、我々がドヤ顔で語るべきではないのは間違いありません。




orotima-ku1.pngファミコン版は今日で28周年!!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ファミコン版のカービィは思い入れが強いですね。
当時、スーファミ全盛期だったので、ファミコンで遊んでいる友達はあまりいなかったんだけれども、ある友人が絶賛するので買ってみたんですね。
そしたら面白くて、面白くて。
100%クリアするまでずいぶんとやり込みました。サウンド、ビジュアル、操作性、何をとっても最高でした。

何よりも可愛い
人間以外の可愛い主人公のゲームは面白いゲームが多い

なるほどなぁ
悪く言えば手柄を横取りされた感がどうにも拭えなかったんだろうなぁ
当時会社を救ってもらう立場を思えばあまり事を荒立てるのも不本意だろうし

正直私も任天堂がどこまで関与したのか正確には知らなかったのでこのtweetはもっと知られていいと思いますね。

あの絵描き歌のCMもインパクトが強くて、売上に貢献したと思います。

味付けというのがやや語弊があるんだろうね

宮本さんのチェックが入って広報その他でバックアップしてヒットするも
その後の待遇含め何かシコリを残したままだったんだろうなぁと邪推してしまったよ…

アニメ化もしたけど10年早く開始して欲しかったカービィ

オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」を開設しました!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと
musudora04.jpg
 積みゲー親父が思わず考えさせられた小学生の息子の奇想天外なドラクエプレイ!

ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について
famibeya1013.jpg
 蒐集過程において何度も訪れるパラダイムシフト(価値観の転換)について。

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲームを取り巻く価値観の変化

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

なぜスマホゲームは「時間の無駄」なのか?
dannjonwotorimakuzu.png

 スマホゲームとその他の趣味・娯楽の圧倒的違いとは何か。オロチ独自の視点から分析した記事。

“懐かしい”という感情の正体について 再考
dannjonwotorimakuzu.png

 おそらく人間だけが持っているだろう“懐かしい”という感情の正体に迫る。完結編。

嘘から始まった「スウェーデンの任天堂」奇跡の物語 ~北欧ゲーム市場を開拓した一介の電気店~
dannjonwotorimakuzu.png

 北欧を舞台に一人の男が成し遂げた任天堂スウェーデン奇跡の物語。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ