HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

ナムコの広報誌「NG」トガリまくった世界② ~前代未聞の宣戦布告事件~

NGトガリまくった世界②表紙


◆前代未聞の宣戦布告事件◆

 それは1988年3月号で突然起こった――
 NG編集部から読者へ宣戦布告が突きつけられたのだ。

NG1988043ワッツナムコ宣戦布告01
 出典:NG 1988年3月号

 内容はNG読者に対して「ケンカしましょ。話しましょ」と訴えるものだったのだが、右上には「NGはまだまだナムコが嫌いです」という目を疑うような文言が!?

 え、NGってナムコの広報誌だよね。トガリまくってるなあ。読者にケンカを売った返す刀で今度は母体でありスポンサーであるずのナムコを斬りつけるなんて、これでは本当に全方位に中指立てる状態ではないか!

NG1988043ワッツナムコ宣戦布告05

 ナムコにはまだ可能性があります。そしてNGにもまだ可能性があります。少なくともそう信じています。だからNGが嫌いなんです。ナムコが嫌いなんです。(中略)
 NGはもっともっと良くなるはずです。良くならなければなりません。でも私たちは与えられたチャンスと才能を充分に生かしているのか? その辺りに疑問を感じます。自分にいらだちを感じます。
 出典:NG 1988年3月号

 同記事内のこちらのヒステリックな文章にも鬼気迫るものがある。
 いったい何があったと言うのだろうか?



◆WHAT'S NAMCO◆

 どうやら遠因となったは1987年11月号から始まった「WHAT'S NAMCO」というコーナーらしい。その第1回目は「NG編集部からVGF(ビデオゲームフリーク)への手紙」と題されたコラムが掲載された。

198712NG.jpg
 出典:NG 1987年11月号

 内容は1960年代に創立されたナムコがときの権威へ反発し、いかに自分たちの価値観をつくりあげていったかという起業譚だったのだが、途中から様相が一変。

wattunamuko198711.jpg
 出典:NG 1987年11月号

 「氾濫する情報と混乱する文化が生んだものは、人間らしさの崩壊だったのではないでしょうか」という反情報化・反消費化社会のような言説を語りだしたと思いきや、今の子どもたちは自然を体で感じなくなった→イジメや自殺が増えたなんていう、かなりアクロバティックな論理展開が飛び出す展開に。

 これは元々ナムコ社内報「遊」にて社員向けに問題提議されたものらしく、よくよく読んでみるとそれなりにデータに基づいた見解だったようだが、私はファミコン世代なのでどうしても読者目線になってしまうことをお許し願いたい。ハッキリ言ってゲームメーカーの小冊子を読んでいたのにゲームを否定するような説教をされる意味がわからない。

shanaihouyuu0.jpg
 出典:NG 1987年11月号

 ただ、ジジイになった今ではわからんでもないのだ。この編集部の不可解な所業はいわゆる「最近の若いもんは」のバリエーションのひとつだと考えると腑に落ちるのである。

 戦後、現代社会の技術革新における利便性の向上には目覚ましいものがあり、一昔前はとんでもなく苦労したことが一瞬でできるようになったりする。したがって歳を取れば取るほど世の中がどんどんイージーモードになっていくような気がするのは仕方ないことだ。ジジイになると昔は当たり前だった「しなくてもよかった苦労」を美化したくもなるし、そのような苦労に趣(おもむき)を感じる酔狂人すら出てくる。それはキャンプで食べるカレーがやけに美味しい理屈と根底は同じなのだ。私はそのような若者論が害悪だとはまったく思わない。なぜなら若者のことを理解したい人間ほど若者論を口にするからだ。

 そう考えるとNG編集部の「VGFへ手紙」による若者批判は読者のことを理解したいという気持ちの裏返しだと解釈するべきであろう。

wattunamuko03.jpg
 出典:1988年2月号

 その後、WHAT'S NAMCOはまったく別のテーマを挟んで第4回目にふたたび啓発的コラムを発表。読者による様々な反響を掲載しつつ「昔よく貸本屋のオヤジに釣銭チョロまかされたけど夢があった」という正直何が言いたいのかよくわからない話を力説するのだった。

 現に、まったくピンと来ない読者もたくさんいたようで「WHAT'S NAMCOは何のためにやってるの?」という疑問が編集部へ殺到していることが記事の片隅で明かされていた。こういうところを包み隠さないのがNGっぽくもあり......。

wattunamuko051.jpg

 しかしそんな問いに対しても編集部は「生きるため」という雲をつかむような返答をしており、余計に混乱を招くのみであった。そもそも「何のためでも誰のためでもない」という語句が文章にリズムをつけるための枕詞みたいなものではなく本心から出た言葉であるならば、そんな漠然とした気持ちで始まったコーナーが第三者に理解されるわけがないので、疑問が殺到するのは当たり前である。

 ただ、これも当時の時代背景を考えると印象が変わってくるのだ。



 この特集が組まれた1988年2月はナムコが長い間、活動してきたファミコンという舞台に一定の距離をおこうと模索していた時期と重なるのである。ちょうど『妖怪道中記』でPCエンジンへ初参入したのが1988年2月なのだ。

19890801ゲームマシン
 出典:ゲームマシン1989年9月1日号(アーカイブ)

 翌1989年2月には『フェリオス』でメガドライブにも参入しているし、同年7月にはあの有名な「ファミコン契約更改」事件が起こっている。このナムコ屈辱の日に至るまで社内外で様々なゴタゴタがあったことは、後年のSNSにおいて多くの関係者各位が証言しているところであり、今さら私が説明するまでもないだろう。()

 そんな渦中にあったNG編集部の「生きるため」という言葉には、ある種の迫力がこもっているではないか......。




◆NGはナムコのPR誌ではない!?◆

 しかしそれを許さなかったのが熱心な読者の一人・N村えるふである。

wattunamuko060.jpg
 出典:NG 1988年3月号

 N村は編集部に対して「NGはナムコのPR誌でしかなかった」と啖呵を切ったあと「読者コーナーでゲームの話ばかりするな」「WHAT'S NAMCOを読んでも何も感じない」「お茶を濁さずハッキリ堂々とものを言え」という忌憚(きたん)のない言葉をぶつけたのだ。

 すると編集部(オヤジ)はN村に対して一定の理解を示すような返答をしていたにも関わらず、同じ号のWHAT'S NAMCOのコーナーで宣戦布告するという事態へ突入するのだった。それが本記事の冒頭で紹介した「宣戦布告」のページである。

NGsoukan0.jpg
 出典:ゲームマシン1983年3月15日号(アーカイブ)

 「ナムコのPR誌でしかない」という言葉の何がそんなに癪(しゃく)に障ったのか。外野の人間にはサッパリわからないだろう。なぜなら、創刊を伝える当時の業界紙「ゲームマシン」を参照するまでもなく1983年にNGがナムコの新製品をPRするために生まれた社外用PR誌であることはナムコ自身が認めている明白な事実のだから。

 だが、熱心な一部の読者や当時のNG編集部にとっては違ったらしい。つまり彼らはNGがメーカー広報誌以上の存在になることを望んでいたということなのである。

wattunamuko09.jpg
 出典:NG 1988年4月号

 次号1988年4月号ではさすがに前回の宣戦布告に対して多くのリアクションが届いたようで、ある読者は「ナムコの敷いたレールの上を歩くつもりはない」とバッサリ斬り捨て、ある読者は「今のNGにはハングリー精神が消えうせた」「内輪ネタだけで盛り上がっているだけ」と真摯な意見を述べ、ある読者は「ナムコのPR誌で何がイケないんだ!」と憤りをあらわにしていた。

 さらに次の号では発端となったN村えるふが満を持して再登場。

wattunamuko08.jpg
 出典:NG 1988年5月号

 腕をケガした少年がゲームセンターで友達の補助を受けながらプレイしていたという思わせぶりな話を披露したN村は「こういう行動にはハートがある」と主張。今回の騒動に関係あるのか、ないのかイマイチよくわからないこの話に対して読者コーナー担当のオヤジが「バカ言ってんじゃねえ、そいうやつは迷惑だ。世間じゃ通用せんぞ」と反論するという、泥沼の様相を呈したところで私はこの事件を追うのをやめた。

 キャラだとはわかっているものの、正直この「オヤジ」という読者コーナー担当者のわざとらしい“べらんめえ口調”がいよいよ鼻についてきたからだ。そもそも率直な気持ちを自分たちの言葉で包み隠さず訴えている少年少女たちに対して一枚キャラクタを乗せている大人が相手をするはフェアじゃない。少なくともそれがN村の意見を頭ごなしに否定し口汚く罵(ののし)っていい理由にはならないはずだ。投稿者のメッセージに担当者が露悪的なコメントをつけるという点だけでいうとかつてファミコンショップTVパニックで無料配布されていた「TVパニックプレス」の末期を想起させる。()

 というわけで、以降の宣戦布告事件は「第2の刺客」が現れたり「編集部ドラクエ3絶賛事件」が起きたりと色々ありながらも収束に向かっていくことになるのだが、さいごに印象深い読者メッセージをひとつだけ紹介させてもらおう。

NG1988090.jpg
sこsこ

 私の周りにも季刊NGはいつも楽しみにしてとりに行ってたのに、今はもうとらなくなった友人が一人や二人ではない。確かWHAT'S NAMCOができてから季刊のファンだった人が見捨てたようですね。ようするにWHAT'Sを見てからNGの輪の中に入りこんだヤツがNGを変えて、いや崩壊させてしまったのである。何がNGの原点だ? NGの原点はナムコのPR誌だ。それで十分おもしろかったのよ季刊は。
出典:NG1988年9月号

 古参投稿者の至極まっとうな意見である。NGにとっては最も耳が痛いであろう芯食ってるメッセージだったのではないだろうか。あいかわらずオヤジは「バカいってんじゃねえ」と悪態をついているが、ここで注目すべきはS子の「みんな、WHAT'S NAMCOをひきずりすぎ」発言だ。どうやら消火活動に舵を切ったようである。卑怯だね。大人は。(笑)

 ちなみにオヤジはこの1988年9月号を最後に読者へのコメントはしなくなり、とくに何のアナウンスもなく、翌10月号を最後にスタッフクレジットからも名前が消えていた。




◆世代をこえたシンパシィ◆

 私オロチは小学生のときにファミコン全盛期を迎えたバリバリのファミコン世代だった。この世代はクソゲーをやり慣れてしまったせいで世の中にどこか冷めていて達観しているところがあり、夢を見ず冒険もせず好きなことさえできれば多くを望まないというスタンスで生きていると分析されることがある()

 また、我々は「氷河期世代」とも呼ばれバブル崩壊後の日本でロクに就職もできなかった谷間世代(ロストジェネレーション)とさんざん揶揄されてきた。N村のようなアツい思いをもってる人間ですらこうやって頭から否定され潰されてきたのだ。それでいて「夢のない時代」とはずいぶん笑わせてくれる。ファミコンソフトをつくっていながら「もっと自然と触れ合え」だの、情報を氾濫させている側でありながら「人間らしさの崩壊」だの、この世の沙汰は本当に欺瞞(ぎまん)だらけのウソだらけ。今さら驚きやしない。むしろそんなトガリっぷりが懐かしくもあり微笑ましくもある。なぜなら我々は冷めてるから!(笑)

NG1988043ワッツナムコ宣戦布告03
 出典:NG 1988年3月号

 ただひとつだけ気になることがあった。宣戦布告文の「NGスタッフの多くは昭和30年代生まれ」という一文がふと頭をよぎったのだ。念のため調べてみると彼らは「しらけ世代」と呼ばれていた1950年~1964年生まれの世代だということが判明したのだ。

しらけ世代(しらけせだい)は1960年代に活性化した日本の学生運動が鎮火したのちの政治的に無関心な世代。(中略)真面目な行いをすることが格好悪いと反発する思春期の若者にも適用された。(中略)彼らが就職した時期はオイルショック後の低成長期で、後の就職氷河期ほど酷くはないものの、オイルショック前に就職した上の世代に比べると就職環境は厳しかった。

 しらけ世代とファミコン世代......。
 驚くほど境遇が似ているではないか!

 私は不覚にもWikipediaの「真面目=かっこわるい」という解説に納得してしまったのだ。振り返ってみれば、ゲーム紹介記事で大仏のズラを被ったサングラスの男がゴミ箱に入って笑っていた理由も、龍馬くんの新製品情報で坂本龍馬の説明がことごとくデタラメだった理由も、ナムコのPR誌であるにも関わらずナムコのPR誌であることを拒んだ理由も、すべて真面目がかっこわるいというキーワードで合点がいくからである。

NG19880801.jpg
 出典:NG 1988年8月号

 さらに言えば私がNGのトガッた記事を拒絶しながらも、そこはかとないシンパシィを感じていた理由もどうやらこれだったらしい。同じような境遇の世代同士で何となく通じ合うものがあったのだろう。なんとも因果な話ではないか......。

 🐍🐍🐍

 結局、WHAT'S NAMCOは1988年12月号をもって掲載されることがなくなり、折りしも日本はその直後に「平成改元」という大きな節目を迎えている。※ちなみに「WHAT'S NAMCO」最後の特集は藤子不二雄インタビューという今までとはまったく毛色の違う内容だった。

NG昭和平成

 それ以降のNGは人気投票で1位を獲得し毎月表紙を飾っていたてヒロイン・カイが降板し、雑誌の顔であるロゴも変更され、さらに隔月発行となるなど、まるで憑き物が落ちたように何もかもを刷新。「ディズニーランド」や「バレンタインデイ」の特集をするような健全な広報誌へと成長を遂げていくのであった。



orotima-ku1.pngめでたしめでたし!



<ナムコの広報誌「NG」トガリまくった世界>
① ゲーム否定派!?の龍馬くん
② 前代未聞の宣戦布告事件

関連記事

コメント

楽しく読ませていただきました

こんにちわ。 いつもTwitterのTLでお見かけしております。
ずいぶん昔の投稿記事を取り上げてくださって、ありがとうございました。
関西で活動していました、CarrotNetworkの先輩から連絡をいただきましてこの記事にたどり着きました。
今見返すと、ひどい文章ながら情熱は伝わってきます。 掲載されるとは思っていなかった油断のなせる業です。
昔の記憶ですが、何号か前から「ゲームばかりじゃだめでしょ」みたいな記事が載るようになって「何か矛盾してない?」と思ったところに宣戦布告と来たので「それならば」という軽い気持ちで送りました。
記事の補足になりましたら幸いです。

 オロチさんお元気ですか?「熱心な読者の一人・N村えるふ」さんに、この記事を読むように伝えておきました。

N村=中村さん?

N村えるふ さん ご本人様ですか!
コメントありがとうございます。恐縮です。

ゲームばかりじゃダメでしょという記事はこの連載シリーズ①で紹介した龍馬くんのコラムでしょうか。そもそもNGは立ち上げに際してすでに、高橋名人にさきがけて「ゲーム一辺倒じゃだめだ」というようなことを言ってますからね。そういう意味では画期的な小冊子でした。

私は、NGにとって宣戦布告事件とは今思えば「通過儀礼」のようなものだったと解釈していますが、当事者のN村さんはどう思っていたのでしょうか。非常に気になります^^

ナムコはオタクを廃し、健全化を進める時期がありましたよね
寂しくもあり、でも当然の流れと思って見てました

現代においては、当時以上にオタク文化が一般的になってるのが
不思議な気持ちです

オタクを廃する流れですか。NGは見ているかぎり、他の似たような小冊子と比べたら、まだ健全なほうだったとは思いましたけどねえ。たぶん年齢層が低かったからかもしれませんが、それでもそういう流れがあったんですね。

当時中学生でしたが初めて手にしたNGがこの説教回で面喰らいましたw
小学生の時分にはゲームをやってましたけど夏には虫取り魚釣りを
盛んにやっていたのでゲームだけの子はいなかったですね。
中学になって部活強制になりかえって娯楽がゲームだけに収れんして
いったように思います。

それはさぞかし面食らったでしょうね^^

アマでNGのTシャツ売ってるね

オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」を開設しました!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ