HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

書籍「勇者と戦車とモンスター  1978~2018☆ぼくのゲーム40年史」12月20日発売!!

<注目!!>
勇者と戦車とモンスター  1978~2018☆ぼくのゲーム40年史 (とみさわ昭仁 )
9784909646507_600.jpg


紹介
あのとき、ゲームは<人生>そのものだった

「インベーダー」にはまり、
「ドラクエ」に衝撃を受け、
「ファミ通」で原稿を書き、
「ポケモン」の制作に関わる……。

80年代のゲーム雑誌黎明期にライターとして飛び込んだ著者は、「天才クリエイター」田尻智との出会いを通して制作集団ゲームフリークに参加。
横井軍平、宮本茂、堀井雄二、さくまあきらなど、<ゲーム界の偉人>たちとの交流を経て、数々のゲーム制作に関わっていく……
そして、大ヒット作品『ポケモン』の誕生にも立ち会うことになる。

伝説のゲームが生まれる瞬間をリアルに体験し、クリエイターとしてもコミット。
ゲーム史で<革命>が生まれる瞬間を見続けてきた著者が描く、波乱万丈にして唯一無二、誰も書けなかった超自伝的<ニッポンのゲーム>青春記。


──ゲームボーイを作った横井軍平、『スーパーマリオブラザーズ』の宮本茂、山内溥から任天堂を引き継いだ岩田聡、『ドラゴンクエスト』の堀井雄二、『桃太郎電鉄』のさくまあきら、『MOTHER』の糸井重里、そして『ポケットモンスター』の田尻智。
一介のゲームライターだったぼくは、やがてゲームの開発者にもなっていくのだが、上に挙げた人たちの全員と一緒にモノ作りをしたことのある人間なんて、業界には他にいないだろう。ぼく自身は天才でもなんでもない凡人だが、天才と出会ってしまう才能だけはあったのだ。
そんなぼくが見てきたゲームの歴史。これから書くものは、ぼくの自分語りでありながら、それが図らずも日本のゲーム業界の、かなり重要な一部分を記録したものになっているはずだ──。(本書序章より)

 横井軍平、宮本茂、堀井雄二、さくまあきら、、、と、とんでもねえメンバーや。

 目次はこちら。

序章
01 凝縮された30年

第1章 ゲームとの出会い
01 見返りのないおもしろさ
02 どんなゲームで遊んできたか
03 マンガ家という夢と挫折
04 よい子に惹かれて私は……
05 見切り発車でライターに
06 食えないフリーランス

第2章 ゲーム生活の始まり
01 ファミコンが買えた!
02 必殺のリセットボタン
03 もしもし、ミヤモトです
04 おお、勇者あきひとよ!
05 パソコンに失望す

第3章 ゲームとサブカル
01 アイドルとファミコンをする
02 新明解ナム語辞典
03 ゲームのために生まれた男
04 ゼビウス1000万点への解法
05 京都へのアウトラン
06 ゲームとの向き合い方

第4章 ゲーム雑誌の日々
01 ゲームフリークとその周辺
02 さらばファミコン通信
03 あたたた!! ファミコン神拳
04 キム皇とマシリト
05 超大陸パンジア
06 ヒッポンで残した爪痕
07 竜退治はまだ飽きない

第5章 株式会社ゲームフリーク
01 大手流通に乗ったクインティ
02 ゲーム会社尉なぜ出版部が?
03 開発部員としての仕事
04 二度目のフリーランス
05 知的な時限爆弾

第6章 最後の悪あがき
01 三度目のフリーランス
02 桃鉄チームに電撃遺跡
03 古書の街の秘密基地
04 そして、あれから30年

あとがき
出典:ニュースリリースより

 これは絶対おもしろそう。

 とみさわさんといえば弊ブログが「闇のファミコンソフト『藤屋ファミカセシリーズ』の正体が判明」という記事で少しBUZZったときに、とりあげた某ファミコン雑誌の記事について「あれはわしが書いた」(口調は忘れた)と教えてもらったというようなことがありました。

 また、私のコレクターとしてのひとつのお手本みたいな方でもあります。彼の提唱する「整理欲」という話は面白いので、興味あるひとは「無限の本棚」もおすすめです。


<ニュース>
青森りんご版『ぷよぷよ』こと『ぷよりんご』を青森県観光企画課がブラウザゲームとして公開。品種によるわずかな色味を見分ける高難易度『ぷよぷよ』
 青森県民なら簡単というけどプレイ動画もついてないと説得力がないな。

ゲームボーイなどのカセットを挿して遊べるAnalogueの携帯ゲーム機「Pocket」がいよいよ12月13日に発売 | TechCrunch Japan
 我が青春のLYNXが遊べるとなれば秒で買うしかあるまい!

Mr.ドットマン小野浩さんのお別れの会が、11/27、28に開催決定。献花ならぬ「献タイル」でドット絵の作成も。 | そうさめも

<新製品>
マイコンソフト、RGB映像を滲みなくクッキリ鮮明に取り込めるキャプチャー・ボード、「SC-700」を発表…… レトロ・ゲーム/レトロPCの録画に最適 - ICON
 おお。ついにフレイムマイスターの後継機種が!と思ったらキャプチャーボードだった。

<書籍>
歴代のスタッフが集結! ゲームマガジン「Beep21」創刊へ向けた動きが12月に始動 - GAME Watch
 リーブ21と同じイントネーションや。そういえばあの社長、最近見ないな。

<格ゲー>
『ストリートファイターV』にてTwitter上での舌戦から米vs欧のリージョン対立が過熱。公式を巻き込み、アメリカ・ヨーロッパ戦争勃発か - AUTOMATON
 日本はスルーかと思いきやちゃんと出てきて安心した。しかし実現したら面白いなあ。アマプラとかで番組にして流してほしい。

<ラジオ>
鳥嶋和彦『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』と少年ジャンプを語る
鳥嶋和彦『クロノ・トリガー』とVジャンプを語る
 ラジオの文字お越し記事久々に見た。やはり色々アウトなのだろうけど怒られたという話は聞かないな。



orotima-ku1.png今さらユーネクストでアニメ版「デスノート」を見てる。ちゃんと見たことなかったので。しかし主題歌がホルモン(途中から)だったとは知らなかった。たしかにデス繋がりではあるが。ホルモンといえば「エアマスター」でED曲で初めて聴いたとき衝撃を受けたなあ。このとき「アニメの曲にデス声はNG」ということでああいう編曲になったらしいが、一方「デスノート」のOPでは思いっきり流れてるところが感慨深い。

関連記事

コメント

Analogue pocketですが、在庫切れで予約もできませんね。
ただ、LYNXはアダプタはまだ出てないみたいなので、どちらにせよしばらくお預けですね。。。
気になるのはpcエンジンにも対応するみたいですね

私もこの記事を書いた後すぐに公式サイトを見たら売り切れでしたわ。どうなってるんでしょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」超マイペースで更新中!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

誰も知らないゲーム機「XaviX PORT」物語
xavix9901.jpg
かつてファミコンをつくった男が生み出した異色ハードの挑戦物語。

幻の5本目『キン肉マンゴールドカートリッジ』購入者&地区優勝者ご本人インタビュー
xavix9901.jpg
ファミコン史上初。キン肉マンゴールドカートリッジ当選者の生の声。

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

NHKが掲載した謎のファミコンソフト『Mappy』の正体を暴け!!
xavix9901.jpg
NHKが掲載したどう見ても海賊版ファミコンカセットの正体を追う。

偉大なる嫉妬ゲー『サクラ大戦』編 【悶絶ゲーム評】
hurasshujiken1.jpg

ギャルゲー初心者オロチが全力でサクラ大戦をプレイした結果......

誰も知らないファミコン・PCエンジン両用「マルチ・コントローラー」の発掘と調査報告
hurasshujiken1.jpg

世にも珍しい両用コントローラの正体と意外な誕生エピソード。

地元ゲーム屋に『烈火』が入荷→即売れしていくまでの一部始終を見届けた話
hurasshujiken1.jpg

店員の女の子がかわいかったという話。

ドラクエ訴訟の原点「ハイスコア事件」をめぐる調査記録
hurasshujiken1.jpg

その昔、竜王を掲載して廃刊になった雑誌があったという都市伝説を追う長編。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ