HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

NHKが掲載した謎のファミコンソフト『Mappy』の正体を暴け!!

◆パチモノを流す公共放送◆

 先日、NHKが伝えた上村氏の訃報に掲載されていた写真に「謎のファミコンソフトが写っている」という情報をいただいた。

 こちら。

NHKfamikon01.jpg
 出典:「ファミコン」開発責任者 上村雅之さん死去 78歳 | おくやみ | NHKニュース

 うわあ。NHK......。

 「MAPPY」と書かれた謎のラベルが貼られている黄色のカートリッジが本体に刺さっている。しかしそれは我々の知る『マッピー』とはあまりにもかけ離れていたのだ。かといって正式ライセンスを受けた海外バージョン(NESとか)でもなさそうである。形状がまったく違うし。そもそもなんだこの絵は。(笑

NHKfamikon02.jpg
 ※拡大図


 ※こちらが本物

 というか、ぶっちゃけ完全に中華パチモノですやん。しかも台湾だな。一目でわかるよ。カートリッジの形状や色、ラベルが如何にもそれではないか。でかでかと「NHK」なんてロゴ入れちゃって偽物ファミコンソフトの画像を載せるなんて世話ないよね。正直、公共放送にあるまじき行為と言わざるを得ない。

 さっそく調査をしてみよう。



◆実は一度調査していた◆

 すっかり忘れていたのだが、実はこの写真、以前も東洋経済オンラインが「ファミコンブーム」にあれほど熱中した背景という記事で使用していたので、そのとき少し調べたことがあったのだ。

 そもそもこれは東京に本社のあるフォトエージェンシーアフロが提供している写真である。

 NHKfamikon03.jpg
 出典:アフロ公式サイト

 アフロ公式サイトで検索すると「ビデオゲームの博物館 ポーランド・カルパッチ」というタイトルで見つけることができた。どうやら元々はポーランドのカルパッチというところにあるゲーム博物館の展示物らしいのだ。なぜポーランド?

 ここで東洋経済オンラインの記事にも並記されていたEastnewsに注目してみよう。どうやら海外のフォトエージェンシーらしい。つまりこの写真はEastnewsがアフロへ素材提供しているものだったのだ。で、試しに公式サイトを覗いてみるとURLが「https://www.eastnews.pl/」だったんだよね......。

 何を隠そう「.pl」はポーランドのドメインなのだ。
 つながった!



◆ポーランドのゲーム博物館◆

 以上の事実から、この博物館は「Private Museum of Video Game」というポーランドはカルパッチという場所にある小規模なミュージアムであることが判明。公式サイトもあったらしいのだがつながらなかったので別の紹介ページを見つけた。

NHKfamikon04.jpg

 ここに館内の写真がわんさか載っていたので探してみたら、あったよ!

 まさしく現物。

NHKfamikon05.jpg

 ちょっと解像度低くてわかりにくいが本物っぽい『スーパーマリオブラザーズ』と「3Dシステム」とセットにされているので、これがNHKの記事に載っていた写真の現物で99%間違いないだろう。

 その下は『SDバトル大相撲』で、さすがに倒れているやつは不明だが、下の段の2本は『バルダーダッシュ』と『スペースインベーダー』である。そうなってくると偽Mappyだけが明らかに浮いている。この博物館にはほかにも中華製と思われるパチモノがたくさんあったのだが、なぜ偽Mappyだけこんな上位チームに入れられてしまったのだろうか。逆に不憫でならない。(笑

 ※ちなみに、なぜこんな小さい画像だけでタイトルが特定できるのかというと、実は私には特殊能力があるのだ。詳しくはこちらの動画を見てくれ。 
 


◆このソフトの正体◆

 まあいいや。ともかく写真の出所はわかった。でもこのソフトの正体はまだ判明してないのだ。

 以前調査したとき私は「この偽MAPPYに似たカートリッジをブラジルのフリーマーケットサイトで頻繁に見る」と報告していた。昔の私がいったいどういう調査でブラジルのフリマサイトなんかにたどり着いたの我ながらさっぱりわからないのであるが、残念ながら、それがどこだったのかも記録していなかったので改めて探してみることにした。

 すると海外老舗ファミコンサイト「Famicom Woarld」の掲示板にこれとまったくおなじラベルのカートリッジを発見。

NHKfamikon06.jpg
 出典:Famicom Bootlegs with Original Artwork 

 どうやらこの投稿主はこのカートリッジがBootlegs、つまりパチモノだと知っていながらラベルのアートワークが気に入っているようで、これがいつどのメーカーによってつくられたものなのか質問していた。まさしく今、私が知りたい内容ではないか。しかし残念ながら有力な情報は見当たらず。その代わりではないが、この投稿者によるとこのカートリッジはベネズエラから手に入れたとのこと。

 ベネズエラっつったら、コロンビアの横っちょらへんの?
 南米がつながった!

 南米といえば独自のゲーム文化が醸成されていた地域として有名であるが、ファミコン時代は台湾製のパチモノを多く流れていたことがわかっている。ポーランドの博物館に存在するMappyもそんなパチモノのひとつと見受けられるのがこれ以上の事実はわからなかった。

 

◆専門家の意見は?◆

 ここで私は日本有数のパチモノ専門家である麟閣(@rinkaku89)氏に意見をうかがった。

 氏はあくまでも推測の域を出ないとしながら、ガワについてはちょっと前の中国業者の流行りで流通量が多かったものと推定。ラベルについては「パチモノは一時期ロシアへ大量に輸出されていたことから、ロシアや北欧向けかもしれない」との見解を述べた。

 なるほど。この偽Mappyは大陸からロシア経由でポーランドに入って来たという線も十分考えられるなあ。

 ※ここから追記

 するとさらにtwitterにて「このラベルのMappy、ロシアのデパートのサイトで、Dendyとセットで売られているのを見た事があります。」との有力情報が舞い込んで来た。Dendyといえばロシアの海賊版ファミコンと知られているあのDendyだ。

dendy9.jpg

 参照サイト:ゲームレガシー : ロシアの子供たちを魅了した赤い国のファミコン 「デンディ」

 ロシアが怪しい!



◆そして辿り着いたひとつの答え◆

 ということでロシアを中心に調査をつづけるとさっそく「SomeRussianMarioDude」というファミコン海賊版を紹介するブログを見つけたのだ。そこにはなんと、あのMappyが!

NHKfamikon08.jpg

 出たー!

 カートリッジの形状は違うものの、間違いなくこのラベルだ。しかもそのブログは同じパチモノメーカー製と思われる他のタイトルをいくつも紹介していたのである。その中で興味深い記述があったのだ。なんでも画像の多くはKinamaniaというユーチューバーの「Dendy Chronicles #1」という動画からとったスクリーンショットなんだとか。

 やはりDendyか......。

NHKfamikon07.jpg
 出典: Dendy Chronicles #1

 ためしに動画を見てみたところ、カートリッジの形状が一致!

 さらに弊記事のコメント欄にて「ポーランドはDendyと同じ小天才系列のパチモノファミコンがPegasusというブランド名で出ていたらしく、恐らくそっちブランドで出てたパチモノカートリッジかと思われます。」という情報を頂いた。そこに貼られていたURL先の画像を見ると形状は少し違うもののまったく同じラベルのカートリッジが!

NHKfamikon09.jpg

 実はこれとまったく同じカートリッジがポーランドのエミュサイトにも掲載されていたんだよね。もしかしたらポーランドの海賊版メーカーが販売していたものなのか!?

 上記ロシアのパチモノブログSomeRussianMarioDudeに次のようなことが書いてあった。「ここで見られるものはすべて同じブートレグ会社が作ったものだと思います、おそらく一生知ることのない名前で。by DeepL翻訳」。残念ながら本場のBootlegマニアも匙を投げているのでは私が一生調べてもわかるわけあるまい。そもそも海賊版メーカーの正体がそんな簡単に割れたら苦労しないのだ。それにしてもさすがは専門家やマニアの方々。私が唱えた南米が関係あるかもしれない説はただの偶然だったことをお詫び申し上げます。(笑

 というわけで今回の調査はこれにて一旦終了。
 NHKは東欧の海賊版ファミコンソフトの写真を載せるのを即刻やめなさい!



orotima-ku1.pngご協力感謝します。

関連記事

コメント

ここまで突き詰めるとは大したもんです!

https://archiwum.allegro.pl/oferta/mappy-pegasus-famicom-i9997088681.html

ポーランドはDendyと同じ小天才系列のパチモノファミコンがPegasusというブランド名で出ていたらしく、恐らくそっちブランドで出てたパチモノカートリッジかと思われます。

情報ありがとうございます。おお、まったく同じだ!
すみません。コメントを見たのは記事を新しく更新したあとでした。

情報追記させていただきました。ありがとうございます!

素晴らしい追跡調査&情報力だなぁ・・・
海外パチモンなんて全然知識無いから、素直に感心しました。
しかし天下のNHKが、こんな情けない仕事をしているとはなぁ・・・ホント残念というより恥だよ、これは。
日本が産み出した傑作TVゲーム機であり、名ソフト。
その後は今に至る、世界を席巻し日本文化の象徴とも言われるようになったゲームの礎を文字通り「作った」 功労者である上村氏の訃報を伝える重要な報道に、パチモンを使われて放送されるとは・・・。
考えすぎかもだが、上村氏を最後の最後で汚された感覚になる。
使用素材を、事細かくイチイチ調べる余裕なぞ無いかもしれんけど、仕事として余りにもお粗末すぎではないだろうか。

NHKにもファミコン当時勢が居るんでしょうが、余計な事を言ったらオタクだとか言われそうだし、恨まれたくない、目立ちたくないという給料だけ貰えればと言う事なかれ主義がはびこってるんだろうな。

本当に残念ですね。
そもそもアフロもこんな写真提供しなければいいと思う。写真を借りる方はアフロ全面的に信頼して、ろくにチェックもしないでしょう。そのためのフォトエージェンシーですよね。

いきなりページが変わってビビった

あれ?戻ってる

すみません。テンプレートを新しくしようと裏で色々してたら、気づかないうちに表も変わってしまっていました。すぐ戻しました。

コメントの投稿

非公開コメント

オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」超マイペースで更新中!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

誰も知らないゲーム機「XaviX PORT」物語
xavix9901.jpg
かつてファミコンをつくった男が生み出した異色ハードの挑戦物語。

幻の5本目『キン肉マンゴールドカートリッジ』購入者&地区優勝者ご本人インタビュー
xavix9901.jpg
ファミコン史上初。キン肉マンゴールドカートリッジ当選者の生の声。

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

NHKが掲載した謎のファミコンソフト『Mappy』の正体を暴け!!
xavix9901.jpg
NHKが掲載したどう見ても海賊版ファミコンカセットの正体を追う。

偉大なる嫉妬ゲー『サクラ大戦』編 【悶絶ゲーム評】
hurasshujiken1.jpg

ギャルゲー初心者オロチが全力でサクラ大戦をプレイした結果......

誰も知らないファミコン・PCエンジン両用「マルチ・コントローラー」の発掘と調査報告
hurasshujiken1.jpg

世にも珍しい両用コントローラの正体と意外な誕生エピソード。

地元ゲーム屋に『烈火』が入荷→即売れしていくまでの一部始終を見届けた話
hurasshujiken1.jpg

店員の女の子がかわいかったという話。

ドラクエ訴訟の原点「ハイスコア事件」をめぐる調査記録
hurasshujiken1.jpg

その昔、竜王を掲載して廃刊になった雑誌があったという都市伝説を追う長編。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ