HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

米国ゲーム市場に乗り込んだ任天堂の秘策とは!?

米国でのファミコン立ち上げ秘話 ― 冷え切った市場にゲーム機を売り込む秘策とは? (INSIDE)

 こちらの記事によると、今から25年前、1985年10月18日は海外ファミコン、つまりNESの発売日ということなのだが(25周年は『スーパーマリオ』だけじゃなかったんだね!)、wiredという海外のメディアサイトがNESの誕生秘話を題材にした記事を公開したという。

 当時の米国ゲーム市場は“アタリショック”の影響で、かなり冷え込んでいたらしく、新しいゲーム機に対して小売店の反応は冷ややかなものだったという。ちなみにアタリショックとは、ゲームソフトの過剰供給やクソゲーの氾濫などにより、ユーザーが愛想つかせて急速に離れていき、市場自体が消滅してしまう現象のことで、1982年に実際にアメリカ市場で起こった出来事からうまれたである。

 さらに当時のアメリカには“ジャパンバッシング”という現象が起こっていた。急速に成長する日本企業が次々と乗り込んできて、分野によってはアメリカ市場を席巻するんじゃないかと思わせるほど勢いがあったという。ちょうど今の中国や韓国みたいなもんだろうか。
 記事では任天堂関係者がそんなバッシングを受けるエピソードも語られている。

 そのような不利な状況のなか、任天堂が小売店に対して講じた秘策とは!?

店頭ディスプレイとか全部やるよ!

売れなかったら返品OK!

 というようなものだったという。
 詳しくは記事を読んでもらうとして、このような作戦が功を奏してNESが成功を収めたのは皆さんもご存知の通り。日本市場ではファミコン用のカスタムチップを「2年で300万個保証する(参照)」と言って、ファミコン本体の低コスト化を実現させたという伝説(都市伝説!?)もある任天堂さん。商売上手エピソードには事欠かないね!

関連記事

コメント


オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png レイアウトが新しくなりました!
歴代ハード同い年早見表 2020年版
atarilynx05.jpg

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと
musudora04.jpg
 積みゲー親父が思わず考えさせられた小学生の息子の奇想天外なドラクエプレイ!

ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について
famibeya1013.jpg
 蒐集過程において何度も訪れるパラダイムシフト(価値観の転換)について。

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲームを取り巻く価値観の変化

小学1年生の息子に「ボンバーマン」で負けました
bonba-man000.jpg
 小学1年生の息子に「ボンバーマン」で負けた夜、ファミコンバカ親父がつづった息子への手紙。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

シュールとアットホームが融合
日々先生 魂心の4コマ漫画!!
「悶えろ!! ファミコン親父」
 お試し版(16p)
 kindleにて無料配布 実施中!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ