HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

AIに『スーパーマリオブラザーズ』の続きを書かせてみたらカオスな内容になった。

 にほんご文章・小説AI「AIのべりすと」でファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』のストーリーの続きを書かせてみました。最初の青文字がスーパーマリオブラザーズのストーリーで、それ以下がAIによる文章となります。

mariojake01.jpg


 題名は「スーパーマリオブラザーズ」です。それでは行ってみよう!


◆「スーパーマリオブラザーズ」◆

 キノコ達の住む平和な王国に、ある日、強力な魔法を操る大ガメクッパの一族が侵略して来ました。おとなしいキノコ一族は、皆その魔力によって岩やレンガ、つくし等に姿を変えられてしまい、キノコ王国は亡びてしまったのです。このキノコ達の魔法を解き、よみがえらす事ができるのはキノコ王国のお姫様ピーチ姫だけ。彼女は今、大魔王クッパの手中にあります。

 マリオは、カメ一族を倒してピーチ姫を救出し、再び平和なキノコ王国を築くために立ち上がりました。テレビの中のマリオはあなたです。このアドベンチャークエスト(遠征)を完結できるのは、あなただけなのです。


「……ふぅ」

 と、僕は息をつく。そして、何だか急におかしくなった。
 だってそうだろう? ゲームの中にいる主人公が、まるで現実の僕自身みたいじゃないか! しかもそのゲームの主人公ってば、どう見ても弱そうなんだもの。しかしそれでも、僕の心にはかすかに希望の光が灯っていたのだ。もしかしたらこのゲームをクリアする事ができたら、僕にも何か変わる事ができるかもしれない……。

 その時、突然テレビ画面からまぶしい光と共に大きな音が聞こえてきた。それはもう耳をつんざくような音で、僕は一瞬目の前が真っ暗になった。慌てて僕は目をつぶる。しばらくすると少しずつ目が慣れてきて、テレビの画面が見えてきた。

 そこには先ほどのアドベンチャークエストのオープニングムービーが流れていて、主人公のマリオは大勢のキノコ族に囲まれていた。その様子はまさに圧巻だった。たくさんのキノコ達が一糸乱れぬ動きでダンスをしている。それはとても優雅で美しくて、まるで本当に生きているかのような錯覚すら覚えた。そしてムービーが終わると同時に、オープニングの音楽が流れ始めた。♪~

『キノコ王国の平和を守るため立ち上がった勇敢なるヒーロー その名はマリオ!』……なんてね。僕はまた一人クスリと笑う。しかし、次の瞬間―――

 ドガアァン!!
 ………………!?

 いきなり凄い爆音がしたかと思うと、今度は画面に炎が映った。それは物凄い勢いで燃え広がり、やがてマリオを飲み込んでいった。僕は驚いて立ち上がる。一体何が起こったのか理解できなかった。……だが次の瞬間、僕は自分の目を疑った。なんと炎の中から飛び出してきたのは、さっきまで見ていた主人公マリオではなく、トゲのついた甲羅を背負い、顔に大きな傷のある怪物のような姿だったからだ。その姿を見た途端、僕の背筋に冷たいものが走った。全身に鳥肌が立ち、体が震え出す。

(こ、こいつは……まさか?)

 間違いない。これはあの有名な配管工兄弟の弟の方ではないか! 兄貴の方ではない! あいつの名前は確か……そうだ! ルイージだ! そいつは僕の部屋の窓を突き破り、外へと飛び出していった。そしてそのまま空中で回転しながら華麗に着地する。……バシャッ! 彼は辺りを見回す。

「……フム。どうやら奴らのアジトに乗り込んだようだな」

 奴らというのは、おそらくクッパ軍団の事だろう。彼はどうやら一人でクッパ城へ乗り込み、そこでピーチ姫を助けようとしているらしい。…………。

「って、おいおいちょっと待ってくれよ!」

 僕は思わず声を上げる。こんな展開じゃなかったはずだぞ! アドベンチャークエストの主人公はマリオであって、ルイージじゃない。それなのにどうして彼がここにいるんだ? それにしてもこのキャラ、何だか妙にリアルに見えるけど……。まさか本物の人間って事はないだろうな?
 そんな事を考えながら呆然としていると、突然家の外が騒がしくなった。……ガチャーン! バリバリバリー! ズガガガーーーン!! ものすごい破壊音が響いたかと思うと、家がグラグラッと揺れた。そして天井からパラパラと砂が落ちてくる。……えぇっ!?

 僕は慌てて部屋を出ると、階段を駆け下り玄関へと向かって走り出した。そこには信じられない光景が広がっていた。庭には見たこともないような巨大なモンスター達が集まっていて、家を破壊しているのだ。その数は10匹以上もいるだろうか。ひえぇっ!!僕は腰を抜かしそうになった。あんな化け物みたいな連中に襲われたらひとたまりもない。

 ……しかし、よく見るとそのモンスター達はどこかおかしかった。みんな普通のキノコの姿なのだ。彼らは大きな斧を持って暴れまわっているのだが、その動きはどことなくぎごちなく、不自然な感じがした。

 しばらくすると騒ぎを聞きつけて、近所の人たちが集まり始めた。皆口々に叫んでいる。《あぁ、やっぱり》 《やっぱりね。どうせこうなると思ったわ》 《うん、予想通りだね。これくらいは当然だよね》……どういう意味だろう? 僕は不思議に思って聞いてみた。《だってあの人だよ? いつもピーチ姫の事を考えている変態キノコだからねぇ》 その言葉を聞いた時、僕の頭に電撃が走った。

(ま、まさか!?)

 恐る恐る僕は振り返ると、そこには先ほどテレビの中で見た怪物……いや、配管工兄弟の弟が立っていた。彼は集まったギャラリーに向かって叫ぶ。

「皆さん! 落ち着いて下さい!! この人はただの変質者です!!」

 ……あ~あ、言っちゃったよ。せっかく僕の正体を伏せていたのに……。その後、警察が到着して、マリオさんとピーチ姫は連行されていった。でもなぜかルイージだけは残って、僕の隣で立っている。そしてマリオさんのパトカーが見えなくなると同時に、ルイージは僕の肩に手を置いてきた。

「君も災難だったね」



(おわり)




orotima-ku1.pngAIならではの辻褄が合わない感じが逆に面白い。

関連記事

コメント

先程、いっきの記事を拝見した後に、まさに同じことをやってみようと思ってました。
マリオの説明書の文章入れ終わって、続きを生成しようと思ったら、登録が必要だったので、そこで諦めたのですが、続きが読めて良かった。笑
ありがとうございました

そうそうこれです、この独特のウケ狙いの文体、大昔のファミ通のバカ記事とかゲーメストの読者コーナー投稿みたいでなんかノスタルジー感ある人間臭さでいいんですよね。

ルイージという固有名詞とかクッパにトゲがあることってどこから仕入れてるの?
マリオといえば、で共通認識なの?

wikiに

「AIのべりすと」のAIは、EleutherAIが公開している「Mesh Transformer JAX」という自然言語処理AIのフレームワークをベースに、Google TRCの協力のもと開発されたものである。現在の言語モデル「とりんさま6.8B beta」時点では、68.7億パラメータ、約500GBのコーパスを保有している。コーパスというのは大量の文章データをまとめたもので、AIを訓練する際に学習させるためのものだ。500GBのコーパスは文庫本で約174万冊分に相当し、内容も小説生成に特化した独自のものとなっている。より強力なAIの開発も途中まで進んでいるそうなので、これからの進化にも期待である。

とあるので、そのあたりは網羅してるのでしょう。使いようによっては無限の可能性があります。

コメントの投稿

非公開コメント

オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」超マイペースで更新中!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

誰も知らないゲーム機「XaviX PORT」物語
xavix9901.jpg
かつてファミコンをつくった男が生み出した異色ハードの挑戦物語。

幻の5本目『キン肉マンゴールドカートリッジ』購入者&地区優勝者ご本人インタビュー
xavix9901.jpg
ファミコン史上初。キン肉マンゴールドカートリッジ当選者の生の声。

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

NHKが掲載した謎のファミコンソフト『Mappy』の正体を暴け!!
xavix9901.jpg
NHKが掲載したどう見ても海賊版ファミコンカセットの正体を追う。

偉大なる嫉妬ゲー『サクラ大戦』編 【悶絶ゲーム評】
hurasshujiken1.jpg

ギャルゲー初心者オロチが全力でサクラ大戦をプレイした結果......

誰も知らないファミコン・PCエンジン両用「マルチ・コントローラー」の発掘と調査報告
hurasshujiken1.jpg

世にも珍しい両用コントローラの正体と意外な誕生エピソード。

地元ゲーム屋に『烈火』が入荷→即売れしていくまでの一部始終を見届けた話
hurasshujiken1.jpg

店員の女の子がかわいかったという話。

ドラクエ訴訟の原点「ハイスコア事件」をめぐる調査記録
hurasshujiken1.jpg

その昔、竜王を掲載して廃刊になった雑誌があったという都市伝説を追う長編。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ