250万円もするファミコンディスク!?

2011年04月19日06:32  ニュース 写真あり

 ファミコンにはびっくりするぐらいの値段がつくものがあるけど、それはゴールドカートリッジだったり、限定品だったりする。でも今から紹介するソフトは非売品でもなければ限定品でもない。


 tanigawameisjingif0.jpg

 「谷川浩司の将棋指南II ディスク版」はポニーキャニオンより発売された将棋ソフトである。ROM版とDISK版があるが、問題なのはDISK版のほうである。

 同ソフトのDISK版はA面にふつうの対戦将棋が、B面には次の1手と詰め将棋が入っている。しかしそのB面の詰め将棋のほうが、当時、新しく書き換えられるというサービスを行っていたのだ。それがいわゆる新版というやつだ。


 新版はファミコンにプレミアがつき始めた再評価時代の初期には、まだマニアの間でもあまり知られていなかった。その理由は当時、このソフトをやっていたのはたいてい僕たちの親の世代であり、さらにその中で、わざわざ新しく書き換えるようなひとはさらに少なかったと推測されるためである。

 またB面書き換えという特殊な販売方法が、ますます再発見を遅らせたのは言うまでもない。


 どれだけ数が少ないかと言うと、某ネットショップで250万円で売られてると言ったら早いかな。


 ※サムネイル画像

 店側にしたら客寄せマスコット的な存在なんだろうけど、驚きの値段だ。250万円のファミコンソフトといえば「Nintendo World Championships 1990」が記憶に新しいけど、もしかしたら意識してるのかもしれないね。


 新版は最近オークションにも出ていた。まあまあそれなりの値段だったよ。

<オークション>
・書換専用「谷川浩司の将棋指南Ⅱ・新版」

kakikaetanigawatumeshougi.jpg
 サムネイル画像クリックで魚拓へ

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/482-6c7e5289

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ