HOME

コラム

謎・調査

ショップシールの世界

お宝系

トリビア

情報提供

『スーパーマリオブラザーズ』初期の隠れ名曲 3選

 『スーパーマリオブラザーズ』のBGMといえば、誰もが思いつくのはデデッテ・デデッテッでお馴染みのファミコン版地上BGMだろう。この曲はゲーマーのみならず世界中の音楽関係者からも高い評価を受けており、YouTubeなど動画サイトでは毎日のようにリスペクトされている。

maripakke-jisu-pa-mariobros0.jpg
 (C)NINTENDO

 今回はそんなマリオシリーズのBGMのなかでも初期の隠れ名曲と呼ばれているBGMを3つ紹介しようと思う。
  
 ではさっそく1曲目!



<帰ってきたロックンロール・ブラザーズ!>

 まずはディスクシステムの書き換え専用ソフト『帰ってきたマリオブラザーズ』より“オープニング曲”だ。

kaettekitamariogamen.png

 このソフトについては以前「任天堂と電通が協力して作ったファミコンソフトとは!?」という記事で詳しく紹介させてもらったが、その際にBGMについては以下のように説明をしたと思う。

 コマーシャル時、スロット時、ゲームオーバー時などに 
 流れるBGMもすべてオリジナルであり、当然それらも 
 他では聴けない貴重なマリオサウンドとなっている。 


 これはなぜかっていうと、たぶんゲーム内に広告が入ってるってことが原因なんじゃないかと思われる。いろんな大人の事情ってやつだ。
 したがって『帰マリ』がリメイクされる可能性は限りなく0に等しく、任天堂が今後、マリオBGMを網羅するようなサントラCDを企画、販売するようなことがあっても選曲されることは限りなく無いだろう・・・・・・


 だからこそ貴重と言えるのだが、そんな『帰マリ』の名曲と言えば“オープニング曲”である。なんとなく『アイスクライマー』のボーナスステージBGMをほうふつとさせるロック調の楽曲となっているぞ。さっそく聴いてみよう!



 うーむ、“古き良き時代”って感じやね。頭切れしてるのはご愛嬌(笑



<癖になるファンキー・ループ!>

 お次は『スーパーマリオブラザーズ』のアーケード版である『VS.スーパーマリオブラザーズ』でのみ流れていたという“名前入れBGM”である。


 『VS.スーパーマリオブラザーズ』は任天堂が1984年に開発したアーケード筐体である『任天堂VS.システム』において稼動していたもので、“名前入れBGM”はこのゲームで高得点を取った際に流れていたものらしい。

118124214248.jpg
 任天堂VSシステム (C)NINTENDO

 ちなみにファミコン版とアーケード版の違いについては以下が挙げられる。

 ・ステージ構成が一部違う
 ・1UPしにくくなってる
 ・ループ面の正解ルートが一部違う
 ・7,8面へいくワープがない
 ・コイン枚数の表示が3桁(100~300枚(50単位)で1UP設定が可能)
 ・ランキング画面がある。ライクインすると名前入力が可能。
 ・エンディング曲がロングバージョンになっている。
 ・ ゲームオーバー時に追加クレジットでコンテニュー可能。
 (参照:Wikipediaなど)

 

 『任天堂VS.システム』自体が超レアなので、このBGMの希少性はトップクラスといえる。とにかく聴いてみよう!



 たったこれだけの曲なんだけど、なんかワクワクするよね。
 ここ最近、脳内ループが止まりません(笑



<無敵からの哀愁ラテン・サウンド!>

 最後はニンテンドパワーでのみ書き換えできたというゲームボーイカラー専用ソフト『SUPER MARIO BROS. DX』内の隠しゲーム『SUPER MARIO BROS. FOR SUPER PLAYERS』の“エンディング曲”で飾ろう。


 ニンテンドウパワーってのは、スーファミ版ディスクシステムみたいなもので、ローソンの「Loppi」などを使用してゲームソフトの書き換えができたサービスである。1997年9月より実施され、2000年3月からはゲームボーイでもサービスを開始したという。そのときのローンチタイトルがこの『SUPER MARIO BROS. DX』だったりするわけだ。

loppasdi.jpg
 マルチメディア端末機Loppi (C)LAWSON 

 結局のところ、この店頭サービスは2002年8月ごろに終了してしまうが、任天堂は2007年2月まで自社のセンターにてサービスを継続していたという。この辺の経緯もディスクシステムに似てるね。

 そんな『SUPER MARIO BROS. DX』の詳細は公式サイトに譲るとして、今から聴いてもらう“エンディング曲”は、本当に知ってるひとしか知らない名曲というテーマに相応しい曲なんじゃないかと思う。

 こちら↓



 一瞬あれっと思ったら、なんという超展開(笑 
 まさに奇跡のアレンジや!


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

>SUPER MARIO BROS. DXの“エンディング曲”
これは、隠れさせておくのがもったいなさ過ぎますね。
スターのメロディだけでもワクワクするものなのに。

VSスーパーマリオですが海外では、勝手にNESに移植して販売していやつがいるようです。

>1174 さん
スターのメロディがラテンのリズムだったと初めて気づきました(笑

>ファミコン現役さん
海外は何でもありですねえ

「スーパーマリオブラザーズ デラックス」は、初期ではないと思います。
僕にとっては、記憶がない時代ですがね。


オロちゃんニュース!!
orotima-ku1.png Youtubeチャンネル「オロチレーベル」を開設しました!!
 失われたファミコン文化遺産「ショップシールの世界」2020年6月26日発売

Seach

twi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.giftwi8bit1.gif
.

Oyaji Random

web拍手 by FC2

Sponsor

Recommend

積みゲー親父が『ドラクエ』デビューした小3息子に教えられたこと
musudora04.jpg
 積みゲー親父が思わず考えさせられた小学生の息子の奇想天外なドラクエプレイ!

ファミコン蒐集における「パラダイムシフト」について
famibeya1013.jpg
 蒐集過程において何度も訪れるパラダイムシフト(価値観の転換)について。

高額なレトロゲームの戦利品ツイートが「いいね」と「ヘイト」を同時に集める深い理由

 レトロゲームを取り巻く価値観の変化

スーパーマリオの左右論(1) インターフェイス由来説
dannjonwotorimakuzu.png

 なぜマリオは→へ進むのか。インターフェイス・言語・科学・物語のロジック。様々なアプローチから謎を追及する!!

なぜスマホゲームは「時間の無駄」なのか?
dannjonwotorimakuzu.png

 スマホゲームとその他の趣味・娯楽の圧倒的違いとは何か。オロチ独自の視点から分析した記事。

“懐かしい”という感情の正体について 再考
dannjonwotorimakuzu.png

 おそらく人間だけが持っているだろう“懐かしい”という感情の正体に迫る。完結編。

嘘から始まった「スウェーデンの任天堂」奇跡の物語 ~北欧ゲーム市場を開拓した一介の電気店~
dannjonwotorimakuzu.png

 北欧を舞台に一人の男が成し遂げた任天堂スウェーデン奇跡の物語。

Ranking

Monthly

About

このブログについて



管理人:オロチ

オロチの小説
カクヨムで読める!!

Work

ファミコンコンプリートガイドデラックス ファミコン
コンプリートガイド
デラックス

オロチがコレクション提供&コラム執筆 大きなB5判 432ページの超豪華DX版

Retro Gaming Blog RSS

Counter

Google Seach

お売りください。駿河屋です。

ブログパーツ