「任天堂が犯した5大ミステイク」という記事が海外で話題

2012年05月26日01:05  任天堂 写真あり

 「任天堂が犯した5大ミステイク」という記事が海外で話題になっている。

 こちら↓

The Dorklyst: The 5 Biggest Mistakes Ever Made By Nintendo (DORKLY)
nitnendoosippaibes5.jpg


 簡単に要約すると以下のような内容である。


 5:バーチャルボーイ


 任天堂の意図が不明。赤と黒のみにくいグラフィック。まったくポータブルじゃない本体。対応ソフトも少なく、1年もたたずして市場から消え去った。


 4:64がカートリッジ方式だったこと

 CD媒体よりもコストが高い上に容量は少ない。それにより人気RPGのFFシリーズが離れていった。


 3:ゲームキューブ

 NES以来、任天堂がはじめて3番手(PS2、Xboxの次)に甘んじた。DVD再生機能もなく、コントローラもユニークだった。世界では2200万台売ったがPS2が1億5200万台だったことを考えると、相手が悪かった。


 2:インターネットを避けた


 なぜ任天堂はインターネットを嫌うのか。Xboxのオンラインゲームはあまり上品なものではなかったが、莫大な利益を生み出した。さすがマイクロソフト。

 
 1:ソニーがプレステをつくったこと

 このもっとも驚異的なライバルを生み出した責任は任天堂自身にあった。元々、任天堂はソニーと提携して「プレイステーション」をつくる予定だった。しかし任天堂は最終的にフィリップス社と提携。腹を立てたソニーは自らゲーム業界へ進出することを決めた。その後、フィリップス社が出したのはCD-iだった……


 番外:まったく役に立たない周辺機器たち

 ・R.O.B.
 ・PowerPad
 ・GameBoyPrinter
 ・GameBoyCamera
 ・Super Scope 6
 ・N64 Transfer Pack
 ・N64 Disc Drive
 ・GameBoy Advance e-Reader
 ・DK Bongo Controllers
 ・NES Four Score
 ・Wii Speak

 以上。

 アメリカと日本とではゲーム事情が異なるが、この記事に対する日本のファンの反応が気になるところだ……

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/824-777716a4

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ