新宿発! 大人たちが集うファミコンバーとは!?

2008年01月18日16:40  ニュース

 東京は新宿に出現したファミコンバーが静かな話題となっている。「8bit cafe」は2005年12月に開店。ホームページはこちら。80年代を中心としたレトロ雑貨に囲まれた店内で、ファミコンなどレトロゲームが遊べるという。店員さんが超絶プレイの実演をしてくれたり、特定のソフトをクリアするとボトルをもらえたりしたらしいが今はどうか。
 「16SHOTS」は2006年7月、2丁目にオープンしたゲームバー。ホームページはこちら。っていうかゲームバーって略したらゲイバーだね。だから2丁目なのかどうかは知らないが、新宿一帯には他にも、こうしたファミコンが遊べるお店が5,6軒あるという。いずれも僕たちファミコン世代(20代~30代)の人間に人気があるらしい。

 そういえば昔、名古屋でもファミコンができる漫画喫茶ができるとか、できないとかいって話題になったけど、こういうお店って著作権関係はどうなってるんだろうね。以上、参照記事はこちらでした。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


トラックバックURL

https://famicoms.net/tb.php/84-ee1667d6

前の記事 次の記事
おすすめ記事
デマ情報により高騰化!? 謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」事件は意外な結末だった!!
dorakue3012.png  謎のドラクエ攻略本「どらくえ3」をめぐる裁判とその結末。

ドラクエ3のラスボス載せちゃった!!「FLASH事件」の真実
hurasshujiken1.jpg
ファミコン時代の『ドラゴンクエスト』をめぐるもうひとつの訴訟事件。

2万6000本のファミコンカセットを検証したらわかった18の事実
famikonkenshou01.jpg ファミコンカセットに関する超超マニアックなトリビアの数々を目撃せよ!!

任天堂「マリオの名前の由来」をめぐる嘘と真実
あなたが知ってるそのマリオの由来、真実と言い切れますか?

とてつもなく根深い「ファミコンジャンプ発売日問題」についての調査報告 
ほとんどの資料が間違っているという闇深案件を徹底調査。

「なぜロトの剣は安いのか問題」 8つの仮説 【ドラクエ考察シリーズ】
rotonoturugi01.png ロトの剣ですね、それなら2Gで買いましょう......全てはそこから始まった。

発売当日に買ったファミっ子が『銀河の三人』開発者へ突撃インタビュー「なぜ永井豪なんだ!」
制作者の九葉真(杉江正)さんが語る『銀河の三人』開発秘話。



Comment


About
このブログについて



管理人:オロチ



Ranking




アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ